*ニューイヤーズデイ
x
イザベルドスメーン
(母父 スペシャルウィーク)
募集総額 1200万円 / 募集口数 200
(一口金額 6万円)
募集中 近日締切


栗毛

2022-03-09生
現2歳

米田牧場生産・提供

関東 小西一男 厩舎予定

×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:3000円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1920円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年6月時撮影
  • *ニューイヤーズデイ*Street Cry
    Justwhistledixie
    イザベルドスメーンスペシャルウィーク
    エリザベスローズ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年4月

    2024年4月

  • 2024年2月

    2024年2月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年12月

    2023年12月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年10月

    2023年10月

  • 2023年8月

    2023年8月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-04-25公開

    調教風景【荻伏共同育成場】
  • 2024-04-02公開

    立ち・歩様【荻伏共同育成場】
  • 2024-02-12公開

    立ち・歩様【荻伏共同育成場】
  • 2024-01-19公開

    調教風景【荻伏共同育成場】
  • 2023-12-20公開

    立ち・歩様【荻伏共同育成場】
  • 2023-11-25公開

    立ち・歩様【荻伏共同育成場】
  • 2023-10-22公開

    TFC2023年秋募集馬見学ツアー展示風景※BGM有
  • 2023-09-29公開

    立ち・歩様【米田牧場分場】
  • 2023-08-27公開

    放牧風景【米田牧場分場】
  • 2023-08-09公開

    1歳馬展示会個体展示風景※音声有
  • 2023-07-13公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-07-07公開

