シルバーステート
x
スプレンダー
(母父 *ファンタスティックライト)
募集総額 1600万円 / 募集口数 400
(一口金額 4万円)
募集中


鹿毛

2022-04-09生
現当歳

奥山ファーム生産・提供

関西 新谷功一 厩舎予定

早期割引一括払い :2023年8月末まで 5%割引
( 38,000円 )
2023年11月末まで 3%割引
( 38,800円 )
*2023年12月以降割引なし
分割払い :2023年8月末まで 3%割引
( 38,800円 )
*2023年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:1500円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1280円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2022年8月時撮影
  • シルバーステートディープインパクト
    *シルヴァースカヤ
    スプレンダー*ファンタスティックライト
    *ブロードチョイス
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2022-11-23公開

    放牧風景【奥山ファーム】
  • 2022-10-21公開

    2022年当歳馬募集開始直前動画<立ち/歩様>※音あり
  • 2022-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-09-23公開

    放牧風景<2022年当歳馬/10月1歳馬先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2022年11月
     奥山ファームで夜間放牧中。10月中旬に離乳を終えて、11月中旬現在、午後2時から放牧を開始して、翌朝の7時に集牧するスケジュールで夜間放牧が行われている。奥山代表は「離乳後も出来が落ちることはなく、父の産駒にしては身体がしっかりあるのがいいですね。腹袋もしっかりあって、最近はどんどん身体に幅が出てきています。成長は順調そのものですよ」とのこと。馬体は当歳11月期としては平均以上のサイズでバランスが整っており、骨太で、骨格がしっかりしている。繋ぎにはいい意味での緩さと柔軟性があり、放牧地で見せる、一歩毎に上に浮くような滞空時間の長いしなやかな脚の運びが目立っている。
  • CATALOG TEXT
     上手く言葉で表現できないが、これが良質馬だけが醸し出すことができるオーラなのだろうか。勿論、当歳馬らしく幼さを残す馬体なのだが、パンフレットに掲載された写真や動画からは将来の完成された馬体が目に浮かぶようだ。
     父はシルバーステート。受胎条件80万円からスタートした種付料は、初年度産駒の活躍を受けて2022年シーズンは600万円になったが、国内最多の200頭の繁殖牝馬を集めた人気種牡馬だ。「排気量の大きさで言うと、今まで乗った馬の中で間違いなく一番。その評価はコントレイルと出会った今でも変わりません(2021年JRA-VANインタビューより)」と福永騎手に言わしめた規格外のエンジン性能を産駒に良く伝え、初年度産駒からは、牝馬クラシック戦線を引っ張ったウォーターナビレラをはじめ、レコードを連発した無傷の2連勝馬ロン、プリンシパルS優勝セイウンハーデスらを送り出している。
     一方の母系は2001年BCディスタフで豪快な追い込みを決めたアンブライドルドエレインに遡る名門ファミリー。その広がりはブラックタイプでご確認いただきたいが、米国年度代表馬エーピーインディ、そして全欧年度代表馬ファンタスティックライトの血を重ねられた母スプレンダーの血統的なスケールは、実に大きい。
     フェイマス6は4月生まれの当歳馬としてはボリュームのある身体つきで、均整の取れた安定感のあるシルエットに骨量に恵まれたフレームの確かさ、そして伸びのある背中のラインが素材の確かさを印象付ける。
     「武器はバネ。放牧地では牡馬らしく仲間と相撲をとったり、走りまわったりしていますが、バネの効いた素晴らしい動きをします」と奥山牧場マネージャーの渕瀬さんの言葉も弾む。スケールの大きな母系に、新進気鋭のシルバーステートの血を迎えて誕生したフェイマス6。両者の良さが現れた好馬体に期待が膨らむ。きっとスケールの大きな走りでターフを沸かせてくれるに違いない。