モーリス
x
セシルブルース
(母父 *エルコンドルパサー)
募集総額 1200万円 / 募集口数 200
(一口金額 6万円)
募集中


栗毛

2022-04-13生
現2歳

奥山ファーム生産・提供

関西 高橋康之 厩舎予定

×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:3000円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1920円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年5月時撮影
  • モーリススクリーンヒーロー
    メジロフランシス
    セシルブルース*エルコンドルパサー
    セシルカット
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年2月

    2024年2月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年12月

    2023年12月

  • 2023年10月

    2023年10月

  • 2023年8月

    2023年8月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年6月

    2023年6月

  • 2023年5月

    2023年5月

  • 2023年4月

    2023年4月

  • 2023年2月

    2023年2月

  • 2022年12月

    2022年12月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-01-20公開

    立ち・歩様【パッショーネ】
  • 2023-12-20公開

    立ち・歩様【新冠育成公社内パッショーネ】
  • 2023-10-03公開

    立ち・歩様【奥山ファーム】
  • 2023-08-09公開

    1歳馬展示会個体展示風景※音声有
  • 2023-07-13公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-07-07公開

    放牧風景<TFC2023年1歳馬募集先行動画>
  • 2023-05-16公開

    立ち・歩様【奥山ファーム】
  • 2023-04-12公開

    立ち・歩様【奥山ファーム】
  • 2023-02-14公開

    立ち・歩様【奥山ファーム】
  • 2023-01-16公開

    立ち・歩様【奥山ファーム】
  • 2022-12-10公開

    立ち・歩様【奥山ファーム】
  • 2022-11-23公開

    放牧風景【奥山ファーム】
  • 2022-10-21公開

    2022年当歳馬募集開始直前動画<立ち/歩様>※音あり
  • 2022-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-09-23公開

