*シニスターミニスター
x
ノースパストラル
(母父 キングヘイロー)
募集総額 1500万円 / 募集口数 1000
(一口金額 1.5万円)
募集中


鹿毛

2022-05-07生
現当歳

高昭牧場生産・提供

関東 和田勇介 厩舎予定

早期割引一括払い :2023年8月末まで 5%割引
( 14,250円 )
2023年11月末まで 3%割引
( 14,550円 )
*2023年12月以降割引なし
分割払い :2023年8月末まで 3%割引
( 14,550円 )
*2023年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:600円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:480円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2022年8月時撮影
  • *シニスターミニスターOld Trieste
    Sweet Minister
    ノースパストラルキングヘイロー
    ブランピュール
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2022-11-23公開

    放牧風景【高昭牧場分場】
  • 2022-10-21公開

    2022年当歳馬募集開始直前動画<立ち/歩様>※音あり
  • 2022-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-09-23公開

    放牧風景<2022年当歳馬/10月1歳馬先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2022年11月
     高昭牧場分場で日中放牧で管理されている。11月の初めに離乳して、それまで過ごしていた分場とは別の場所にある分場の放牧地で、同時期に離乳した4頭で放牧されている。上山専務は「離乳の際は最初だけ若干鳴きましたが、結構、身体も大きくなってきていたので、母仔共、お互いに『ちょっと清々した』みたいな感情があるのかと想像してしまう位、あっさりしてました。すらりと伸びのある体型は変わらないですが、馬体は徐々にふっくらとして充実してきました。和田調教師も3週間からひと月に一度のペースで牧場に足を運んでいただき、本馬をご覧いただいてますよ」とのことだ。11月上旬時点の馬体重は294キロ。
  • CATALOG TEXT
     昨年のレパードSを3馬身差で勝利したメイショウムラクモの半妹が登場だ。
     父シニスターミニスターは、昨年の最優秀ダート馬テーオーケインズを輩出したご存知ダートのトップサイアー。昨年度のJRAダートサイアーランキングこそ3位だが、ダート戦への産駒出走頭数は、1位ヘニーヒューズが207頭、2位ロードカナロアが215頭なのに対して128頭と極端に少ない。そのため2022年のセレクトセール、セクションセール、サマーセールの3つの市場では、頭数の限られた産駒の激しい争奪戦が繰り広げられた。結果、上場された27頭はすべて売却。その取引合計金額は4億3406万円にも上る。
     フェイマス5は、一見するとスラっと背が高く、やや細身の体型。しかし、容量の大きな後躯や肩に良質な筋肉が凝縮しており、歩かせるとクビを上手に使って全身の筋力を推進力へ変換させているのが見てとれる。これは父の産駒の特徴であり、そして、芝並みのスピードが求められる日本のダート競馬に適している体型だ。父の初年度産駒で、まだ特徴の掴み切れていなかったデビュー数戦を芝で走った元クラブ所属馬のインカンテーションにも同様の特徴が見られたことを思い出す。
     母ノースパストラルは2歳秋にデビュー。2戦目で勝ち上がると、オークスを目指して年明けの若駒Sへと挑戦した。さすが新馬、コスモス賞を連勝し、阪神JFでは3着したブランピュールの愛娘。大きな故障に悩まされた現役時代は期待に100%応えたとは言い難いものの、引退後、母として重賞勝馬を送り出して牧場に笑顔を届けている。その母にシニスターミニスターを配した牧場の意図は明確そのもの。そして母の父として再ブレイク中のキングヘイローの名前も心強い。
     1番のセールスポイントは、という問いに「夜間放牧でもまったくバテることない体力」と牧場サイドに言わしめたスタミナとタフネスぶりをぜひ競馬場で発揮して、さらなる笑顔を牧場に、そして会員の皆さんへ届けたい。