    放牧風景<TFC2023年1歳馬募集先行動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024-05-21
     荻伏共同育成場で調整されています。21日現在、屋外ダートトラックでダクとハロン18~20秒程度のキャンター2800~3200mほどを乗られています。伊藤場長は「骨瘤のせいで、冬の間は調整予定がすっかり狂ってしまいましたが、様子を見ながら、ここにきてようやくペースと距離を戻せつつあります。骨瘤も今のところ落ち着いており、出来ればこのままペースを上げて軌道に乗せていきたいところです」とのことでした。
    2024-05-14
     荻伏共同育成場で調整されています。14日現在、屋外ダートトラックでダクとハロン22~23秒程度のキャンター2800mほどを乗られています。伊藤場長は「中間はキャンターの距離を2800mにまで延ばしており、馬場に出るとスイッチが入って気合の乗ったいい走りをしています。右前脚の骨瘤は、見た目には大きいままで変化はないですが、痛みはなく、触診しても気にする様子もありません。このまま進めていきます」とのことでした。
    2024-04-30
     荻伏共同育成場で調整されています。30日現在、屋外ダートトラックでダクとハロン22~23秒程度のキャンター2000mほどを乗られています。伊藤場長は「中間は少しずつペースを上げていますが、右前脚の骨瘤は落ち着いて中間も変わりなく、このまま進めていけそうです。馬は普段は大人しくて、のんびりしていますし、傍に友達がいなくて1頭になると寂しくて嘶いたりと精神的にまだ幼いところもありますが、馬場に入るとスイッチがしっかり入って前進気勢もしっかりあります。集団の先頭でも平気ですよ」とのことでした。
    2024-04-16
     荻伏共同育成場で調整されています。引き続き、屋内ダートコースでダクとハロン25秒のキャンターを乗られたのち、先週の土曜日からは屋外ダートトラックで乗り出しており、16日現在、ダクとハロン25秒程度のキャンター2000mほどを乗られています。伊藤場長は「中間、右前脚の骨瘤は痛みもなく、触診反応もありませんが、まだ時折、調教後に熱を持つことがあるので、今はまだ徐々にキャンターの距離を延ばしつつ様子を見ているところです。このまま骨瘤が固まるのを待ちつつ進めていきます」とのことでした。
    2024-04-02
     荻伏共同育成場で調整されています。引き続き、右前脚の骨瘤の様子を確認しながら屋内ダートコースで乗られており、2日現在、ダクとハロン25秒のキャンター800mを乗られています。伊藤場長は「中間は装蹄師と相談をして蹄鉄を履かせており、屋内ダートでハロン25秒程度のキャンター800mを乗っていますが、右前の骨瘤については、触診反応も見られなくなりました。そろそろ固まってきたかなという感じですので、この後、徐々にペースを上げていけそうです」とのことでした。
    2024-03-19
     荻伏共同育成場で調整されています。中間は、右前脚に出来た骨瘤の様子を確認しながら、引き続き、屋内ダートコースでダクを乗られ、19日現在、若干ペースを上げて、屋内ダートコースでダクとハロン25秒のキャンター600mを乗っています。伊藤場長は「その後も暫くダクで様子を見て、調教後には水冷を引き続き行ってケアを継続していましたが、骨瘤は痛みも熱感もなく、マズマズ小康状態のような感じだったので、無理のないように、まずはゆっりとしたペースのキャンターで600mほどを乗り出しました。骨瘤については、もう固まったと迄は言えませんが、様子を見ながら乗り進めていこうと思います」とのことでした。19日現在の馬体重は479キロ。
    2024-03-05
     荻伏共同育成場で調整されています。右前脚の骨瘤の様子を見ながら、引き続きウォーキングマシン運動で様子を見て、先週からは騎乗運動を再開しました。5日現在、屋内ダートコースでダクを乗られています。伊藤場長は「ウォーキングマシン運動で様子を見ていましたが、だいぶ骨瘤が落ち着いてきたので、先週からダクを乗り始めました。ただ、乗り出すと、若干右前脚の骨瘤はチクチクするようで、水冷は引き続き行ってケアしています。もう暫くはダクで進めて様子を見ていきます」とのことでした。
    2024-02-20
     荻伏共同育成場で調整されています。引き続き、右前脚に骨瘤の様子を見ながら調教は休むことなく軽めの内容で乗り進めていましたが、骨瘤が大きくなってチクチクして気にしているため、一旦運動はお休みして楽をさせ、20日現在、ウォーキングマシン運動に留めています。伊藤場長は「右前の骨瘤は、今も強く触診して押すと嫌がりますが、休ませてからは骨瘤は大きくなっておらず、落ち着いてきています。もう暫くウォーキングマシン運動に留めて様子を見て行きますが、このまま骨瘤が固まってくれるといいですね」とのことでした。20日現在の馬体重は480キロ。
    2024-02-06
     荻伏共同育成場で調整されています。中間も屋内ダートコースでダクと左右手前を替えながらキャンター2800~3200mを乗られ、屋根付き坂路ではハロン18秒ペースで乗られていましたが、先週後半になって右前脚に骨瘤が出てきたため、6日現在、屋内ダートコースで軽めに乗っています。伊藤場長は「先々週から調教ペースも上げて結構快調に乗っていましたが、先週後半に骨瘤が出てしまいました。骨瘤の出た右前脚には水冷とアップタイトを塗ってケアをしていて、今日の段階では触診するとまだ少し気にする感じは見せますが、調教は休みなく軽めで乗っています。暫くは骨瘤の様子を見ながら進めます」とのことでした。
    2024-01-23
     荻伏共同育成場で調整されています。23日現在、屋内ダートコースではダクと、左右手前を替えながらキャンター2800~3200mを乗られ、屋根付き坂路ではハロン20秒ペースで乗られています。伊藤場長は「中間も順調に乗り込めており、普段は大人しくてのんびりした性格ですが、跨ってコースに出るとクビを使って走り、グッと気持ちが乗ってきます。上手く馬自身がオンオフを切り替えながら進めることが出来ています」とのことでした。23日現在の馬体重は488キロ。
    2024-01-09
