Talent

7

アドマイヤムーン
x
サンフラワーガール
(母父 *タイキシャトル)
募集総額 1300万円 / 募集口数 200
(一口金額 6.5万円)


鹿毛

2013-03-24生
現9歳

丸幸小林牧場生産・提供

関東 松永康利 厩舎予定

×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
CATALOG VISUAL
  • アドマイヤムーン*エンドスウィープ
    マイケイティーズ
    サンフラワーガール*タイキシャトル
    *ランバダスタイル
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年8月

    2018年8月

  • 2018年7月

    2018年7月

  • 2018年7月

    2018年7月

  • 2018年5月

    2018年5月

  • 2018年4月

    2018年4月

  • 2018年3月

    2018年3月

  • 2018年3月

    2018年3月

  • 2018年3月

    2018年3月

  • 2018年3月

    2018年3月

  • 2018年3月

    2018年3月

  • 2018年1月

    2018年1月

  • 2017年12月

    2017年12月

  • 2017年11月

    2017年11月

  • 2017年11月

    2017年11月

  • 2017年11月

    2017年11月

  • 2017年11月

    2017年11月

  • 2017年11月

    2017年11月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年9月

    2017年9月

  • 2017年7月

    2017年7月

  • 2017年7月

    2017年7月

  • 2017年7月

    2017年7月

  • 2017年7月

    2017年7月

  • 2017年6月

    2017年6月

  • 2017年5月

    2017年5月

  • 2017年4月

    2017年4月

  • 2017年4月

    2017年4月

  • 2017年3月

    2017年3月

  • 2017年2月

    2017年2月

  • 2017年2月

    2017年2月

  • 2017年1月

    2017年1月

  • 2016年12月

    2016年12月

  • 2016年12月

    2016年12月

  • 2016年12月

    2016年12月

  • 2016年12月

    2016年12月

  • 2016年12月

    2016年12月

  • 2016年11月

    2016年11月

  • 2016年11月

    2016年11月

  • 2016年11月

    2016年11月

  • 2016年9月

    2016年9月

  • 2016年9月

    2016年9月

  • 2016年9月

    2016年9月

  • 2016年9月

    2016年9月

  • 2016年9月

    2016年9月

  • 2016年9月

    2016年9月

  • 2016年9月

    2016年9月

  • 2016年7月

    2016年7月

  • 2016年6月

    2016年6月

  • 2016年6月

    2016年6月

  • 2016年6月

    2016年6月

  • 2016年6月

    2016年6月

  • 2016年6月

    2016年6月

  • 2016年5月

    2016年5月

  • 2016年5月

    2016年5月

  • 2016年5月

    2016年5月

  • 2016年5月

    2016年5月

  • 2016年4月

    2016年4月

  • 2016年4月

    2016年4月

  • 2016年4月

    2016年4月

  • 2016年3月

    2016年3月

  • 2016年2月

    2016年2月

  • 2016年1月

    2016年1月

  • 2015年12月

    2015年12月

  • 2015年12月

    2015年12月

  • 2015年12月

    2015年12月

  • 2015年12月

    2015年12月

  • 2015年11月

    2015年11月

  • 2015年11月

    2015年11月

  • 2015年11月

    2015年11月

  • 2015年9月

    2015年9月

  • 2015年7月

    2015年7月

  • 2015年7月

    2015年7月

  • 2015年7月

    2015年7月

  • 2015年7月

    2015年7月

  • 2015年6月

    2015年6月

  • 2015年5月

    2015年5月

  • 2015年3月

    2015年3月

  • 2015年3月

    2015年3月

  • 2015年3月

    2015年3月

  • 2015年3月

    2015年3月

  • 2015年2月

    2015年2月

  • 2015年1月

    2015年1月

  • 2014年12月

    2014年12月

  • 2014年11月

    2014年11月

  • 2014年9月

    2014年9月

  • 2014年7月

    2014年7月

  • 2014年5月

    2014年5月

  • 2014年5月

    2014年5月

  • 2014年5月

    2014年5月

  • 2014年3月

    2014年3月

  • 2014年2月

    2014年2月

  • 2014年2月

    2014年2月

  • 2014年1月

    2014年1月

  • 2013年11月

    2013年11月

  • 2013年11月

    2013年11月

  • 2013年11月

    2013年11月

  • 2013年11月

    2013年11月

  • 2013年11月

    2013年11月

  • 2013年11月

    2013年11月

  • 2013年11月

    2013年11月

  • 2013年11月

    2013年11月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    当ページは過去の募集情報ページです。現役馬の近況情報は会員ページ内をご覧ください。
  • CATALOG TEXT
     「期待はガッチリと背中に背負わせていますよ」と明るい声で話す丸幸小林牧場場長の高田清人さんの表情がこれまた明るい。それはそうだろう、色々な期待を掛けた相手が、これほどまでに素晴らしいサラブレッドへと成長したのだから。
     募集本馬タレント7は、凛とした表情と賢さを想起させる黒く澄んだつぶらな瞳が印象的な1頭。代謝の良さを現すその薄い皮膚はビロードに喩えるのが最も相応しく、まだ腰高な姿勢ながら、胴まわりは適度な丸みを帯びており、程良い幅のその好馬体を、四肢が余分なストレスなく支えている。放牧地では手先の軽いスナップの利いた走りで軽やかに駆け抜け、クビを上手に使った走法からスピードが乗ると、今度は重心がグンと下がり、もう一段加速。強靱な収縮力と優れた柔軟性を備えていなければ出来ない芸当だ。そして、他の馬に怯むような弱さは微塵もなく、その気性はまさに競走馬向き。父アドマイヤムーンの産駒は総じてスピードに秀でたタイプが多いが、本馬もその例に漏れず、良質なスピードを備えた芝のマイル戦前後を主戦場に活躍するタイプだろう。
     母の産駒は今年2月にデビュー勝ちした半兄アートフェスタをはじめ、競走年齢に達した5頭のうち4頭がJRAで1勝以上を挙げているが、そんな中でも素軽さという面で本馬と一番印象が近いのは、2008年のGⅢアーリントンカップを制したダンツキッスイだろう。
     その半兄は、類い稀なるスピードがありながら、結局は気性面に大成を阻まれてしまったが、本馬は常識にかかった気性で、人の指示も素直に受け入れる賢さも持ち合わせている。今後の成長次第では逸材となりうるだけの資格を有していると言えるだろう。
     「生産者なら誰もが夢見るGⅠの大舞台。そこに到達してみんなで喜びを分かち合えることが出来たら最高ですね」と高田さん。その願いが1歩ずつ現実味を帯び始めてきたようだ。