*ミスターメロディ
x
メジェルダ
(母父 ディープインパクト)
募集総額 1800万円 / 募集口数 400
(一口金額 4.5万円)
満口


黒鹿毛

2022-02-01生
現2歳

村田牧場生産・提供

関西 寺島 良 厩舎予定

分割払い表
※満口馬のため自動見積もり機能はご利用いただけません
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:1500円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1440円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年5月時撮影
  • *ミスターメロディScat Daddy
    Trusty Lady
    メジェルダディープインパクト
    メリュジーヌ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年4月

    2024年4月

  • 2024年2月

    2024年2月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年12月

    2023年12月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年10月

    2023年10月

  • 2023年8月

    2023年8月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年6月

    2023年6月

  • 2023年4月

    2023年4月

  • 2023年2月

    2023年2月

  • 2022年12月

    2022年12月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-02-10公開

    立ち・歩様【小国スティーブル】
  • 2024-01-20公開

    立ち・歩様【小国スティーブル】
  • 2023-12-07公開

    立ち・歩様【小国スティーブル】
  • 2023-11-10公開

    調教風景【小国スティーブル】
  • 2023-10-12公開

    立ち・歩様【小国スティーブル】
  • 2023-08-09公開

    1歳馬展示会個体展示風景※音声有
  • 2023-07-13公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-07-07公開

    放牧風景<TFC2023年1歳馬募集先行動画>
  • 2023-05-22公開

    立ち・歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2023-04-12公開

    立ち・歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2023-02-16公開

    立ち・歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2023-01-14公開

    立ち・歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2022-12-10公開

    立ち・歩様【村田牧場高江第一分場】
  • 2022-10-21公開

    2022年当歳馬募集開始直前動画<立ち/歩様>※音あり
  • 2022-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-09-23公開

