*マジェスティックウォリアー
x
アンヌ
(母父 *タイキシャトル)
募集総額 1200万円 / 募集口数 200
(一口金額 6万円)
募集中


鹿毛

2022-04-13生
現2歳

中島牧場生産・提供

関東 矢野英一 厩舎予定

×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:3000円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1920円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年6月時撮影
  • *マジェスティックウォリアーA.P. Indy
    Dream Supreme
    アンヌ*タイキシャトル
    ジャミーラ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年2月

    2024年2月

  • 2023年12月

    2023年12月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年10月

    2023年10月

  • 2023年8月

    2023年8月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-03-05公開

    調教風景【BTC】
  • 2024-02-10公開

    立ち・歩様【チェスナットファーム】
  • 2024-01-23公開

    調教風景【BTC】
  • 2023-12-16公開

    調教風景【BTC】
  • 2023-12-07公開

    立ち・歩様【チェスナットファーム※BTC内】
  • 2023-11-15公開

    立ち/歩様【チェスナットファーム】
  • 2023-09-29公開

    放牧風景【中島牧場分場】
  • 2023-08-27公開

    放牧風景【中島牧場分場】
  • 2023-08-09公開

    1歳馬展示会個体展示風景※音声有
  • 2023-07-13公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-07-07公開

    放牧風景<TFC2023年1歳馬募集先行動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024-04-16
     チェスナットファームで調整されています。16日現在、BTCの屋内1000mウッドチップ坂路と屋外1600mダートトラックを併用して進められており、坂路では、引き続き週2日15-15を乗られています。スタッフは「中間も順調に週2回の15-15をこなしながら乗り込みを進められています。最近は身体つきから子供っぽさが抜けて、全身のシルエットがだいぶ良くなってきたと思います。マジェスティックウォリアー産駒なので、適性はやはりダート寄りだと思いますが、馬体もそこまでムキムキという感じでなく、結構スピードがあるので、中央の軽い砂向きかなと思います」とのことでした。16日現在の馬体重は513キロ。
    2024-04-02
     チェスナットファームで調整されています。2日現在、BTCの屋内600mダートコースと屋内1000mウッドチップ坂路、屋外1600mダートトラックを併用して進められており、坂路では週2日15-15を乗られています。スタッフは「先週から冬季クローズが解除された屋外1600mダートトラックも併用して順調に乗り進めています。この中間も坂路で週2本15-15を入れながら身体は減っておらず張りのある馬体をキープしていて、体調も良好です」とのことでした。
    2024-03-19
     チェスナットファームで調整されています。引き続き、BTCの屋内600mダートコースと屋内1000mウッドチップ坂路を併用してしっかり乗り込まれており、中間はさらに負荷を上げて坂路で週に2日は15-15を乗られています。スタッフは「中間は週2本15-15を入れており、調教の負荷は上がってますし、身体もしっかり使って走っていてしっかりと汗をかいてもいますが、この間、体重はまた増えて、今で513キロあります。どちらかと言うと、やや関節が緩いところがある馬ですが、身体を大きく使って走ることで、そこを自分でカバーして、しっかり動けていますよ」とのことでした。19日現在の馬体重は513キロ。
    血統アップデート2024-03-11
