*べンバトル
x
ピカロ
(母父 スズカマンボ)
募集総額 1400万円 / 募集口数 400
(一口金額 3.5万円)
募集前


鹿毛

2023-03-10生
現1歳

大狩部牧場生産・提供

関西 高橋義忠 厩舎予定

早期割引一括払い :2024年8月末まで 10%割引
( 31,500円 )
2024年11月末まで 3%割引
( 33,950円 )
*2024年12月以降割引なし
分割払い :2024年8月末まで 5%割引
( 33,250円 )
*2024年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
※なお、募集開始前など、売り出し期間外の日付けを指定した場合のお見積もり結果はすべて無効です。ご注意ください。
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:1500円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1120円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2024年5月時撮影
  • *べンバトルDubawi
    Nahrain
    ピカロスズカマンボ
    シロキタガデス
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

  • 2024年7月

    2024年7月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-07-17公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2024-07-04公開

    放牧風景<TFC2024年1歳馬募集先行動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    近況情報はまだありません
  • CATALOG TEXT
     「1人でも多くの方と1頭の馬を応援する気持ちを共有したい」と、この夏ターファイトクラブへ生産馬の提供を決めたのが、大狩部牧場の若き代表・下村優樹さんだ。実は自身もターファイトクラブの会員であり「ターファイトクラブには、馬を通して牧場を応援する会員の方が多い印象で、今回お世話になろうと決めた理由のひとつでもあります。提供馬を通して、私たちの牧場を応援してくれたらという気持ちです」と教えてくれた。
     「最初の提供馬となるだけに慎重かつ積極的な馬選び(下村さん談)」の末、提供が決まったグラッド18だが、提供が決まった直後、母の初仔であり、半兄のピカレスクノベルがデビュー2戦目の新潟競馬で初勝利を挙げた。そういう意味で『持っている馬』でもある。
     そんなグラッド18は、なだらかなトップラインと尻の形、加えて上腕とヨロの筋肉の付き方が父にそっくりな中型馬で、6月上旬時点の馬体重は411キロ。「ピカロは、本馬を出産してすぐに亡くなってしまったので、本馬はピカロが唯一残してくれた牝馬です。最初は乳母をつけて育てて、冬場の20時間放牧も含めて、今まで1度も放牧を休んだことのない健康優良児です。放牧地では、一瞬でギアチェンジできる俊敏性が目立ちますね。兎に角よく動いて、よく食べる馬なので、アスリートとしての下地は十分出来ています。そして、体が柔らかいのでケガも少ない筈です」と獣医としての視点も交えつつ下村さんが教えてくれた。
     父は2018年ドバイターフの優勝馬で、南北両半球で3つのGI勝ちを含む重賞10勝を挙げた他、世界中からダートの強豪が顔を揃えたサウジCでも差のない3着など息長く活躍。今春には半妹エルマルカが英1000ギニーを制し、秋には南半球でのシャトル供用も決まっている。「両親共にタフな馬で、最初の目標は母の出走数24戦を超えることです。長く、たくさんの方と楽しみたい」と下村さんが思いの詰まった言葉と共に生産馬を送り出した。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 154cm / 胸囲 175cm / 管囲 20.0cm
[Glad] Line up