*シニスターミニスター
x
*マンテラライ
(母父 Catcher In The Rye)
募集総額 3300万円 / 募集口数 1000
(一口金額 3.3万円)
満口


鹿毛

2022-03-08生
現1歳

谷川牧場生産・提供

関西 清水久詞 厩舎予定

早期割引一括払い :2023年8月末まで 5%割引
( 31,350円 )
2023年11月末まで 3%割引
( 32,010円 )
*2023年12月以降割引なし
分割払い :2023年8月末まで 3%割引
( 32,010円 )
*2023年9月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
分割払い表
※満口馬のため自動見積もり機能はご利用いただけません
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:600円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1056円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2022年9月時撮影
  • *シニスターミニスターOld Trieste
    Old Trieste
    *マンテラライCatcher In The Rye
    Stormy Mailgirl
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年12月

    2022年12月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2023-01-23公開

    放牧風景【谷川牧場第二分場】
  • 2022-12-10公開

    立ち・歩様【谷川牧場第2分場】
  • 2022-10-21公開

    2022年当歳馬募集開始直前動画<立ち/歩様>※音あり
  • 2022-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-09-23公開

    放牧風景<2022年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2023年1月
     1月中旬現在、谷川牧場第二分場で夜間放牧が行われている。スタッフは「今年は雪が降ってもすぐに融けてしまって積雪が本当に少なく、年明け以降も1月2週目まで放牧地に雪がない状態でしたが、1月15~16日の2日間でドカッと降って積もったので、放牧地はクッションの利いた状態で、馬の蹄にとっても、いいコンディションです。放牧中はフェイマス1と一緒にいることが多いですが、結構ヤンチャな性格のフェイマス1と比べると、周りをよく見ている感じがします。このひと月でも10キロ以上身体が増え、クビから肩にかけて、さらに厚みが出てガシッとしてきました」とのことだ。1月18日現在の馬体重は407キロ。
    2022年12月
     12月中旬現在、谷川牧場第二分場で夜間放牧が行われている。スタッフは「母の仔は、これまでの兄姉達もそうでしたが、どの仔もしっかり身体が出来てきます。本馬も成長振りは言う事なしで、無口も当歳馬用はもうキツくて、1歳馬用の無口を使っています。当場の当歳馬の中でも一番の身体の大きさですよ。ここまでのところ、怪我や風邪を引いたりすることもなく、まさに健康優良児といったところで、馬体も張りがあって体調の良さが伝わってきます。中間には清水調教師が来場されて、成長振りを確認していただきました。とても満足されていたご様子でしたよ」とのことだ。12月12日時点の馬体重は393キロ。
    2022年11月
     谷川牧場大野分場で放牧され、離乳後、10月13日に谷川牧場第二分場へ移動した。11月中旬現在、夜間放牧で管理されており、勾配のある広い放牧地を元気に走り回っている。スタッフは「離乳してすぐは、普通飼葉食いが悪くなりますが、この馬はすぐに食べてくれたので、精神的に強いところがあると思います。身体は幅があって骨量にも恵まれ、胴伸びもあるので、血統背景も併せて考えると、やはりダートの中距離くらいが向いていると思います。同期の中でも馬っぷりが目立ちますし、11月7日に来場された清水久詞調教師も、本馬の成長振りを直接確認して、大変満足されていたご様子でした」とのことだ。
  • CATALOG TEXT
     新馬戦を逃げ切ったファンジオ。そして今夏のJRA北海道シリーズでも道営所属の2歳馬がクローバー賞とすずらん賞を優勝するなど、レベルの高さで知られるホッカイドウ競馬でJRA認定アタックチャレンジ競走を勝ったパレルモの異父弟が登場だ。
     募集本馬フェイマス2の母マンテラライは南米アルゼンチンでGI入着4回の活躍馬で、ダート2000mで行われたアルゼンチンオークスで3着したようにダート適性の高さを示す。そのマンテラライの配合相手に「満を持して」(谷川貴英代表)選んだのが、インカンテーションや昨年のJRA賞最優秀ダート馬テーオーケインズを送り出すシニスターミニスターだ。
     同馬の現3歳世代牡馬産駒はJRAで36頭がデビューし、6頭の新馬勝ちを含め22頭が勝ち上がり、勝馬率は61.1%にもなる。同世代の牡馬全体の勝馬率は約35%であり、突出した数字と言っていいだろう。種牡馬としてベテランの域に入ってなお凄みを増すシニスターミニスター。勿論、目の肥えた関係者がそれを見逃す筈はなく、今年のセレクトセールで産駒は7000万円を超える評価を受け、北海道市場でも6820万円で取引されたのを筆頭に上場全馬が売却されており、今年のサマーセール終了時点でも、1歳市場で27頭連続売却中の大人気ぶりだ。
     「マンテラライには、一度シニスターを配合して、思う存分にダートに振った仔をと思っていました。シニスターもだいぶ高齢になってきているので、チャンスはそれほど多くないと思い、昨春に種付けをして、そしてイメージしていた通りの素晴らしい出来の牡馬が、生まれました。筋肉の質など父の特徴を良く受け継いでいる上に、性格も競走馬向きです」と谷川さん。谷川牧場生産のシニスターミニスター産駒と言えば、やはりインカンテーションの名が浮かぶ。その先輩の背中を追いかけて、追い越すような活躍。期待されるハードルは高いが、“やってくれそうな”予感がヒシヒシとする砂のスター候補生だ。