    放牧風景<2022年当歳馬/10月1歳馬先行公開動画>
  • 2022-05-22公開

    メジェルダ母仔の放牧風景
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    血統アップデート2024-05-25
    フェイマス7の半姉ピューロマジック(牝3歳 父アジアエクスプレス)が5月25日京都11R、3歳オープン・葵ステークス(GIII)・芝1200mを逃げ切って重賞タイトルを奪取しました。
    2024-05-21
     名張ホースランドパーク内きおりステーブルで調整されています。21日現在、屋内角馬場でフラットワークを行った後、ダートトラックコースで2400mを乗られ、その後に坂路2本をハロン20秒程度で進めています。永友場長は「北海道でお休みをしていた事もあるとは思いますが、まだまだ体力不足な感じは否めません。血統的にも気の強い面があると聞いていますが、全くそういった感じがないので、今はまだ馬に余裕がないのだと思います。無理はさせませんが、これを乗り越えて強くなってもらわないと困りますので、このまま負荷を掛けていきながら進めます」とのことでした。
    2024-05-14
     名張ホースランドパーク内きおりステーブルで調整されています。移動後も体調面は心配なく、飼葉食いも良いとのことで、14日現在、屋内角馬場でフラットワークを行った後、ダートトラックコースで2400mを乗られ、その後に坂路2本を軽めキャンターで乗られています。永友場長は「元気があるのは良いのですが、まだ全体的に幼いですし、身体も、まだ付くべきところに筋肉が付いてない印象で、現在のメニューでも、坂路の2本目に入るとまだフラフラしているように、体力的にもこれからだと思います。ただ冬毛はだいぶ抜けて毛艶が良くなってきました。これから良くなって来ると思います」とのことでした。14日現在の馬体重は451キロ。
    2024-04-30
     引き続き、小国スティーブルで屋根付きダートトラックと屋外ウッドチップトラックを併用してハロン20~25秒程度のキャンターで調整されて、今後は本州で育成を進める事になり、25日に北海道を出発して、27日に三重県の名張ホースランドパーク内きおりステーブルに到着しました。移動後も体調に問題はないものの、長距離輸送の疲れを考慮して今週中はウォーキングマシン運動に留めて、併せてスクーリングを行って場内の環境に馴れさせる予定です。永友場長は「輸送は特に問題なく大人しかったようですが、基本的には気が強く、周囲に対して敏感なところがあると寺島良調教師から聞いています。こちらに到着してから飼葉食いは問題ありませんし、体調も今のところ特に変わりはないので、環境に慣れさせれば問題ないと思いますが、北海道でも少しお休みする期間があったようなので、いきなりハードに乗るのではなく、ハミ受けなども確認してから進めたいと思っています」とのことで、寺島調教師は「こちらの気候がだいぶ暖かくなってきたので、馬を成長させるにも本州の方が良いだろうと思い移動させました。ただ、正直、乗り込み量という面ではまだまだと思っています。少し周囲に敏感なところがあるのと、体質的にもまだ幼いと思いますので、きおりステーブルでまずは下地をしっかり作り、その後は宇治田原優駿ステーブルへ移動して進めたいと考えています」とのことでした。
    2024-04-16
     小国スティーブルで調整されています。この中間は騎乗調教を開始しており、16日現在、屋根付きダートトラックと屋外ウッドチップトラックを併用してハロン20~25秒程度のキャンター2000mを乗られています。スタッフは「調教再開後、身体が減ってしまうようなことはなく、活気のある動きで乗り進めることが出来ています。なお、寺島調教師から連絡があり、今後は本州で進めたいとのことで、馬運車の手配の関係があるので移動日はまだ未定ですが、早ければ4月後半~5月前半に本州へ移動することになりました」とのことでした。
    2024-04-02
     小国スティーブルで調整されています。引き続き、ウォーキングマシン運動に留めて休養しています。スタッフは「引き続き、ウォーキングマシン運動に留めてきて、ようやく疲れも抜けて身体も戻り、楽をさせていた分もあって活気が戻ってきました。この感じであればそろそろ調教を再開できそうです」とのことでした。2日現在の馬体重は465キロ。
    2024-03-19
     小国スティーブルで調整されています。この中間も引き続きウォーキングマシン運動で休養しています。スタッフは「こちらへ来た当初から、見た目にとてもいい身体をしていて身のこなしも良く、ウチでの評価も、兄と同等かそれ以上と感じていました。ただ、まだちょっと中身が幼いようです。現状、筋肉などに疲れが出て、それが抜け切れていない状況なので、今週も引き続き、ウォーキングマシン運動で楽をさせています。これから良くなってきそうな気配は間違いなくあるので、今休ませていることをあまりマイナスに捉える必要はないと思いますし、ここまで乗る中で、いい素質の持ち主だということは背中を通じて感じます。ただ、上のメディーヴァルと比べると、やや遅出来タイプかもしれません。馬の成長に合わせて進めていきます」とのことでした。
    2024-03-05
