*ヘニーヒューズ
x
イダ
(母父 エピファネイア)
募集総額 1600万円 / 募集口数 1000
(一口金額 1.6万円)
募集中


鹿毛

2023-01-15生
現1歳

高昭牧場生産・提供

関西 荒川義之 厩舎予定

早期割引一括払い :2024年8月末まで 5%割引
( 15,200円 )
2024年11月末まで 3%割引
( 15,520円 )
*2024年12月以降割引なし
分割払い :2024年8月末まで 3%割引
( 15,520円 )
*2024年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:600円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:512円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年8月時撮影
  • *ヘニーヒューズ*ヘネシー
    Meadow Flyer
    イダエピファネイア
    カレンシェリーメイ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年5月

    2024年5月

  • 2024年3月

    2024年3月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-04-08公開

    放牧風景【高昭牧場分場】
  • 2024-01-12公開

    立ち・放牧風景【高昭牧場分場】
  • 2023-12-07公開

    放牧風景【高昭牧場分場】
  • 2023-11-10公開

    立ち/歩様【高昭牧場分場】
  • 2023-10-22公開

    TFC2023年秋募集馬見学ツアー展示風景※BGM有
  • 2023-09-29公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-09-21公開

    放牧風景<2023年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024年6月
     6月中旬現在、高昭牧場分場で午後1時に放牧して、翌朝7時頃に収牧する夜間放牧が行われている。スタッフは「4月から夜間放牧を始めて以降、運動量は結構多くなっていますが、怪我や体調を崩したり、疲れを見せたこともなく芯の強さを感じます。1月生まれとは言え、まだ1歳6月期ですし、だいぶ腰の高い体型ですから、これからまだ馬体は変わってくると思いますが、このひと月で言えば、縦にも横にも大きくなって、体重は30キロ以上増えました。性格も、落ち着きと前向きさのバランスが絶妙です。心身共に順調な成長振りですよ」とのことだ。6月上旬の体高152cm、胸囲175cm、管囲19.5cm、馬体重450キロ。
    2024年5月
     引き続いて高昭牧場分場で放牧されており、4月下旬から夜間放牧に切り替えられた。5月中旬現在、同じ分場内の今までとは別の放牧地に、放牧仲間の顔ぶれは変わらずに夜間放牧が行われている。牧場スタッフは「予定通り、先月後半から夜間放牧を開始しました。この間、体重が15キロ近く減りましたが、嫌な感じに“痩せた”とかではなく、相変わらず肩の発達がいい、ガッチリとした前躯と、牝馬らしい丸みを帯びた馬体で、全体に引き締まってきたという表現がぴったりきます。1月の早生まれで、ここまでの成長過程を見ても、早い時期から動けそうな馬だと思います」とのことだ。5月10日時点の馬体重は414キロ。
    2024年4月
     4月中旬現在、高昭牧場分場で日中放牧が行われている。スタッフは「暖かくなって、またひと回り馬体に幅が加わりました。トモは厚みがあって、しっかり腹袋があって中身の詰まっていそうな身体つきで、存在感はなかなかのモノです。体重だけで言えば既に410~420キロ台で競馬をした現役時代の母に並びましたね。サイズ的にも、体型を見ても父のヘニーヒューズが強く出ています。近親にカレンチャンのいる母系なので、やはり母や兄も煩いところはありました。本馬も大人しいということはありませんが、普段触っていて、ひどく煩いとか手を焼くということはありません」とのことだ。4月上旬の馬体重は428キロ。
    2024年3月
     3月中旬現在、高昭牧場分場で日中放牧が行われている。スタッフは「2月下旬から牡牝で分けて放牧しており、本馬はグラッド5(母トリンカファイブ)と一緒の放牧地で放牧しています。先月辺りは成長が一旦落ち着きましたが、このひと月で、また横に大きくなりました。これ迄、生まれの早い馬同士の牡馬もいる組で放牧していて、その中でも馬格は見劣りしませんでしたが、今の組に入ると馬体の厚みと言い、かなり目立っていますね。勿論、まだ1歳3月期で馬体には幼さが見られますし、トモ高の恰好をしてるのでこれからも変わってきますよ。この先も成長が楽しみです」とのことだ。3月上旬の馬体重は410キロ。
