ホッコータルマエ
x
ダイワバーガンディ
(母父 *ブライアンズタイム)
募集総額 1600万円 / 募集口数 400
(一口金額 4万円)
募集前


黒鹿毛

2023-03-31生
現1歳

大北牧場生産・提供

関西 坂口智康 厩舎予定

早期割引一括払い :2024年8月末まで 10%割引
( 36,000円 )
2024年11月末まで 3%割引
( 38,800円 )
*2024年12月以降割引なし
分割払い :2024年8月末まで 5%割引
( 38,000円 )
*2024年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
※なお、募集開始前など、売り出し期間外の日付けを指定した場合のお見積もり結果はすべて無効です。ご注意ください。
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:1500円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1280円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2024年5月時撮影
  • ホッコータルマエキングカメハメハ
    マダムチェロキー
    ダイワバーガンディ*ブライアンズタイム
    ダイワルージュ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-07-17公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2024-07-04公開

    放牧風景<TFC2024年1歳馬募集先行動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    血統アップデート2024-07-17
    半兄サヴァ(牡6歳 父アイルハヴアナザー)が6月23日函館11R、3歳以上オープン・大沼ステークス(リステッド競走/ダート1700m)を勝って通算5勝目を挙げました。
  • CATALOG TEXT
     500キロを優に超す馬体から繰り出されるパワーとスピードで、3歳春にはユニコーンSで2着し、返す刀で挑んだ3勝クラスの姫路Sを1番人気に応えて快勝。そして、古馬となってからは、芝に転じて2戦目のリステッド競走・六甲Sを勝ったサヴァの半妹が登場だ。
     「ヴァーミリアン、ソリタリーキング、サカラートを擁するスカーレットファミリーの出身で、ダート適性の高い仔を多く産んできた母には、キングカメハメハ系種牡馬、その中でも特にダート適性の高い馬を配合したいと考えてホッコータルマエを配合しました。その結果、産まれたのが本馬です。骨量と筋肉量に恵まれて、会員の皆さんも将来の姿がイメージしやすい募集馬だと思います」と大北牧場代表の齋藤善厚さんが頷く。
     グラッド17は、6月上旬現在、馬体重は423キロ。3月末生まれの分、腰高で成長の余地を残してはいるが、後駆のボリュームは既に圧倒的だ。当歳時からケガや病気とは無縁であり、放牧地では、恵まれた身体を目いっぱい使った伸びやかなフットワークで駆けている。その姿を眺めながら「シルエットとフレームは、牧場時代のサヴァそっくりです」と現役活躍中の半兄を引き合いに出して齋藤さんがポツリ。
     父ホッコータルマエは2014年のJRA賞最優秀ダートホース。父としてもパワーと自在性、そしてキングカメハメハ譲りの成長力を産駒に伝えて、2022年にはNAR2歳チャンピオンサイアーとなり、ダート総合サイアーランキングでも昨年は5位と上昇。2017年から昨年まで7年連続で150頭以上の繁殖牝馬を集める人気種牡馬である。
     本馬の1番のセールスポイントは?との問いに「血統と、それが表現された馬体」と迷わずに答えた齋藤さん。平成の世に『マイルの女王』ノースフライトを送り出した大北牧場が、ダート3歳3冠路線が整備されたこの令和の時代に送り出すのは『砂の女王』か、それとも『2刀流』か。是非ご期待いただきたい。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 154cm / 胸囲 174cm / 管囲 20.5cm
[Glad] Line up