     小国スティーブルで調整されています。引き続き、屋根付きダートトラックでダク1200mとハロン22~23秒程度のキャンター2100~2800mで、週2日はハロン20秒ペースで乗られていましたが、体重が減って来てしまったため一旦調教はお休みして、3月5日現在、ウォーキングマシン運動のみで楽をさせています。スタッフは「引き続き乗り込みを進めていましたが、体重が10キロほど減ってしまっていたので、先週の火曜日からお休みして、楽をさせています。状態を見て調教を再開していきます」とのことでした。2月26日時点の馬体重は446キロ。
    2024-02-20
     小国スティーブルで調整されています。20日現在、屋根付きダートトラックでダク1200mとハロン22~23秒程度のキャンター2100~2800mで乗られ、週2日はハロン20秒ペースで乗られています。スタッフは「中間も順調に調教メニューを消化していますが、まだ中身がしっかりとは出来てきていない感じがします。引き続き今のメニューでしっかり乗り込んで鍛えていきます」とのことでした。
    2024-02-06
     小国スティーブルで調整されています。2月6日現在、屋根付きダートトラックでダク1200mとハロン22~23秒程度のキャンター2100~2800mほどを乗られており、中間は徐々にペースを上げて週2日はハロン20秒ペースで乗られています。スタッフは「週2ペースで20-20を乗っていますが、まだ翌日に疲れが若干残るかなというところがあります。それでも徐々に芯が入ってきた印象で、馬自身走り方を覚えてきた感じがありますね。しばらくはこのメニューを続けていって、翌日になっても疲れが残らないように鍛えていきます」とのことでした。1月末時点の馬体重は455キロ。
    2024-01-23
     小国スティーブルで調整されています。中間は調教を再開しており、23日現在、屋根付きダートトラックでダク1400mとハロン22~23秒程度のキャンター2100~2800mほどを乗られています。スタッフは「日によってキャンターの距離は変えながら乗り込みを進めています。ペースはハロン22~23秒程度ですが、ウチのダート馬場は物凄く砂が深いので、馬には、しっかり負荷が掛かる中で乗り込んでいます。最近は、この血統らしく最近は前進気勢がだいぶ強くなってきており、やはり兄姉同様、距離適性は短いところかなと感じています」とのことでした。23日現在の馬体重は460キロ。
    2024-01-09
     小国スティーブルで調整されています。引き続き、屋根付きダートトラックでダク1400mと普通キャンター2800mほどを乗られたのち、途中に年末年始を挟みながら、12月下旬以降はひと息入れており、1月9日現在、ウォーキングマシン運動が行われています。スタッフは「中間は楽をさせて疲労の回復を図りつつ、併せて馬体の成長を促しています。様子を見て再び立ち上げていきます」とのことでした。
    血統アップデート2024-01-06
    フェイマス7の半姉ピューロマジック(牝3歳 父アジアエクスプレス)が1月6日京都6R、3歳1勝クラス・芝1200mを1番人気に応えて優勝しました。
    2023年12月
     小国スティーブルで調整されている。この中間も順調に乗り込みを進めており、12月中旬現在、屋根付きダートトラックでダク1400mと普通キャンター2800mほどを乗られている。スタッフは「中間も安定感のある走りで乗り込めており、身のこなしがいいですね。乗り込んできて前月から体重がやや減っていますが、飼葉はしっかり食べていて、細くなったわけではなく引き締まったと言うのが適当で、ちょうどメディーヴァルの同時期と同じ位の体重です。馬体は張りがあって、悪くないコンディションだと思います。なお、この後はひと息入れて、馬体の成長を促す予定です」とのことだ。12月上旬の馬体重は445キロ。
    2023年11月
     11月中旬現在、小国スティーブルで調整されている。中間はペースを上げており、11月中旬現在、屋根付きダートトラックでダク1400mと普通キャンター2100mほどを乗られている。スタッフは「中間は徐々にペースを上げて、キャンターの距離も延ばしていますが、走ることに集中して調教メニューを消化することが出来ています。この牝系らしい気の強さはありますし、走ることに前向きですが、調教中に煩くなったり、カリカリするようなことはなく、とても気持ちが安定していますね。飼葉も良く食べて、乗りつつ身体が減らずに維持できているのもいいと思います」とのことだ。11月上旬の馬体重は452キロ。
    2023年10月
     10月中旬現在、小国スティーブルで調整されている。中間は馴致を終了して馬場調教を開始しており、10月中旬現在、屋根付きダートトラックでハッキング1800~2000mを乗られている。スタッフは「まだハッキング程度ですが、いいですね。寺島調教師の評価もすこぶる高いですし、ウチで以前お預かりした兄のメディーヴァルと比べても遜色ないという感触を持っています。あとは、この血統ですし、しかも牝馬ですので、あまり気持ちの面でカリカリ煩くなり過ぎないといいですね」とのことだ。なお、10月8日の東京競馬で半兄バグラダスがダート1400mの2勝クラスを快勝している。10月上旬の馬体重は448キロ。
    血統アップデート2023-10-08
    フェイマス7の半兄バグラダス(牡3歳 父マジェスティックウォリアー)が10月8日東京12R、3歳以上2勝クラス・ダート1400mを優勝しました。
    2023年9月