    放牧風景<2022年当歳馬/10月1歳馬先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024-02-20
     新冠育成公社内パッショーネで調整されています。中間は調教を開始しており、20日現在、角馬場でフラットワーク30分程度を乗られています。西野代表は「まずは距離やペースを乗って行く前に、フラットワークを通じて、正しいビットポイントだったり、動きの正確性だったりというところを確認していく作業をこの中間は行っています。暮れに15-15を乗っていくところでは、馬が苦しくなるとハミを弾いてしまうようなところが見受けられたので、その辺を含めて、本格的に再度立ち上げていく前に、しっかりと確認をしていっているところです」とのことでした。
    2024-02-06
     新冠育成公社内パッショーネで調整されています。引き続き、この中間もパドック放牧のみで成長を促し、近日中に調教を再開する予定です。西野代表は「馬は元気いっぱいで飼葉も良く食べていますが、体重は380キロ前後で推移しています。このひと月は疲れを取りつつ成長を促してきましたが、ひとまず予定通り今週後半からは調教を再開していきます」とのことでした。6日現在の馬体重は378キロ。
    2024-01-23
     新冠育成公社内パッショーネで調整されています。引き続き、この中間はパドック放牧のみで成長を促しています。西野代表は「身体が大きくなった感じはないですが、パドック放牧だけなので馬は元気いっぱいですし、楽をさせているので体重は徐々に戻ってきています。馬体は小さいながらも、ガツンとくるところはちゃんとある馬なので、あとはこれで成長が伴ってくればと思います」とのことでした。16日時点の馬体重は378キロ。
    2024-01-09
     新冠育成公社内パッショーネで調整されています。12月末までは、準備運動でしっかり動かした後、屋内ダート角馬場でハッキング4000mと、屋内600m坂路を16-15で1本乗られて、年が明け以降は、調教はお休みして放牧で成長を促しています。西野代表は「予定通り年内はしっかり攻めて、流石にこの負荷を掛け続ける中では身体が増える感じにはならなかったので、年明けからは放牧して成長を促しています。このままひと月程度、楽をさせる予定です」とのことでした。1月9日現在の馬体重は364キロ。
    2023年12月
     新冠育成公社内パッショーネで調整中。中間は百瀬RFへ移動して乗り込み、11月28日に戻って調教開始。12月中旬現在、準備運動でしっかり動かした後、屋内ダート角馬場でハッキング4000mと、屋内600m坂路を16-15で1本乗っている。西野代表は「ゆったりしたペースより、これ位の方が正しいフォームで走れるのと、骨に刺激を与える意図で坂路をハロン15~16秒で1本乗っており、背中の感触も良く、結構いい動きをします。ただ、かなり高負荷の分、体重は約20キロ減りました。馬体の成長が今後の課題です。年内はこのまま攻めて、年明け後ひと月程緩めて成長を促します」とのことだ。12月上旬の馬体重は366キロ。
    2023年11月
     中間は奥山ファームでダクとハッキングを乗られ、11月6日に新冠町の新冠育成公社内パッショーネへ移動した。11月中旬現在、場内の一通りの調教施設を使いダクを乗られている。パッショーネの西野代表は「こちらへ到着してすぐ調教を開始したので体重が20キロ程減りましたが、背中の反動が少ないところなど、いかにもモーリス産駒らしいです。今後ですが、ウチでは環境の変化に強くなるよう札幌の百瀬ライディングファームに2週間程度の短期で移動させて乗り込むという事を何回か行います。本馬も近日中にまず1回目の移動を行い、あちらでゆったりしたペースで乗り込みます」とのことだ。11月中旬の馬体重は382キロ。
    2023年10月
     引き続き、奥山ファームで夜間放牧が行われ、10月から予定通り馴致を開始した。10月中旬現在、放牧地で騎乗馴致をスタートさせている。奥山代表は「涼しくなって食欲が出てきたようで、先月と比べて飼葉の食いが俄然良くなりました。飼葉の量自体も増やしてますが、それもペロリと平らげています。10月から鞍着けなど順々に進めて、10月3週目から放牧地でダクを乗り始めましたが素軽い脚捌きをしています。10月中はこちらで騎乗馴致を進めて、11月に入って馬体の成長具合を見てパッショーネへ移動する予定で進めていきます」とのことだ。10月中旬現在の体高152cm、胸囲173cm、管囲18.4cm、馬体重は402キロ。
    2023年9月