     荻伏共同育成場で調整されています。年末年始で3日間ほど楽をさせたものの、中間も乗り込みを進められており、1月9日現在、屋内ダートコースと屋根付き坂路で進められ、坂路ではハロン20秒ペースで乗られています。伊藤場長は「馬体は、上背はそこまで大きくないですが、幅があって身が詰まっている感じで、そしてトモが良い馬です。ここまでのところ前向きな気性も良い方に向いているし、馬体や重心の低い走りにもニューイヤーズデイ産駒らしさを感じます」とのことでした。
    2023年12月
     荻伏共同育成場で調整されている。中間は屋外ダートトラックと屋根付き坂路を使ってハロン22~23秒程度のキャンター2000~2400m程を乗り込まれ、12月10日以降は屋内ダートコースと屋根付き坂路で乗り込まれている。伊藤場長は「今年は例年にない暖かさで、12月上旬一杯迄は外の馬場で乗る事が出来ましたが、流石に雪がドカッと降って気温が下がった11日以降は外馬場も使えなくなり、屋内コースで乗っています。牝馬ながらボリュームある身体つきで、中間ややペースを上げましたが、行く気を前面に出して動きます。馬力もあって、乗り手の感触も上々ですよ」とのことだ。12月14日時点の馬体重は483キロ。
    2023年11月
     11月中旬現在、荻伏共同育成場の屋内ダート馬場を使い、ダクとハロン25~30秒程度のキャンター1200mほどを乗られている。伊藤場長は「この中間は、徐々に運動量を増やしています。まだゆったりとしたペースですが、いいフットワークをしていますよ。牝馬にしては線の細さがなく骨量も十分で、飼葉食いもしっかりしていますし、調教中も精神的にどっしりとして安定感がありますね」とのこと。なお、父ニューイヤーズデイは10月中旬以降でも4頭が勝ち上がり、JRA勝馬11頭と2桁に到達。JRA新種牡馬ランキングはスワーヴリチャード、ブリックスアンドモルタルに次ぐ3位につけている。11月上旬の馬体重は470キロ。
    2023年10月
     引き続き米田牧場分場で放牧され、9月30日に荻伏町の荻伏共同育成場へ移動した。中間は馴致を終えて、10月中旬現在、屋内ダート馬場でダクとハッキングを乗られている。米田牧場の米田専務は「育成先を荻伏共同育成場に変えましたが、早めに本州へ送り出したい考えは変わりありません。父の本邦初年度産駒は、秋を迎えて本領発揮の様相で、9月3勝、10月も半ば迄で既に3勝と、ひと月半で6頭が中央の芝、ダートの両方で勝ち上がってます。夏は勝ち上がり1頭と出足ひと息でしたが、米最優秀3歳牡馬マキシマムセキュリティ輩出の実績は伊達じゃないですね。本馬も楽しみです」とのことだ。9月下旬の馬体重は464キロ。
    2023年9月
     9月中旬現在、三石町の米田牧場分場で夜間放牧中。米田専務は「8月は暑さが尋常ではなく、後半は雨も殆ど降りませんでしたが、9月になって、ある程度まとまった雨が降って青草も伸びました。その青草を食んで身体はしっかり成長しています。中間、肩周りを中心に筋肉量が増えて前駆が一層逞しくなりました。クビが太くて、特徴的なメリハリのある馬体です。8月後半に来場した小西調教師に状態を確認していだき、大変喜んでおられました。身体もだいぶ出来てきたので、9月末頃には育成場へ送り出す予定で、育成は三石の三石共同育成場で開始し、順調に進めば早めに本州へ送り出したいとも考えています」とのことだ。8月末の馬体重は464キロ。
    2023年8月
     8月中旬現在、三石町の米田牧場分場で夜間放牧中。米田専務は「大体朝9時頃に放して、翌朝5時に集牧するスケジュールで夜間放牧を行っています。体重は同時期のアルプスオジョーとほぼ変わらないですが、上背は姉より低いです。その分、幅がしっかりあり、バランス的には却って丁度いい位で、そして如何にもダート向きのアルプスオジョーより動きが柔軟です。力強さと切れ味がバランスよく備わっている感じで、ニューイヤーズデイの良さが、狙い通りに出てくれました。芝ダート問わず、マイルから1800m位が良さそうだと見ています」とのことだ。7月末の体高157cm、胸囲182cm、管囲21.0cm、馬体重は467キロ。
  • CATALOG TEXT
     パイロ産駒の半姉エボルブ8ことアルプスオジョーがデビューに向けて順調だ。牝馬ながら500キロ超の馬格を誇り、今年3月には美浦近郊の育成場へ移動。ゲート練習も順調にこなし、既に入厩の話も持ち上がっている。今回、ご紹介するフェイマス16はその半妹。1歳5月末の馬体重は443キロと同時期の姉に負けず劣らず雄大で、そして姉よりも骨太。そして筋肉量的にもさらに恵まれた迫力の馬体の持ち主だ。
     父ニューイヤーズデイは米ブリーダーズCジュヴェナイルの優勝馬。同世代に無敗でGⅠキャッシュコールフューチュリティを圧勝したシェアードビリーフがいたために2歳牡馬チャンピオンのタイトルは逃がし、またBCジュヴェナイル後に骨折が判明したため3歳春からスタッドインとなったが、2世代目産駒から稀代の名馬マキシマムセキュリティ(2019年米エクリプス賞3歳牡馬チャンピオン)やGIクレメントLハーシュS優勝馬ファイティングマッドを送り出した。その父は歴史的名牝ゼニヤッタ(北米賞金女王)やウインクス(GI勝利数世界1位)を送り出し「競馬の歴史を変えた」とまで言わしめたストリートクライ。マキシマムセキュリティの活躍を受ける形で2019年に日本に導入されたニューイヤーズデイは、2020年シーズンから社台SSで供用を開始。現2歳馬が本邦初年度産駒となる注目の新種牡馬だ。
     父を配合した理由について「芝でも、ダートでも楽しめそうだから」と米田牧場専務の米田剛文さん。フェイマス16は、重厚感がありながら前肢がしなやかに伸びる。それは背中が柔らかく、膝関節や股関節も柔軟に動かせるからだろう。その辺りはニューイヤーズデイの特徴がよく出ており、米田さんの狙いがズバリ表現されている。「放牧地の動きは柔らか味を感じます。ダートの走りも楽しみですが、牝馬ですから3歳春は芝のマイルから中距離で活躍してほしいですね」と米田さん。その胸は期待で大きく膨らんでいる。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 154cm / 胸囲 179cm / 管囲 20.5cm
[Famous] Line up