     9月中旬現在、小国スティーブルで調整中。中間は馴致を開始しており、9月中旬現在、ロンギ場でロンジングを行っている。スタッフの竹内氏は「9月中の馬場調教開始に向けて、現在は鞍をつけてロンジングを行っています。この血統らしく気持ちが前向きで、ウチの調教主任が感じた印象も『the短距離馬』という感じです。飼葉をしっかり食べてくれて、牝馬の割に力がありますね。中間、寺島良調教師が来場して馬の状態を確認されました」とのこと。なお、9月2日の札幌競馬で半姉ピューロマジックが10馬身差で初勝利。競走年齢に達した母の仔は、その全てが中央で勝馬となっている。8月末の馬体重は450キロ。
    血統アップデート2023-09-02
    フェイマス7の半姉ピューロマジック(牝2歳 父アジアエクスプレス)が9月2日札幌1R、2歳未勝利・芝1200mを10馬身差で圧勝し初勝利を飾りました。
    2023年8月
     村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われ、育成を開始するため8月10日に新ひだか町の小国スティーブルへ移動した。村田康彰専務は「馬の出来については、自信をもって、いい状態で育成場に送り出せたと感じています。最近は落ち着きが出てきて精神面の成長が感じられました。やはりどこかでスイッチが入る気性ということもあって、7月末の展示会の際、馬房の中で、ややイレコミ加減になりましたが、馬にとって初めての場所でしたし、それでも100名以上の参加者に囲まれた展示の最中は比較的落ち着いて臨めていました」とのことだ。7月末の体高157cm、胸囲183m、管囲20.1cm、8月10日時点の馬体重は468キロ。
    2023年7月
     7月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「測尺の数字を見てもそうですが、春から夏にかけても順調に成長して、いい時間を過ごすことが出来ています。精神的にも、以前は放牧に出す前に馬房の中で少しイレ込むようなところもあったのですが、その頻度も少なくなり、全体に馬に落ち着きが出てきたように思います。馬体も、中間、胴伸びが出ながら厚みもしっかり出ているので、素軽いつくりに見せながらも、幅はしっかりあります。育成場へ移動するまであと少しですがしっかり管理していきます」とのことだ。6月末時点の体高156cm、胸囲179m、管囲20.2cm、馬体重は449キロ。
    2023年6月
     6月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「このひと月でも、しっかりと成長しており、最近はさらに馬が立派になったと感じています。7月末のクラブ展示会でも、良い状態で皆様にご覧いただけると思います」とのこと。歩かせてみると、トモの送りが強く、体幹がしっかりしているのが窺える。ここまで病気ひとつしない体質面の強さも頼もしく、8月中には小国スティーブルへ移動して育成を開始する予定。母や、半兄のメディーヴァルやバグラダスに続き、早い時期から競馬が出来るように先手先手で動いていく。5月末時点の体高156cm、胸囲177m、管囲20.1cm、馬体重は421キロ。
    2023年5月
     5月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧中。村田康彰専務は「体高155cmと1歳馬としてはかなり大きく、身体つきは父のミスターメロディーが出てますね。引き続き順調のひと言です。この中間には寺島調教師が来場されて、馬体の出来に満足されていました。育成は小国ステーブルを予定しています」とのこと。なお、5月21日の新潟メイン、芝直千のOP特別、韋駄天Sを半兄メディーヴァルが格上挑戦で制し、新境地を開いた。現3歳の半兄バグラダスも芝とダートの両方で勝利しており、本馬にも芝とダートの“二刀流”の活躍を期待したい。4月末日時点の体高155cm、胸囲174m、管囲20.0cm、馬体重は398キロ。
    血統アップデート2023-05-21
    フェイマス7の半兄メディーヴァル(牡5歳 父アジアエクスプレス)が5月21日新潟11R、4歳以上オープン・韋駄天ステークス・芝1000mを優勝しました。
    2023年4月
     4月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧中。村田康彰専務は「最近はだんだんと胸に深さが出て、体つきも、幼さと言うか子供っぽい丸みが消えてきて、この後、少しずつ雰囲気が出始めるかなという感じを持っています。精神面も、普段放牧に出す時に『早く出してよ』という雰囲気になる位はありますが、特に変わりはなく、普段の扱いで難しいことはひとつもないです。飼葉食いもすこぶる良く、後ろから見ても幅がしっかりありますし、体高も、ウチの1歳馬の中で同じサイズが2~3頭いますが、牡牝問わず1番大きい部類です」とのことだ。3月末時点の体高154cm、胸囲171cm、管囲19.3cm、馬体重は387キロ。
    2023年3月
     3月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧されている。村田康彰専務は「寒さの厳しかった2月後半でも飼葉は与えた分をしっかりと食べてくれて、身体が成長しながら、しっかり身も入ってきましたね。成長の過程で、ちょうど今は馬体に伸びが出てきている時期のようですが、同時に身が張って身体に厚みもしっかり出てきているので、素軽そうには見せても、細身に見せることがないのは好感が持てます。これまでの母の仔の中でも、1歳3月期でこれだけの馬格というのは初めてです。このままの成長を続けてほしいですね」とのことだ。2月末時点の体高153cm、胸囲171cm、管囲19.3cm、馬体重は383キロ。
