ホッコータルマエ
x
フォーモサマンボ
(母父 *ノボジャック)
募集総額 1200万円 / 募集口数 1000
(一口金額 1.2万円)
募集中


黒鹿毛

2023-02-23生
現1歳

高昭牧場生産・提供

関東 西田雄一郎 厩舎予定

早期割引一括払い :2024年8月末まで 5%割引
( 11,400円 )
2024年11月末まで 3%割引
( 11,640円 )
*2024年12月以降割引なし
分割払い :2024年8月末まで 3%割引
( 11,640円 )
*2024年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:600円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:384円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年8月時撮影
  • ホッコータルマエキングカメハメハ
    マダムチェロキー
    フォーモサマンボ*ノボジャック
    *リアフォーモサ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年3月

    2024年3月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-01-12公開

    立ち・放牧風景【高昭牧場分場】
  • 2023-12-07公開

    放牧風景【高昭牧場分場】
  • 2023-11-10公開

    立ち/歩様【高昭牧場分場】
  • 2023-10-22公開

    TFC2023年秋募集馬見学ツアー展示風景※BGM有
  • 2023-09-29公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-09-21公開

    放牧風景<2023年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024年3月
     3月中旬現在、高昭牧場分場で日中放牧が行われている。スタッフは「2月下旬から牡馬と牝馬に分けて放牧しており、本馬についてはグラッド2(母イダ)やグラッド5(母トリンカファイブ)とは別の放牧地で放牧していますが、ひと冬を過ごす中で、馬がしっかりしてきた印象がありますね。馬体もそうですし、精神的にもだいぶ幼さが抜けてきた気がします。それと、ここまでの成長振りは、どちらかと言うと全体にバランスよく成長してきている感じです。中サイズ以上の大きさになってくれそうですし、西田調教師も馬をご覧になる度にバランスの良さを褒めてくれます」とのことだ。3月上旬の馬体重は361キロ。
    2024年2月
     2月中旬現在、高昭牧場分場で放牧中。スタッフは「今月は体重の変化はなかったですが、肩から胸前にかけての肉づきやトモの張り等、パーツごとに見れば順調そのものです。クビがガッシリ逞しく、やや詰まり気味の胴に、全体に丸みを帯びた身体つきで、ダートのマイル辺りが良さそうなタイプに見えますが、かなりお尻が高いですし、まだまだ大きくなってくると思います。普段触っていて、時々、機嫌がよろしくないんだろうなという時があり、そういう時は分かりやすく拗ねて、ちょっと面倒な女子になりますが、いつもは手が掛からず素直で、性格もどっしりしていますよ」とのことだ。2月上旬の馬体重は348キロ。
    2024年1月
     1月中旬現在、高昭牧場分場で日中放牧が行われている。スタッフは「このひと月で肩周りの肉付きが良くなってクビが太くなり、前躯がだいぶガッシリしてきました。身体に厚みがあるし、骨量もあって丈夫そうですね。それと、放牧地で他の馬にちょっかいをかけられてもやり返す気の強さを持っている一方で、後から放牧地に放すと、先に放たれてる放牧仲間が纏まっている方向に向かって走らず、ゆったり歩きながら嘶いて仲間を呼ぶ、ちゃっかりした面も見られます。この間、放牧地は雪が積もらず下が硬いですが、蹄が欠けたりすることもなく元気に過ごしていますよ」とのことだ。1月上旬の馬体重は345キロ。
    2023年12月
     12月中旬現在、高昭牧場分場で日中放牧が行われている。スタッフは「このひと月で20キロ体重が増えたように順調な成長振りです。馬体は幅がさらに増して、腹袋も出来てきました。放牧地ではストレスフリーで遊んでいて、普段人に対して素直ですが、馬には強いところを見せる事があります。母の仔は、これ迄に中央競馬でデビューした4頭のうち3頭が中央で勝って、残る1頭も中央で2着に来たことがあるように、母は平均して走る仔を出しています。本馬はホッコータルマエ産駒という事で、上の兄姉たちの父との比較で考えると、もう一段上の活躍をやはり期待したいですね」とのことだ。12月上旬の馬体重335キロ。
    2023年11月
     11月中旬現在、高昭牧場分場で放牧中。9月中旬に離乳して、同時期に離乳した7頭程で朝6時から午後3時の日中放牧が行われている。スタッフは「10月のクラブツアーの段階でも、まだまだ当歳馬らしい幼さが残ってましたが、そこからのひと月程で、上にも横にも成長して背肉も乗り、雰囲気がガラッと変わりました。クビがガシッとして胴はやや詰まり気味で、歩かせるとキビキビと小気味の良い脚捌きをしています。父の産駒は中距離を得意とする馬が多いですが、本馬は母系のノボジャック~フレンチDが出ているように思います。ダートの少し短めのところが良さそうです」とのことだ。11月上旬の馬体重は314キロ。
  • CATALOG TEXT
     ダート新時代を迎えるにあたって、話題の中心は「ポスト・ヘニーヒューズ」、「ポスト・シニスターミニスター」はどの馬か?ということ。その答え探しの有力なヒントはきっとNAR2歳サイアーランキングにあるはずだが、昨年その座に輝いたのが本馬の父ホッコータルマエだ。天才ランナーと称されたキングカメハメハ産駒で、学習能力の高さが武器だったホッコータルマエは、ダートのチャンピオンディスタンスと言われる2000m前後の距離を得意としていたが、母の父に米チャンピオンスプリンターの肩書を持ちながら中距離実績もあるチェロキーランの血が入ることで、その産駒はレディバグのようなマイラータイプもいればヒーローコールのような中距離タイプも送り出すなど、幅広い距離適性を伝えている。
     一方、グラッド6の母系は、サラブレッドの歴史上有数の成功を収めたベストインショウ系。全欧年度代表馬エルグランセニョールや名種牡馬トライマイベスト。豪州で一大父系を築き上げたリダウスチョイスに、繁殖牝馬として史上最高額となる1400万ドルで取引されたベターザンオナー。そして日本においてはアーモンドアイを送り出している。本馬の祖母リアフォーモサは、アーモンドアイの母でエリザベス女王杯優勝馬フサイチパンドラを産んだロッタレースの全姉だ。
     「うちの牧場と相性がいいんですよ」と上山貴永専務が言及した母の父に入るノボジャックは、フレンチデピュティ×アフリートというダート血統だが、母系にデピュティミニスターの血を持つキングカメハメハ系と言えば三冠牝馬アパパネが思い浮かぶ。次代のダートの頂点を狙うと目されるホッコータルマエと、半世紀にわたって活躍馬を輩出し続けた名門牝系との出会いが起こす新しい奇跡に、ぜひ期待していただきたい。