キズナ
x
ゼフィランサス
(母父 キングヘイロー)
募集総額 3500万円 / 募集口数 500
(一口金額 7万円)
満口


黒鹿毛

2023-03-18生
現1歳

村田牧場生産・提供

関西 高野友和 厩舎予定

早期割引一括払い :2024年8月末まで 5%割引
( 66,500円 )
2024年11月末まで 3%割引
( 67,900円 )
*2024年12月以降割引なし
分割払い :2024年8月末まで 3%割引
( 67,900円 )
*2024年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
分割払い表
※満口馬のため自動見積もり機能はご利用いただけません
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:1200円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:2240円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年8月時撮影
  • キズナディープインパクト
    *キャットクイル
    ゼフィランサスキングヘイロー
    モガミヒメ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年5月

    2024年5月

  • 2024年3月

    2024年3月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-05-17公開

    立ち/歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2024-04-14公開

    立ち/歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2024-03-07公開

    立ち/歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2024-02-13公開

    立ち/歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2024-01-12公開

    立ち/歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2023-12-20公開

    放牧風景【村田牧場第一分場】
  • 2023-11-15公開

    立ち/歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2023-10-22公開

    TFC2023年秋募集馬見学ツアー展示風景※BGM有
  • 2023-09-29公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-09-21公開