     9月中旬現在、奥山ファームで夜間放牧中。奥山代表は「お盆過ぎに一旦涼しくなったと思えたのですが、その後また連日30度超えの真夏日が続き、ようやく9月に入った位から少しずつ涼しくなってきました。最近は馬にとっても過ごしやすくなり、飼葉はしっかり食べて、放牧地でも馬は元気いっぱいですが、9月上旬の段階でも体重は380キロ台と、涼しくなっても身体がもうひとつ増えてきていません。10月には騎乗馴致を開始して、10月末か11月初めに育成場へ送り出すというプランに変わりはないですが、9月中は放牧を続けて、しっかり成長を促していきたいと思います」とのことだ。9月上旬時点の馬体重は386キロ。
    2023年8月
     8月中旬現在、奥山ファームで夜間放牧中。奥山代表は「朝7時頃に集牧して日中は厩舎で過ごし、午後3時半頃から放牧地に放していますが、一時は390キロ台まで増えた身体が、暑さの影響で、8月は思ったほど増えてこず、逆に少し身体が細くなってしまいました。この暑さのせいで、大型の扇風機を動かしても、日中、馬房の中は蒸してしまい、かと言って放牧地も日中は日差しに加えてアブが酷いので、この夏は管理に苦労しました。ただ、お盆過ぎから徐々に涼しくなってきました。今後は、9月いっぱい放牧を継続して成長を促し、10月から騎乗馴致を開始する予定です」とのことだ。8月上旬時点の馬体重は384キロ。
    2023年7月
     7月中旬現在、奥山ファームで夜間放牧が行われている。スタッフは「春先頃はまだ幼さが目立つ体型でしたが、春から夏にかけて、馬の形がだいぶ良くなってきました。腹袋もだいぶしっかりと出来てきましたよ。見た感じはまだ小柄で、このひと月では大きくなったという感じは受けませんし、実際体高の数字も変わっていませんが、体重は10キロ以上は増えているように、この馬なりにジワジワと成長してくれています。このあと、騎乗初期馴致を開始する時期については、今後の成長や様子を見ながら判断することになると思います」とのことだ。7月上旬時点の体高148cm、胸囲167cm、管囲18.4cm、馬体重は365キロ。
    2023年6月
     6月中旬現在、奥山ファームで夜間放牧中。奥山代表は「まだ小柄ですが、ここにきて、身体をだいぶあか抜けて見せるようになってきました。さすが血統馬と言ったところでしょうか。馬体はどんどん肉付きが良くなっており、牝馬らしい丸みを帯びた身体つきになりましたね。5月から夜間放牧を開始して、心身が刺激を受けているので、これからの成長にも期待ができそうです。今後について高橋康之調教師と相談をして、ウチで初期の騎乗馴致まで行い、それから10月中に新冠育成公社内のパッショーネへ移動するということになりました」とのことだ。5月末時点の体高148cm、胸囲165cm、管囲18.4cm、馬体重は351キロ。
    2023年5月
     5月中旬現在、奥山ファームで放牧が行われている。中間は引き続き日中放牧が行われていたが、5月に入って1週目からは夜間放牧を開始している。奥山代表は「今月になってから夜間放牧を開始しました。馬に掛かる負荷は増えていますが疲れた様子を見せることはなく元気いっぱいですし、飼葉もしっかりと食べれています。体つきを見ると上背は確かにまだ低いですが、身体全体の張りが良くなってきましたね。それと腹構えが、しっかりしてきました。体重も、夜間を始めて運動量が増えた中でも増えているように、この馬なりに着実に成長していますよ」とのことだ。5月12日時点の馬体重は334キロ。
    2023年4月
     4月中旬現在、奥山ファームで日中放牧が行われている。奥山代表は「冬の間も、ずっと日中放牧で来ている分、体力的に余裕があるので、馬は元気いっぱいです。ご覧の通り、小柄な部類ですが、このひと月で体重が20キロ以上増えたように、先月よりもさらにフックラとしてきました。母も、そしてその仔らも身体はそこまで大きくはなく、本馬のコンパクトな身体つきも血統通りと言えるかもしれませんが、すっかり雪もなくなって、近々、放牧地は青草で覆われるでしょうから、青草を摂るようになったら、成長曲線はさらに右肩上がりになってきてほしいですね」とのことだ。4月12日時点の馬体重は312キロ。
    2023年3月
     3月中旬現在、奥山ファームで日中放牧が行われている。奥山代表は「このひと月の間では、そこまで大きく変わった感じはないものの、ジワジワと成長して、徐々に張りのある筋肉がつき始めてきました。そして、小柄で身体のつくりが軽い分、余計に軽快感が強調されて、そしてクイックな反応が目立ちます。勝気そうな表情で、将来はスピードが持ち味の競走馬になりそうです。放牧地に積雪がまだ多少残っているように、内陸部にある分、ウチは他所より暖かくなるのが遅く、本馬もまだ毛足の長い冬毛を背負っていますが、飼葉食いは良く、いつも元気溌溂ですよ」とのことだ。3月13日時点の馬体重は290キロ。
    2023年2月
