サートゥルナーリア
x
ココロノアイ
(母父 ステイゴールド)
募集総額 2200万円 / 募集口数 200
(一口金額 11万円)
満口


黒鹿毛

2023-04-22生
現1歳

酒井牧場生産・提供

関西 安田翔伍 厩舎予定

早期割引一括払い :2024年8月末まで 5%割引
( 104,500円 )
2024年11月末まで 3%割引
( 106,700円 )
*2024年12月以降割引なし
分割払い :2024年8月末まで 3%割引
( 106,700円 )
*2024年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
分割払い表
※満口馬のため自動見積もり機能はご利用いただけません
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:3000円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:3520円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年8月時撮影
  • サートゥルナーリアロードカナロア
    シーザリオ
    ココロノアイステイゴールド
    ビューティソング
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年5月

    2024年5月

  • 2024年3月

    2024年3月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-05-17公開

    立ち・歩様【酒井牧場分場】
  • 2024-04-09公開

    立ち・歩様・放牧風景【酒井牧場分場】
  • 2024-03-05公開

    立ち・歩様【酒井牧場分場】
  • 2024-02-15公開

    放牧風景【酒井牧場分場】
  • 2024-01-15公開

    放牧風景【酒井牧場分場】
  • 2023-12-16公開

    放牧風景【酒井牧場分場】
  • 2023-11-15公開

    立ち/歩様【酒井牧場分場】
  • 2023-10-22公開

    TFC2023年秋募集馬見学ツアー展示風景※BGM有
  • 2023-09-29公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-09-21公開

