• ストロングラインはスローペースの中4番手追走から手応え良く直線で追い出されるも2着。「直線に向いた時は勝てると思いましたが、もう一歩でした。残念です」と西村真幸調教師(10/24 阪神)
  • デビュー4戦目を迎えたルアルは後方からの競馬を試みて直線で猛追したものの勝馬には届かず2着。「最後までしっかり伸びていました。次に生きてくる競馬だったと思います」と角田大和騎手(10/24 阪神)
10月30日(土)
阪神3Rグッドフィーリング牝馬限定2歳新馬ダ1400

△ページTOPへ