ドゥラメンテ
x
クードメイトル
(母父 ヴィクトワールピサ)
募集総額 3300万円 / 募集口数 1000
(一口金額 3.3万円)
満口


鹿毛

2022-02-15生
現1歳

谷川牧場生産・提供

関西 吉岡辰弥 厩舎予定

早期割引一括払い :2023年8月末まで 5%割引
( 31,350円 )
2023年11月末まで 3%割引
( 32,010円 )
*2023年12月以降割引なし
分割払い :2023年8月末まで 3%割引
( 32,010円 )
*2023年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
分割払い表
※満口馬のため自動見積もり機能はご利用いただけません
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:600円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1056円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2022年9月時撮影
  • ドゥラメンテキングカメハメハ
    アドマイヤグルーヴ
    クードメイトルヴィクトワールピサ
    *ドリームオブジェニー
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年12月

    2022年12月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2023-01-23公開

    放牧風景【谷川牧場第一分場】
  • 2022-12-10公開

    立ち・歩様【谷川牧場第1分場】
  • 2022-10-21公開

    2022年当歳馬募集開始集売り出し開始直前動画(立ち・歩様)
  • 2022-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-09-23公開

    放牧風景<2022年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • 2022-06-15公開

    クードメイトル母仔の放牧風景
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2023年1月
     1月中旬現在、谷川牧場第一分場で夜間放牧が行われている。スタッフは「時期的には、比較的成長が落ち着く馬も多い頃合いですが、本馬は、この中間もいくらか上背が伸びた感じで、体重も8キロ増えています。元々、骨格がしっかりしているタイプですが、最近も、初仔を全く感じさせない馬体の充実ぶりで、これからどんどん力強い身体に成長しそうですね。クードメイトルの仔という事でも、そしてドゥラメンテのラストクロップという事でも期待のとても大きな馬ですが、バランスの良い成長振りで、その両方の良さがしっかり出ていると思います」とのことだ。1月18日現在の馬体重は370キロ。
    2022年12月
     12月中旬現在、谷川牧場第一分場で夜間放牧が行われている。スタッフは「順調に身体が成長して、放牧地の中でもかなり身体が大きい方になりました。上背も伸び、胴伸びも出て、グングン成長しています。今年のクラブ提供の当歳は3頭ともあか抜けて見えて、当歳12月期としては3頭共にトップクラスの立派な馬体をしています。本馬は骨格がしっかりしているので、今後もクセのない順調な成長を遂げていくと予想しています。そして、先月辺りは放牧地では結構な“お転婆娘ぶり”を見せていましたが、最近は結構落ち着きが出てきたように感じます」とのことだ。12月12日時点の馬体重は362キロ。
    2022年11月
     谷川牧場大野分場で放牧され、離乳後、10月13日に谷川牧場第二分場へ移動。さらに11月14日に谷川牧場第一分場へ移動し、中旬現在、午前10時に放牧を開始して、翌朝5時に集牧するスケジュールの夜間放牧で管理されている。スタッフは「本馬は母の初仔ですが、それを全く感じさせない立派な馬格に出ています。ガッチリと肉付きして、この血統らしく大きくなってきそうですね。祖母のドリームオブジェニー同様、クードメイトルも仔出しのとても良い繁殖になりそうです。性格は結構な”お転婆娘”で、いつも放牧地では元気いっぱいに遊んでいます。その辺りはドゥラメンテが出ているように感じます」とのことだ。
  • CATALOG TEXT
     タイトルホルダー、スターズオンアース、そしてドゥーラ。近代競馬の結晶と呼ばれたドゥラメンテは種牡馬としても期待以上の成績を残した。初年度から3世代連続重賞勝利。モーリスやリオンディーズといったライバルを抑えて新種牡馬チャンピオンに輝くと、翌年もセカンドクロップサイアー1位。そして今年もサードクロップサイアー1位をほぼ確実にしている。現役時代は9戦5勝2着4回(海外1戦含)。国内で敗れた3戦もメンバー最速の上がりを記録し、対キタサンブラックは3戦3勝。レース前に右前脚を落鉄し、そのまま走らざるを得なかったドバイSCでもポストボンドの2着。そして現役引退後は、キングカメハメハ×アドマイヤグルーヴという“約束された血”を開花させた。ところが、将来のチャンピオンサイアーという未来が見え始めた矢先の昨夏、急性大腸炎で死亡。募集本馬フェイマス3はそのラストクロップの1頭となってしまった。
     フェイマス3は、クードメイトルの初仔。母は、1歳時に疝痛による開腹手術を受け、また大型馬ゆえに仕上がりが遅れたが、そのデビュー戦で牡馬の経験馬を相手に楽勝。デビュー3戦目の出石特別では、後の日経新春杯勝馬で大阪杯2着のモズベッロを完封し、陣営に「勝った馬(クードメイトル)が強すぎた」と言わしめた。その後、故障のため1年以上の休養を経て復帰したものの1戦で故障が再発して無念の引退となったのは、会員の皆様もご存じの通りだ。競馬に『たら、れば』は禁物だが、それでも歯車が噛み合っていればという思いは、今でも禁じ得ない。だからこそ、曳かれて目の前に現れたフェイマス3を見た瞬間、どこかで、歯車が“ガチッ”と噛み合った音が聞こえた気がした。
     「いろいろなアクシデントがあったから仕方がないとは言うものの、クードメイトルは本当に残念だった。母の無念を晴らしてほしい。それだけの馬だと思っている」と谷川貴英代表が言葉に力を込めた。