    放牧風景<2023年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024年5月
     5月中旬現在、酒井牧場分場で夜間放牧中。牝馬ながら恵まれた馬格で、窮屈なところは見られない。身体には余分な肉はあまりついておらず、薄い皮膚の下には充実した柔らかい筋肉が備わっている。酒井一馬代表は「寒い時期は、体重の増え方が落ち着いた時もありましたが、この3~5月にかけては、食べたものがしっかり身になるようになり、このひと月でも体重が30キロ増えました。春になって一気に暖かくなり、それに呼応するようにグッと上背が伸びて、身体が大きくなりましたね。何事にも臆することのない好奇心旺盛な性格で、放牧地で牝馬3頭、元気に過ごしています」とのことだ。5月15日の馬体重は414キロ。
    2024年4月
     4月中旬現在、酒井牧場分場で夜間放牧中。酒井一馬代表は「暖冬で、結局、ひと冬夜間放牧を継続しました。馬体は冬毛がまだ残っていますが、このひと月でも順調に成長し、特に上背が出てきましたね。相変わらず馬は元気で、放牧地ではバネを感じさせるいい走りしますし、時折、母譲りの気の強さを覗かせます。やはり、競馬場へ行ったら悍性の強い面が出てくるかもしれませんが、過度でなければ、それは競走馬として向かって行く強さとなって、本馬の持ち味になると思います。また、立ち姿撮影の際もごく短時間でポーズを決め、そのまま我慢ができる賢さがありますよ」とのことだ。4月上旬の馬体重は386キロ。
    2024年3月
     3月中旬現在、酒井牧場分場で引き続き夜間放牧が行われている。酒井一馬代表は「このひと月でも夜間放牧は継続していますが、かなり暖かい分、馬は兎に角、元気いっぱいで、毎日溌溂としています。馬体は上に伸びて、全体のシルエットも幼さが徐々に抜けてきて、だいぶ馬がしっかりしてきた印象です。飼葉食いも分場にいる1歳の中で1番良くて、3月上旬の数字で体重374キロと、食べた分がしっかりと身になっている感じが頼もしいですね。この感じであれば、将来的に、460キロ前後で競馬をしたお母さんのココロノアイと同じ位の身体では競馬が出来るかなと思っています」とのことだ。3月上旬の馬体重は374キロ。
    2024年2月
     2月中旬現在、酒井牧場分場で夜間放牧が行われている。酒井一馬代表は「この中間も引き続き暖冬で、何度か雪が降ってはいますが、暖かいので放牧地に積もった雪も数日で溶けてしまって、今は雪がありません。馬の脚元の事を考えると積雪が欲しいところですが、このまま行きそうな気もしますね。暖かいのでこのひと月も夜間放牧を継続していますが、兎に角、馬は元気いっぱいで、とても活気があります。このひと月で増えたのは10キロ程度と、ここ数カ月よりは落ち着きましたが、全体的に身体がしっかりしてきました。すこぶる順調に成長してくれていると思います」とのことだ。2月2日時点の馬体重は357キロ。
    2024年1月
     1月中旬現在、酒井牧場分場で夜間放牧が行われている。酒井一馬代表は「今年の冬は暖冬なので、毎日体温を含めてメディカルチェックを行って、体調管理をしっかりやりながら、夜間放牧を継続しています。寒さにあたって、例えば朝には馬体が霜だらけになって帰ってくることもありますが、寒さが堪えている様子はありません。冬期夜間放牧の中、馬は自分が思っていた以上にとても元気で、写真を撮るのに立たせたりする時は素直で見せませんが、放牧地では、馬から元気が溢れているような感じです(笑)。馬体も、このひと月でも22キロ増えたように順調に成長しています」とのことだ。1月2日時点の馬体重は346キロ。
    2023年12月
     12月中旬現在、酒井牧場分場で夜間放牧中。酒井一馬代表は「中間もまだ夜間放牧は継続しており、大体午後2時過ぎに放牧地に放して、翌朝収牧するスケジュールです。だいぶ寒くなってきたので、天候を見ながら夜間放牧から切り替える時期を判断しますが、馬は寒さに負けず元気いっぱいで、今年は寒くなるのが遅かった分、放牧地の雪の下には草があり、雪を掘って食めています。身体は全体にバランスよく成長していますね。体重も11月3日時点で300キロでしたので、20キロほど増えました。月によって変動はあると思いますが、冬場は概ねこんな感じで推移すると思います」とのことだ。12月2日の馬体重は324キロ。
    2023年11月
     酒井牧場本場で放牧されて、10月上旬に離乳した後も暫く本場で放牧されたのち、11月8日に酒井牧場分場へ移動した。11月中旬現在、夜間放牧が行われている。酒井一馬代表は「10月のクラブツアーの後、このひと月で馬がだいぶしっかりしてきて、特に上に伸びました。この中間にも安田調教師が来場されて、成長ぶりを確認していただいています。ステイゴールド産駒の母の仔らしく、そして父もそういうところがあるので、本馬も繊細で悍性のキツイところを持っていますが、それが上手く競馬に向いてくれたらと思います。なお、気温と天気を見ながらですが、まだ暫くは夜間放牧を続ける予定です」とのことだ。
  • CATALOG TEXT
     1997年の2冠牝馬マックスビューディはその生涯でたった1頭しか牝馬を産まず、マックスジョリーもまた1頭のみを残して早世した。それが本馬の祖母ビューティソングだ。そのビューティソングにステイゴールドを配して誕生したココロノアイは、父の産駒らしい豊富なスタミナと底力を背景にして長く良い脚を使って重賞を2勝。2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズでも3着した活躍馬だ。その活躍を祝う中で、牧場が約束した「ココロノアイの仔は、いい仔が出たら、いつか必ずクラブに提供する」という言葉が、この秋のクラブ当歳馬募集でついに実現した。
     4月22日生まれゆえに、募集段階においてはまだまだ幼さを多分に残す馬体だが、それは限りない可能性の裏返し。肩周りと膝蓋骨周辺はまだ未発達ながらも十分な筋肉量に恵まれ、軽快で力強く、かつ回転の早い歩様を可能なものとしている。動画ではリズミカルに動くクビと、ぶれない背腰に注目していただきたい。
     父は天才ランナーの異名をとったサートゥルナーリア。海の向こうで最強スプリンターを証明してみせたロードカナロアに「スペシャルウィーク×サドラーズウェルズ」というスタミナを注入し、不敗のまま皐月賞を制した他、有馬記念は2着。エピファネイア、リオンディーズを送り出した母シーザリオから受け継がれた特異な能力は、種牡馬として成功した兄たち同様、産駒に受け継がれることが期待されている。
     酒井牧場でも「現役時代から注目していた馬で、その血統背景、競走成績から種牡馬としても期待の大きな馬」と配合を決めたという。その預託先は新進気鋭の若手トレーナーである安田翔伍調教師で、その縁を繋いだのは、長きにわたって酒井牧場と交流がある横山典弘騎手というのも心を揺さぶられる。「会員の皆さんに楽しんでもらえるような馬」という酒井一馬代表のコメントと共に堂々のラインナップだ。