    2023年2月
     2月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧されている。村田康彰専務は「横から見たら比較的素軽そうに見せますが、これを後ろから見ると厚みはしっかり増してきました。現段階で、当牧場の牝馬の中では一番大きいですが、まだ腰が高いように、当然もっと大きくなります。脚長に見せるところなどミスターメロディぽいですし、お母さんのメジェルダが小さかったことを考えると、本馬は明らかに父の影響が強く出ていると思います。飼葉もウチの中では一番多いグループの量を与えてますが、しっかり食べてくれていますよ」とのことだ。1月末時点の体高151cm、胸囲169cm、管囲19.1cm、馬体重は375キロ。
    2023年1月
     1月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧中。前月辺りは脚長の体型に映ったが、中間、幅が加わり、ドッシリとして重心が低くなった印象。村田康彰専務は「最近ある程度雪が積もりましたが、今年は1月に入っても放牧地に雪がなく、地面が硬くて蹄を痛めたり、欠けたりする馬が多かったです。ただ本馬は治療が必要になる事はなかったです。1歳1月で体高151cmは十分な大きさですし、測尺の推移からも順調さが確認できます。爛爛と輝く瞳で、活気があり、放牧地に1番に放さないと煩くなるように、この牝系らしい気の強さです」とのことだ。1月11日時点の体高151cm、胸囲169cm、管囲19.0cm、馬体重は365キロ。
    2022年12月
     12月中旬現在、村田牧場高江第一分場で昼夜放牧中。村田康彰専務は「ミスターメロディの初年度産駒は、幅があって比較的脚長で、上背のある仔が多く出ていると他の牧場さんからも聞きます。本馬もその傾向が窺える体型で、マイル位はこなせそうな感じですが、この母系らしくスイッチが入ると気の強さを前面に出しますね。現在は冬期の昼夜放牧に向けて飼葉量を多くして、意識的にボディコンディションを上げている最中ですが、飼葉は残さずしっかり食べてくれます。当場の当歳牝馬の中でも一番の食いの良さかもしれません」とのことだ。11月末時点の体高149cm、胸囲163cm、管囲18.7cm、馬体重は345キロ。
    2022年11月
     離乳を終えて村田牧場大富繁殖場から8月に同高江第一分場へ移動した。11月中旬現在、昼夜放牧が行われている。村田康彰専務は「特別何かあったこともなく、順調に成長しながら日々元気に過ごしています。サイズ的にも標準以上の馬格ですし、このひと月でも着実に成長しています。今年も通季の昼夜放牧で管理する予定で、今はまだ青草もあって雪の降るような状況ではないので、朝7時迄に集牧し、お昼前に放牧する形で昼夜放牧を行っています。今後の冬期の昼夜放牧に向けて馬のボディコンディションを上げながら準備していきます」とのことだ。11月16日時点の体高148cm、胸囲159cm、管囲18.9cm、馬体重335キロ。
    血統アップデート2022-11-19
    フェイマス7の半兄バグラダス(牡2歳 父マジェスティックウォリアー)が11月19日東京4R、2歳1勝クラス・芝1400mを優勝しました。
  • CATALOG TEXT
     昨夏に新馬勝ちを収め、今春は3歳マイル重賞路線を賑わせたバグラダス、そして同じく今春、オープン特別の韋駄天ステークスを制して4勝目を挙げたメディーヴァル。天性のスピードを武器にファンタジーS2着など高いレベルで活躍した母メジェルダは繁殖牝馬としてもA級の道を歩んでいる。そして父を人気の新種牡馬ミスターメロディに替えた母の4番仔フェイマス7は昨秋の募集開始早々に満口となったが、ひと冬を順調に越して理想的な成長を遂げた。
     「離乳して中期育成を行う分場に移動させたのは8月です。たっぷり時間がありましたので、冬期間の夜間放牧に向けてしっかりと準備をすることが出来ました」と村田牧場専務の村田康彰さん。その甲斐あって、厳冬期も1度もコンディションを落とすことなく成長を重ね、1歳6月期で馬体重は421キロ。村田牧場の同世代牝馬の中で最も馬格に恵まれているという成長ぶりだ。「母メジェルダはそれほど馬格は恵まれた馬ではなく、やや脚長でボリューム感のある本馬の馬体は父似なのかもしれません。外見だけではなく、内面もしっかりした馬だと思います。オンオフを上手に切り替えることができる気性も競走馬としては大きな武器になると思っています」と頼もしそうだ。
     父はダート1400mのデビュー戦を日本レコードで快勝し、4歳春には高松宮記念を勝った“二刀流”のスピード馬。早世の名種牡馬スキャットダディの血を伝える貴重な存在でもある。
     「スピードを武器にしていた両親の組み合わせですから、普段はおっとりしていますが、スイッチが入った時はスピード馬らしい一面を見せてくれます。クラブに提供した3代母メジェール、祖母メリュジーヌ、母メジェルダといずれも競馬場で活躍して、繁殖牝馬として戻ってきてくれました。この馬にも芝ダートを問わない活躍を期待したいと思います」と村田さんが白い歯を見せた。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 156cm / 胸囲 177cm / 管囲 20.1cm
[Famous] Line up