*シニスターミニスター
x
ヴァローア
(母父 *エンパイアメーカー)
募集総額 5000万円 / 募集口数 1000
(一口金額 5万円)
満口


栗毛

2023-03-20生
現1歳

谷川牧場生産・提供

関西 奥村 豊 厩舎予定

早期割引一括払い :2024年8月末まで 5%割引
( 47,500円 )
2024年11月末まで 3%割引
( 48,500円 )
*2024年12月以降割引なし
分割払い :2024年8月末まで 3%割引
( 48,500円 )
*2024年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
分割払い表
※満口馬のため自動見積もり機能はご利用いただけません
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:600円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1600円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年8月時撮影
  • *シニスターミニスターOld Trieste
    Sweet Minister
    ヴァローア*エンパイアメーカー
    *ボーントゥブーギー
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年3月

    2024年3月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-04-08公開

    放牧風景【谷川牧場第二分場】
  • 2024-03-07公開

    立ち/歩様【谷川牧場第2分場】
  • 2024-01-12公開

    立ち/歩様【谷川牧場第2分場】
  • 2023-12-22公開

    放牧風景【谷川牧場第二分場】
  • 2023-11-21公開

    立ち/歩様【谷川牧場本場】
  • 2023-10-22公開

    TFC2023年秋募集馬見学ツアー展示風景※BGM有
  • 2023-09-29公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-09-21公開

    放牧風景<2023年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024年3月
     3月中旬現在、谷川牧場第二分場で、朝10時頃から放牧して翌朝5時頃に収牧する昼夜放牧が行われている。スタッフは「2月下旬に牡牝でグループ分けをしました。本馬については放牧地は変わりませんが、他の放牧地から来た新顔が加わり、新たに牡馬12頭で昼夜放牧をしています。精神的にも落ち着いた性格で、今の時点でも首さしから肩にかけての逞しさは非凡で、前胸の筋肉もよく発達して、やはりパワータイプの身体つきですね。そしてこの間は脚が伸びて、背が高くなりました。新たにパンフレット用の写真を撮影する5月頃には、さらにいい馬体になっていそうです」とのことだ。3月5日の馬体重は389キロ。
    2024年2月
     2月中旬現在、谷川牧場第二分場で、朝11時頃から放牧して翌朝5~6時頃に収牧する昼夜放牧が行われている。スタッフは「前月は、馬体はそれほど変わった感じはしなかったですが、このひと月では、馬体は横にも上にも大きくなり、体重も30キロ以上増えました。暖冬で、雪も近頃記憶にない位少ないですが、それでも“北海道の冬”ですから、日が沈むと気温がグッと下がりますし、日中も日が陰ると風は冷たく、昼夜放牧をしてるので、冬毛は結構伸びています。それでも馬は健康そのもので、普段も手が掛かりませんし、心身共に順調に成長していると思います」とのことだ。2月上旬の馬体重は375キロ。
    2024年1月
     1月中旬現在、谷川牧場第二分場で、朝11時頃から放牧して翌朝5~6時頃に収牧する昼夜放牧が行われている。牧場スタッフは「時々、小さな傷を作って帰ってくることはありますが、この中間も馬は元気いっぱいです。このひと月の間で言えば、馬体はそれほど変わった感じはしなかったように、少し成長が落ちついたようで、その分、他の馬が追い付いて、1月の体重で言えば、グラッド3やグラッド4の方があります。とは言え、馬体のコンディション的には何ら気になるところはなく、相変わらず骨太で厚みがあり、放牧地の中でも、馬体の逞しさは1番だと思います」とのことだ。1月上旬時点の馬体重は340キロ。
    2023年12月
     引き続き谷川牧場本場で昼夜放牧が行われ、11月下旬に第二分場へ移動した。12月中旬現在、クラブ当歳募集馬の他の2頭を含む当歳馬13頭で、朝11時頃から放牧して翌朝5~6時頃に収牧する昼夜放牧が行われている。馬体は、胸前とトモの肉付きがさらに良くなり、一層身体がどっしりと力強くなってきた。スタッフは「馬体は幅も伸びもありますし、骨が太く、四肢もガッシリしています。いかにも丈夫そうですね。同じ第一分場にいる当歳馬の中ではやはり一番の馬格で、性格も度胸があって落ち着いているし、人の手を煩わせるようなことはしません。放牧地を優々と歩く姿は存在感たっぷりです」とのことだ。
    2023年11月
     谷川牧場本場で11月5日に離乳し、11月中旬現在、夜間放牧が行われている。スタッフは「本馬は産まれて以降ずっと本場で放牧しており、11月5日に母だけ別の分場に移して離乳しました。現在は午後2時から放牧して翌朝5~6時に収牧する流れで管理しています。ご覧の通りの馬体ですから力は強く、同世代の馬とはパワーが違います。そして牡牝の違いもありますが、姉ラフォンテーヌの当歳時とも、現1歳馬のアジアE産駒の兄とも体つきが違います。完全に父の影響が強く出ました。この馬体ですし、ことダートに限れば、最近のシニスターミニスターほど頼もしい種馬はいませんからね。将来楽しみですよ」とのことだ。
  • CATALOG TEXT
     ダート三冠路線創設という追い風を受けて、今、最も手に入り難いシニスターミニスター産駒。先日行われたセレクションセールでは、税込みで1億円を超える同セール歴代2位の高値で産駒が取引された。今や垂涎の的となった、そんなシニスターミニスター産駒の牡馬が、この度、谷川牧場からクラブ当歳馬募集に送り込まれてきた。
     その産駒の特徴をひと言で表すとしたら「加速力」と「粘り」、そして「闘争心」。ボールドルーラーからシアトルスルー、エーピーインディという米国至宝のサイアーラインの特徴を色濃く受け継ぎ、ゆっくりと加速しながら先行して最後まで頑張り抜く。それゆえ瞬発力が要求される芝コースよりもダートコースに向く。思い出して欲しい。南関東不敗の三冠馬ミックファイアや最優秀ダート馬テーオーケインズ、そして我らがインカンテーションのレース振りにはその特徴が詰め込まれている。そんなシニスターミニスターも年が明ければ21歳。近年は体調を見ながら種付数を制限しているという事情もあり、産駒の争奪戦は激しさをさらに増すはずだ。
     母ヴァローアは米チャンピオンサイアー・エンパイアメーカー直仔のJRA4勝馬。途中、1年以上の休養を挟んだが、長く7歳まで現役生活を続けて、ラストランとなった7歳1月の白嶺Sを制してOP入りを決めて繁殖入りしたダートの活躍馬だ。
     募集本馬グラッド1は、骨量と筋肉量に恵まれた出色の出来ばえであり、ダートに特化した血統のイメージ通り、パワフルでズバ抜けた存在感を放つ。そして何より、トモの大きさが圧倒的だ。「母の足りないところを補うための配合。思い通りの体型に生まれてくれた」と谷川牧場代表の谷川貴英さんも満面の笑みだ。「シニスターミニスターの代表産駒に育って欲しい」と谷川さん。偉大な先輩を超えて、さらなる高みへ。それは決して夢物語ではないはずだと、当歳馬離れした本馬を目に前にして、その思いが強くなった。