    2024年2月
     2月中旬現在、高昭牧場分場で放牧中。スタッフは「ウチの牧場は、荻伏でも、だいぶ内陸に入った山側にあり、例年、他より積雪量は多いですが、今年は、放牧地に雪があるとは言え、ところどころ地面が見えるところがある位に少ないです。暖かいので、日差しのある時は、馬たちは見るからにのんびり過ごしてます。このひと月では体重はほぼ変化はないですが、既に380キロ以上ありますからね。今月は一旦成長が落ち着いたというところですが、まだ大きくなりますよ。今は離乳が同じタイミングだった馬達同士のグループで放牧していますが、そろそろ牡牝に分ける予定です」とのことだ。2月上旬の馬体重は385キロ。
    2024年1月
     1月中旬現在、高昭牧場分場で放牧されている。スタッフは「毎日見ていると却って変化に気付き難いこともあり、前月から大きく変わった感じはしませんが、それでも、このひと月で10キロ体重が増えました。勿論1月生まれの分もありますが、身体が決して大きくない母にヘニーヒューズを配合した狙い通り、骨太な、いい身体に成長してくれています。父は4年連続JRAダートチャンピオンサイアーですし、この先の成長が楽しみです。気性はクラブに提供した明け1歳馬3頭の中で一番落ち着きがありますが、身体が大きい分もあり、放牧地では放牧仲間に対して結構威張っていますよ」とのことだ。1月上旬の馬体重は388キロ。
    2023年12月
     12月中旬現在、高昭牧場分場で朝6時~午後3時の日中放牧が行われている。スタッフは「ここまでのところは、例年より寒さは厳しくなかったですが、先週辺りから気温がグッと下がって、徐々に冬毛が伸びてきました。放牧地では元気いっぱいです。本馬は一番生まれの早い馬のグループで放牧しており、放牧仲間は1~2月生まれが揃っていて、その中には持ち込みの牡馬なんかもいますが、既に体重も378キロあるように、それらと比べても馬格は見劣りしませんし、結構気の強いところも見せています。馬体は幅が増して、特に腰からお尻にかけての発育が目立ちます」とのことだ。12月上旬の馬体重は378キロ。
    2023年11月
     11月中旬現在、高昭牧場分場で放牧中。9月上旬に離乳し、以降は別の分場の放牧地で、朝6時~午後3時の日中放牧が行われている。スタッフは「早生まれで順調に身体も大きくなり、一番早い組で離乳しました。その後、この秋の間でも身体全体に肉が乗って厚みを増し、腹周りにも幅が出て、いい身体つきになってきました。本馬がいる放牧地は早生まれの馬が揃っていますが、その中でも馬体は目を惹きます」とのこと。なお、ヘニーヒューズ産駒のセラフィックコールがみやこSを無傷の5連勝で制した他、父は総合&JARダートリーディングサイアー争いの首位につけ4年連続の砂の頂点も見えてきた。11月上旬の馬体重は358キロ。
  • CATALOG TEXT
     2020年から3年連続、そして23年8月末日現在もJRAダートサイアーランキング1位を守り続けているのがヘニーヒューズだ。その武器は、現役時に北米最速王決定戦のBCスプリントで1番人気に支持されたスピードであり、同馬の産駒はJRAの平地競走で536勝(23年8月末日現在)を記録しているが、勝利数全体の7割以上にあたる395勝がマイル以下のものであり、その中には4つの芝重賞が含まれている。日本のダートコース、特にマイル以下の距離は、東京競馬場1600mや中山競馬場1200mのようにスタート部分が芝のコースが少なくないが、フェブラリーSをレコード勝ちしたモーニンやユニコーンS優勝のペリエール、ワイドファラオなど、そういったコースの特性も味方に産駒は勝星を積み重ねている。
     一方で母系に目を転じると、祖母カレンシェリーメイはカレンチャンの半妹。カレンチャンは、2011年のサマースプリントシリーズチャンピオンで同年の最優秀短距離馬。翌12年には高松宮記念をレコード勝ちして最優秀4歳以上牝馬にも選ばれた。その他、京阪杯勝馬のスプリングソング、中央4勝馬カレンカカが兄姉におり、近親にはダートグレード2勝のテリオスベル。カレンシェリーメイ自身も小倉芝1200mで中団追走から差し切り勝ちを決めており、引退後は生まれ故郷の社台ファームに戻り、2016年から高昭牧場で繁殖生活を送っている。募集本馬の母イダは、カレンシェリーメイが高昭牧場で産んだ最初の仔。残念ながら馬格に恵まれず7戦して繁殖入りしたが、現役時代には3度入着し、メンバー最速の上がりを2度記録するなど、光るものを垣間見せた現役生活だった。
     グラッド2は、やや背中が長く、厚みのある後駆は父ヘニーヒューズ譲り。そして1月生まれらしい“アドバンテージ”を大いに感じさせる好馬体だ。「血統的にもわかりやすい馬で、早生まれ。きっと早い時期から活躍できると思う」と上山貴永専務が言葉に力を込めた。