    半姉シルヴァーゴースト(牝4歳 父トビーズコーナー)が3月10日の中山競馬12R、4歳以上1勝クラス・ダート1200mで優勝しました。
    2024-03-05
     チェスナットファームで調整されています。5日現在、BTCの屋内600mダートコースと屋内1000mウッドチップ坂路を併用し、坂路では16-16で乗られています。2日には坂路の2本目で19.4-16.8-16.4を計時しました。スタッフは「先々週の週末から坂路調教を再開して、現在は16-16ペースで坂を上がっています。先週の坂路でのクラブ動画撮影では、単走で上げて終いはやや甘くなりましたが、それでも1頭でまずまず集中して走れていました。体調面で気になる点はなく、このまま進めていけそうです」とのことでした。
    2024-02-20
     チェスナットファームで調整されています。先週から調教を再開しており、20日現在、BTCの屋内600mダートコースで乗られています。スタッフは「先週から調教を再開しました。最初は身体をほぐすような感じで徐々に進めて、今週からは600m周回コースで進めています。体重は500キロを超えていますが、お腹周りはシュッとして太目感は全くなく、中身が詰まってきたのかなと感じています。それと最近はトモが大きくなってきました。この時期にしては毛艶がとても良く、体調がいい証拠でしょう。今週末くらいからは、坂路調教を再開していきます」とのことでした。20日現在の馬体重は505キロ。
    2024-02-06
     チェスナットファームで調整されています。先週からはひと息入れて楽をさせており、2月6日現在、BTC内の厩舎から本場に移動しており、ウォーキングマシン運動が行われています。スタッフは「先月1度熱発して数日調教をお休みしましたが、それ以外はコンスタントに乗り込みを続けてきたので、2~3週間程度の予定で楽をさせています。先月の熱発もウチへ来てから初めてのことでしたし、ずっと乗って来てそろそろ疲れが出て来る頃合いだと思うので、いい休養になっていると思います」とのことでした。
    2024-01-23
     チェスナットファームで調整されています。23日現在、BTCの屋内600mダートコースと屋内1000mウッドチップ坂路を併用し、坂路では15-15で乗られています。23日には坂路の2本目で18.8-15.8-15.2を計時しています。スタッフは「先週熱発して2日間ほど調教をお休みしましたが、すぐに調教は再開しており、今朝も坂の2本目を18-15-15で行っています。最近はマジェスティックウォリアー産駒らしいシュッとした体型になってきました。あとは現状、坂路だと動けていますが、まだ節々が結構緩いです。その辺を含めて馬がしっかりしてくると、走りはもっと良くなると思います」とのことでした。
    2024-01-09
     チェスナットファームで調整されています。1月9日現在、BTCの屋内600mダートコース、屋内1000mウッドチップ坂路、屋内1000mウッドチップ直線コースを日替わりで併用し、坂路では15-15で乗られています。スタッフは「この仔は年内は12月30日までBTCで乗って、年明けも1月2日から乗り出しています。メニュー的にも600mトラックではキャンターの距離も3000mに延ばしていて、坂路も15-15までペースアップしていますが、父の産駒らしく気がいいタイプで、ペースアップしたメニューもスイスイこなしています。体力的にも徐々に備わってきているのを感じますね。あと、ちょっと気になるのは、最近、繋ぎを擦って歩くような感じになっており、瘡蓋が出来てしまっているので、バンテージを巻いて予防しています」とのことでした。1月9日現在の馬体重は494キロ。
    2023年12月
     チェスナットFで調整中。引き続き、BTCで乗り込まれており、12月中旬現在、屋内600mダートコース、屋内1000mウッドチップ坂路、屋内1000mウッドチップ直線コースを日替わりで併用し、坂路ではハロン18~20秒のキャンターで乗られている。スタッフは「11月下旬から坂路調教を開始し、週2~3日は坂路をハロン18~20秒ペースで乗っています。身体が締まってきましたが、体重は10キロほど増えて、馬体の張りや毛艶も抜群です。12月初めには矢野調教師が来場し、状態を確認されました。父の産駒らしい気持ちの強さがあり、日に日に前進気勢が強くなってきました」とのことだ。12月上旬の馬体重は488キロ。
    2023年11月