    放牧風景<2023年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024年5月
     5月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「冬時期の成長が案外ゆっくりでしたが、ここにきて右肩上がりのいい成長曲線を描けており、ようやくイメージしていたような感じになってきました。ただ、まだトモ高でこれから成長すると思いますが、極端に大きくなると言うよりは、このままジワジワとバランスよく体重が増えてくる感じだろうと思います。気持ちの面も、青草が出て環境的に馬も余裕が持てるようになったことで、徐々にどっしりした面を見せるようになってきました」とのことだ。5月上旬時点の体高150cm、胸囲168cm、管囲19.4cm、馬体重352キロ。
    2024年4月
     4月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧中。牧場スタッフは「この馬なりに順調で、普段の様子を見ると精神面が大人になってきたのを感じます。また、先々月からは朝9時に厩舎に入れて午後2時半から放牧する形で放牧時間を延ばしていて、最近は暖かくなって運動量が増えている中ですが、中間、体重は10キロ以上増えていますし、管囲が増えているように、身体つきがしっかりしてきました。エサ食い自体いい馬ですし、最近は徐々に青草が見え始めてきて、この後はしっかり青草を摂れる季節なので、この先変わってくると思います」とのことだ。3月末時点の体高147cm、胸囲166cm、管囲19.1cm、馬体重331キロ。
    2024年3月
     3月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「昼夜放牧を継続していますが、もう真冬仕様のタイムスケジュールではなく、朝9時に厩舎に入れて、午後2時半から放牧するようにしています。ご覧のように小柄ですが、母も現役時430キロ位で競馬をした馬ですし、例えば蹄が極端に小さいとか、関節が小さいとかという感じではなくて、馬体には張りがしっかりとあって全体的な雰囲気は悪くありません。これから青草が出てくる時期ですし、この雰囲気が崩れず、この先も成長してくるだろうなと思います」とのことだ。2月末時点の体高146cm、胸囲166cm、管囲18.5cm、馬体重320キロ。
    2024年2月
     2月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「2月上旬で体高144センチということで、当場平均からするとやや小柄ですが、飼葉は良く食べるようになっています。1月末には高野調教師が来場されて成長振りをご確認いただきました。同じ新冠でももっと奥へ行けば雪が残ってるようですが、放牧地は完全に雪がなく、地面はガタガタで硬く、馬にとって決して良くはないコンディションです。その中でも、本馬は上体がそこまで重くない分もあって、蹄が欠けたり、痛めたりということはなく大丈夫です。引き続き昼夜放牧を続けていきます」とのことだ。2月上旬時点の馬体重は314キロ。
    2024年1月
     1月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「このひと月で言うと馬体に厚みが出てきました。今年は暖冬で、放牧地も雪が降っても根雪にならず数日で溶けてしまいますが、それでも放牧地が雪に覆われる日は多くなってきたので、その分、厩舎内での飼葉食いが良くなって幅が出ました。性格や気性によっては、放牧の際に放す順番を待てないような馬もいますが、本馬は後回しのグループでも我慢ができる性格です。ピリっとした面はありますが、オンオフの切り替えが出来そうなタイプだと思います」とのことだ。12月末時点の体高143cm、胸囲160cm、管囲18.2cm、馬体重300キロ。
    2023年12月
     12月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「放牧地では好奇心旺盛で人懐こい面も見せますが、手入れの際、やや我儘なところを覗かせるなど、まだまだ年相応の幼さがあります。12月に入ってから雪も降りましたが、根雪になる程ではなく、今もまだ放牧地で草を食める分、収牧後、馬房に戻ってからの飼葉食いは、やや少ないです。ただそれは本馬に限らずで、放牧地が雪に覆われたら、自然と食いは良くなります。しっかり馬を成長させられるように、飼葉の中身を含めて牧場で管理していきます」とのことだ。11月末時点の体高142cm、胸囲154cm、管囲18.3cm、馬体重290キロ。
    2023年11月
     村田牧場本場で9月に離乳後、村田牧場高江第一分場へ移動した。11月中旬現在、昼夜放牧中。村田康彰専務は「1~2月生まれと比べると小柄ですが、母がやや小柄ですし、この時期の1、2カ月の産まれの差は大きいですからね。月齢的には標準、もしくはやや小柄というサイズ感で、キビキビとした歩様や弾むような動きからは、父譲りのバネを感じます。精神面はまだまだ幼いですが、牝系に共通する気の強さがあります。この気の強さが、今後の成長の中で、どう競走向きのメンタルとして昇華出来るかで、将来の距離適性に影響してくると思います」とのことだ。10月末の体高140cm、胸囲152cm、管囲18.2cm、馬体重269キロ。
  • CATALOG TEXT
     安田記念連覇などマイルGI3勝のソングラインに、エリザベス女王杯馬アカイイト。フェアリーSに勝って秋華賞2着、桜花賞3着のファインルージュに、福島牝馬S勝馬でエリザベス女王杯2着のステラリア、さらにはダートグレード競走2勝のテリオスベルなど、フィリーサイアーとしても高い評価を得ているキズナ産駒の牝馬で、ましてやディープボンドの全妹。しかも「同じように 真っ黒な馬体でボディラインもそっくり(村田牧場談)」と言われれば、期待は際限なく膨らむ。グラッド7は、この秋のTFC当歳馬募集のラインナップの中でも非常に熱い視線が注がれる1頭だ。
     その身体は、やや脚長でシャープな体型。狂いのない骨格は厚みのある筋肉に覆われており、しなやかさと力強さが同居する歩様には父の産駒の特徴がよく出ている。
     そして、母系は村田牧場が誇るモガミヒメ系。遡れば、牝馬ながら天皇賞を勝ち、のちに一大ファミリーを築き上げた名牝クリヒデを5代母に持つ名血だが、最優秀短距離馬ローレルゲレイロに、重賞2勝のノースブリッジ、今春のセレクトセール当歳市場において2億円を超える価格で取引された「アメージングムーンの2023」など、このファミリーラインを日本屈指の名牝系に育て上げたのは村田牧場だ。カコイーシーズ×マルゼンスキーというスタミナと底力に富んだ血統構成のモガミヒメにキングヘイローを配した母ゼフィランサスはバックパサーの5×5を内包。様々なカテゴリーで活躍馬を送るキズナとの相性の良さは全兄が証明済みで、今後、どのような馬体に成長し、どんな競走生活を送るのか、楽しみは広がるばかりだ。
     「当然、ディープボンドの全妹ですから期待は大きいですが、と同時に勝ち上がり目前で故障してしまったドゥラモンディーの分までという気持ちも強いです」と村田牧場代表の村田洋幸さんが強い気持ちを言葉に乗せた。