     2月中旬現在、奥山ファームで日中放牧が行われている。スタッフは「寒さが厳しくなって、朝はマイナスまで気温が下がっていることも珍しくないですが、変わりなく元気に過ごしています。2月14日時点で馬体重は274キロと、まだ小柄な部類ですが、上背はあまり変わらないものの、だいぶ全体にふっくら肉付きがしてきました。病気や骨の疾患などの心配もなく、まだまだヤンチャ盛りで、放牧地では元気に遊んでおり、順調そのものです。一方で、根は素直なので、手入れの時に手を煩わせるようなことはありません。放牧地の動きを見ると、脚捌きの素軽さが目につきます」とのことだ。
    2023年1月
     1月中旬現在、奥山ファームで日中放牧が行われている。奥山代表は「牧場のあるこの辺りはかなり内陸になるので、他所と比べると放牧地にも雪は多少ありましたが、例年と比べるとかなり少なかったです。先週末ようやくドカッと雪が降って、今は放牧地は10cm位は積もってクッションが効いていて、馬の蹄のためにも、いい状態です。中間は牝馬8頭で日中放牧を続けていますが、その分、身体は楽ですし、体力があり余っているのか、兎に角、元気いっぱいです。身体もこの馬なりに成長してきたと思いますし、体型も徐々に幼さが抜けてきたように思います」とのことだ。1月上旬時点の馬体重は258キロ。
    2022年12月
     12月中旬現在、奥山ファームで日中放牧が行われている。奥山代表は「引き続き、日中放牧を行っており、モーリス産駒らしい気性の勝ったお転婆さんで、放牧地では一番の元気印です。加えて、この中間は結構飼葉をしっかりと食べるようになり、離乳後に細くなってしまった馬体もその後はフックラ肉がついてきて、大分ボディコンディションが上がってきました。小柄な牝馬ですが、徐々に身体の芯がしっかりしてきたように思います。今年の冬は、本馬を含めた当場の牝馬は夜間放牧ではなく、日中放牧で管理していくつもりで、引き続きコンディション管理に努めます」とのことだ。12月上旬時点の馬体重は245キロ。
    2022年11月
     奥山ファームで放牧されている。10月中旬に離乳を終えて、11月中旬現在、日中放牧で管理されている。奥山代表は「離乳後、食いが落ちてしまったので、日中放牧で管理していますが、日が経つにつれて、徐々身体がフックラしてきて状態が戻ってきました。ただ、牝馬ですし、冬の間は、このまま日中放牧で管理していこうと思います。当場では母の仔は本馬が初めてなので、これ迄との比較は出来ませんが、すらりとした脚長の体型で、モーリス産駒らしく悍性の強いタイプです」とのこと。父の産駒らしく多少利かないところもありそうだが、この悍性の強さが、競馬に行って他馬に競り負けない底力となってきそうだ。
  • CATALOG TEXT
     これが、選び抜かれた良血サラブレッドの成長力なのだろう。幼さが目いっぱい残っていた昨年秋の当歳募集から約8か月。目の前には、すっかり競走馬としての雰囲気を漂わせているフェイマス8がいた。
     その半姉アイムユアーズはファンタジーSとフィリーズレビューを勝った他、クイーンSを連覇。GIでも阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞3着、オークス4着。祖母セシルカットは歴史的名牝エアグルーヴと1歳違いの半姉で、近親にはドゥラメンテもいる名血ファミリーだ。さらに父モーリス、母の父エルコンドルパサーはいずれも国内外両方のGIを制した名馬。そんな両親から生まれた本馬は、まだまだ成長の余地を大きく残す馬体ながら、狂いのない骨格と、力強く首から容量の大きな尻へと流れるトップラインにはモーリス産駒の特徴が良く出ている。
     「冬の間は日中放牧で管理していました」と奥山ファーム代表の奥山昌志さん。奥山ファーム周辺は厳寒期にはマイナス20度にもなることが珍しくない地区であり、成長がゆっくり目と判断される本馬にとって、離乳直後からの厳冬期夜間放牧はプラスよりもマイナス面が大きいというジャッジだ。的確な判断の甲斐あって昨年12月から今年5月までの6カ月間で体重は100㌔近くも増加し、1歳5月末時点で馬体重は351キロ。そして5月からは夜間放牧を開始したが、ヘコたれることなく元気いっぱいだ。「夜間放牧開始後も、飼葉をしっかり食べられていますし、体調を落とすことなく成長しています。普段、手入れをするときや、曳いて歩かせる時などは人間に対して従順ですが、放牧地では身体全体を大きく使って俊敏な動きを見せてくれます」と順調ぶりをアピールする。「モーリスの産駒ですから、やはり武器はスピードだと思います。この馬も1600mを中心に幅広い距離で楽しめるような馬に成長してくれると思います」と期待している。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 148cm / 胸囲 165cm / 管囲 18.4cm
[Famous] Line up