<< 前の募集馬   Zeal   次の募集馬 >>
Zeal
4
ドリームジャーニ― x *アンノウンウォーターズ (母の父Rahy)

栗毛
2016-03-12生まれ(現1歳)
関西/松下武士厩舎予定
募集総額:1800万円 / 募集口数:200
一口金額:9万円
笹島智則牧場生産・提供
( )内は割引後の一口金額
■早期割引のご案内
一括払い割引
2017年11月末まで4%割引
(86,400円)
*2017年12月以降割引なし
分割%早見表

 笹島智則牧場代表の笹島智則さんが、放牧地を見ながら「とにかく動きたくて仕方がないといった具合に、放牧地ではゴムまりのように、いつも動き回っていますよ」と笑う。そこには、まるで弾けんばかりに動きまわるジール4の姿があった。
 母アンノウンウォーターズはラーイ産駒の北米産馬で、これまでにGⅡ京都新聞杯を勝ったメイショウクオリアをはじめ、現役準オープン馬のメイショウコルノ、締め切りの関係でブラックタイプには反映されていないが、6月22日のJRA交流競走を5馬身差で圧勝し、移籍後無傷の12連勝を継続中のアーミーバローズなどを送り出している。その母に「父の初年度産駒のバランスの良さを見てピピッときて、配合を決めた」と、ドリームジャーニーを配して誕生したのがジール4だ。
 笹島さんの意図した通り、当歳時よりバランスの良さが際立っていたジール4だが、ひと冬を越してもその長所は損なわれることなく、前後駆を中心に良質な筋肉がその身を覆ったことで、はち切れんばかりのボリューム感が加わった。放牧地では1完歩目からグッと沈み込むと、勝気な気性と相まってエネルギーに満ち溢れた活発な走りを見せている。そして、特に目を惹くのは、身体の柔軟性と収縮力との相乗効果で生み出される鋭い瞬発力。それはステイゴールド系最大の長所でもある。
 「もともと当歳時から放牧地でも目立つ方でしたが、ひと冬を過ごす中で見せる成長振りに目を見張る思いだったことも少なくありませんでした。身のこなしは俊敏ですし、競走馬として必要な“向かっていく気の強さ”もしっかりと持ち合わせています。あとは、僕らがしっかりと仕上げるだけ。皆さんの期待に応えられるように頑張ります」と笹島さんが、その胸をドンと叩いて活躍を誓った。
ドリームジャーニ―ステイゴールド
オリエンタルアート
*アンノウンウォーターズRahy
*ファントムクリーク
(2017年9月時写真)
 引き続き、笹島智則牧場分場で夜間放牧され、「母も父も、どちらもバランスの良い身体つきをした馬ですが、この仔の馬体を見ると、それがしっかり受け継がれているように感じます」と笹島智則氏。青草をモリモリ食べて、全体的にバランス良く肉づきして、特に腹袋がしっかりしてきた。そして、体高も上へと伸びてきたように映る。その後、9月5日にBTC近隣の森本スティーブルへ移動した。到着後は少し育成場の環境に馴らした後、馴致が開始されている。育成スタッフは「初めての環境ですが、特に戸惑うような様子はなく、気持ちがしっかりしていますね。飼葉もキチンと食べることが出来ています」とのことだ。(2017年9月)
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています






<< 前の募集馬   Zeal   次の募集馬 >>

△ページTOPへ