     チェスナットファームで調整されている。中間は馴致をスムーズに終えたのち、BTCで乗り込みを開始しており、11月中旬現在、1歳馬の集団調教にて、BTCの屋内1000mウッドチップ直線コースでハロン20秒程度のキャンター3000mを乗られている。スタッフは「中間はBTCで乗り込みをスタートさせていますが、馴致から結構堂々としていましたし、調教中も素直で物見もせず、しっかり乗り込むことが出来ています。このひと月で体重は変わりありませんが、乗りながら胸前や肩が少しずつがっしりとしてきました。たぶん11月末辺りからは坂路でも調教を開始できそうです」とのことだ。11月中旬現在の馬体重は477キロ。
    2023年10月
     中間は、引き続き中島牧場分場で夜間放牧で管理されたのち、10月9日に浦河町・BTC近郊のチェスナットファームへ移動した。中島代表は「中間、さらに上にも横にも成長して、身体が大きく立派になりましたし、一段と力が強くなって、最近は、引っ張られると曳き手を持っている手が痛くなるくらいでした。10月9日にチェスナットファームへ移動しました」とのことで、チェスナットファームの担当者は「到着後、まずは馬がこちらの環境に馴染むのを待ってから馴致をスタートさせています。見た目にまだトモの高い体型で、身体はこれからまだ成長してきそうですね」とのことだ。10月中旬現在の馬体重は477キロ。
    2023年9月
     9月中旬現在、中島牧場分場で夜間放牧が行われている。中島代表は「雷が鳴りそうな日は早めに馬房に戻しますが、それ以外では夜間放牧を継続しながら特に気になるところはなく順調に過ごせています。ここにきて身体は上にも横にも成長してひとまわり大きくなったように映りますし、腹袋は大きくゆとりがあって、肩の辺りの肉付きも良くなりました。この中間、来場された矢野英一調教師に成長振りを確認していただきました。アンヌの仔をお願いするのは今回が初めてになるので、先生も楽しみにされています。育成はチェスナットファームにお願いする予定で、移動は10月に入ってからと考えています」とのことだ。
    2023年8月
     8月中旬現在、中島牧場分場で夜間放牧中。中島代表は「牡馬にしては落ち着いた性格で、正直、もう少しピリッとしても良いかなとも思いますが、放牧地では仲間と仲良く過ごしています。時々、放牧地で無口(頭絡)を失くしてくるのは玉に瑕ですが、それ以外で気になることもありません。歩様の柔らかさが特徴的で、トモ高の体型をしているので、まだ成長すると思いますが、このふた月でも体重は30キロ増えました。兄のアムンラーやこれまでの兄姉よりも、ひとまわり身体は大きくなりそうですね。矢野調教師が、ぜひやらせてほしいと言ってくれた馬ですので期待しています」とのことだ。7月末の馬体重は463キロ。
  • CATALOG TEXT
     昨年7月に2歳新馬戦を勝ち、1勝クラスのアスター賞でも2着したシルヴァーゴースト、そして日本ダービー前日の5月27日に美浦の田中剛厩舎に入厩し、6月2日にゲート試験に合格して競走馬としての一歩を踏み出したアムンラーの半弟フェイマス15がTFC夏の1歳馬募集に登場だ。
     母アンヌは、デビューから7戦で3勝を挙げたトロワプレジール、そして春雷ステークスなどJRAで6勝のサカジロロイヤルの半妹。そして母自身『黒、桃格子、桃袖』の勝負服で走ったクラブ卒業生だ。残念ながらJRAで勝利することは叶わなかったが、牧場時代の評価は活躍した兄たちを上回るもので、実際に2歳夏に新潟競馬場の芝1600mで行われた新馬戦には注目の1頭としてデビューした。残念ながら、幼さゆえに結果を残すことは出来なかったが、今でも中島牧場代表の中島雅春さんが「期待の血統馬でしたし、その期待以上に本当に良い馬だと思っていました。今でもその思いは変わらない」と悔しさを滲ませる。しかし、そうした中島さんの思いは、繁殖牝馬として晴らしつつあるようだ。
     フェイマス15は写真でご確認いただける通りの好馬体で1歳5月末の馬体重は429キロ。首さしは太く力強く、背中が短く見えるほどに長く発達した腰。そこから生み出されるパワーをしっかりと受け止める前脚の膝下は短く、健康的だ。父はダート種牡馬の雄マジェスティックウォリアー。昨年の1歳市場では55頭が上場され、そのうち45頭が取引されている。その血は、今後大いに整備されるダート路線でこそ輝きを放つだろう。「どちらかと言えばシルヴァーゴーストに似ている気もしますが、牡馬に生まれた分、パワーアップしています。血統的にも仕上がりは早いはずですし、コンスタントに楽しめる馬になって欲しい」と中島さん。笑顔と共に自信のラインナップだ。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 156cm / 胸囲 177cm / 管囲 21.0cm
[Famous] Line up