*ドレフォン
x
ラーナアズーラ
(母父 *パイロ)
募集総額 1800万円 / 募集口数 400
(一口金額 4.5万円)
満口


黒鹿毛

2022-05-07生
現2歳

グランデファーム生産・提供

関東 畠山吉宏 厩舎予定

分割払い表
※満口馬のため自動見積もり機能はご利用いただけません
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:1500円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1440円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2023年6月時撮影
  • *ドレフォンGio Ponti
    Eltimaas
    ラーナアズーラ*パイロ
    グロッタアズーラ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2024年2月

    2024年2月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2024年1月

    2024年1月

  • 2023年12月

    2023年12月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年11月

    2023年11月

  • 2023年10月

    2023年10月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年9月

    2023年9月

  • 2023年8月

    2023年8月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

  • 2023年7月

    2023年7月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2024-02-14公開

    調教風景・立ち姿【BTC】
  • 2024-01-16公開

    調教風景【BTC】
  • 2023-11-23公開

    調教風景【BTC】
  • 2023-11-15公開

    立ち/歩様【グランデファーム】
  • 2023-10-14公開

    調教風景【BTC】
  • 2023-10-12公開

    立ち/歩様【グランデファーム】
  • 2023-08-23公開

    立ち・歩様【グランデファーム分場】
  • 2023-08-09公開

    1歳馬展示会個体展示風景※音声有
  • 2023-07-13公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2023-07-07公開

    放牧風景<TFC2023年1歳馬募集先行動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2024-02-20
     グランデファームで調整されています。引き続き、BTCの屋内ウッドチップ坂路3本のメニューで順調に乗り込まれています。13日にはBTCの屋内ウッドチップ坂路の3本を併せ馬で、17.3-14.2-13.7を計時しています。中根マネージャーは「13日の坂路の3本目は計時区間の後半2Fを14-14のつもりで軽く仕掛けた程度でしたが、実際のところはラスト1Fが13秒台だったように、こちらの感覚以上に動きました。また、併せると気持ちの入るタイプですが、それでいて止め際も比較的スムーズだった点も悪くないと思います。この先も順調に仕上がっていきそうな雰囲気がありますよ」とのことでした。
    2024-02-06
     グランデファームで調整されています。引き続き、BTCの屋内ウッドチップ坂路3本のメニューで順調に乗り込まれています。衣斐代表は「中間は敢えて速いところは行かず、折り合い面についても取り組む意図で、坂路を縦一列の隊列の後ろで上がってチップを被せるような調教なども行っています。速い時計を出そうとすればいくらでも出せますが、先々を見据えて、こういった調教も必要ですからね。変わりなく順調ですよ」とのことでした。
    2024-01-23
     グランデファームで調整されています。引き続き、BTCの屋内ウッドチップ坂路3本のメニューで乗り込まれており、16日には坂路の3本目を19.8-17.1-15.4、23日は坂路の3本目を17.0-14.7-14.0で登坂しています。中根マネージャーは「いいですね。以前から調教ではしっかり芯の入った動きが出来ていましたが、最近は坂路を上がる際、馬の姿勢が起きて走れるようになって、ラスト1Fハロン14秒台の時計で乗っても楽に走ることが出来ています。1月11日の数字で体重は500キロと、いい馬体に成長していますが、5月生まれで、まだまだ成長の伸び代が見込めることを考えると、かなり楽しみな馬だと思います」とのことでした。11日時点の馬体重は500キロ。
    2024-01-09
     グランデファームで調整されています。この中間は年末年始にかけて1週間ほど休みを入れたのち調教を再開しており、1月9日現在、BTCの屋内ウッドチップ坂路2~3本のメニューで乗り込まれ、3本目はラスト2Fを18-18で登坂しています。中根マネージャーは「多い日はBTCの坂路を日に3本登坂していますが、乗り込むにつれて、いい筋肉がついてきました。動きも良くなってきています。跨った感触では、芝ダートの両方いけそうな感じがしますね」とのことでした。
    2023年12月
     グランデFで調整中。BTCの屋内ウッドチップ坂路と屋外ダートトラックで調整され、屋外トラックが冬季クローズとなって以降は坂路2本のメニューで乗り込んでいる。衣斐代表は「順調にペースアップしており、12月15日には坂路の2本目を19.4-18.5-18.1で行きました。走りの重心が低く抜群のフットワークです。乗りながら身体も増えており、5月生まれなので、まだまだ成長するでしょう。配合時に意識したジャスティファイは、芝ダートを問わない種牡馬としても活躍中ですし、母もエルフィンS4着など、芝とダートの両方で走りました。本馬も二刀流の活躍を意識しています」とのことだ。12月11日の馬体重は491キロ。
    2023年11月
     グランデファームで調整されている。11月中旬現在、BTCの屋内1000mウッドチップ坂路と屋外1600mダートトラックを日替わりで使用し、ハロン20~23秒のキャンターで調整されている。中根マネージャーは「まだ調教を開始してひと月程で、基礎固めの段階ですが、順調に乗り込めており、最近は全体のシルエットが締まった事で余計にトモの大きさが目立っています。ゲート練習も開始しています」とのことで、衣斐代表は「姉ロールハーアイズは2戦目で早々に勝ち上がったように決して悪い馬ではありませんが、出来はこちらが一枚上だと思います。何より馬の形がいいです」とのことだ。11月14日の馬体重は486キロ。
    2023年10月
     グランデF分場で夜間放牧され、10月2日から本場の屋内ロンギ場で乗り運動を開始。13日からは場内のダート角馬場とBTCを併用し調教している。中根マネージャーは「初日から、BTCで乗る日は坂路を1日2本、ラスト2F22-21で乗っています。乗り運動開始後も素直で、BTCでも初日から安定していました。身体は9月末時点で512キロまで成長し、その後、調教を開始して絞れていますが498キロと十分な馬格です」とのこと。なお、本馬の全姉ロールハーアイズが10月7日東京5Rで優勝。その姉より出来は上と衣斐代表が高く評価するだけに期待が膨らむ。10月12日の体高156cm、胸囲187cm、管囲20.5cm、馬体重は498キロ。
    血統アップデート2023-10-08
    フェイマス13の全姉ロールハーアイズ(牝2歳 父ドレフォン)は10月7日東京1Rの2歳未勝利戦を優勝しました。
    2023年9月
     9月中旬現在、グランデファーム分場で夜間放牧が行われている。牧場スタッフは「8月の段階で既に跨るところまで馴致を終えているので、このひと月は再度、分場で夜間放牧を行って、さらなる成長を促しています。その甲斐あって、9月9日測定の数字で490キロと、さらにひと回り馬体が逞しくなりました。本馬は5月の遅生まれなので、まだまだ良くなるだろうと想像はしていましたが、まさに狙い通りの成長を見せてくれています。この後は、セプテンバーセールの後くらいから徐々に進めていき、10月に入ってから騎乗調教を開始するという流れになると思います」とのことだ。9月9日時点の馬体重は490キロ。
    2023年8月
     8月中旬現在、グランデF分場で夜間放牧中。衣斐代表は「中間は本場で鞍付けを開始し、完了後は調教主任が跨って軽く駆歩を行うところまで進めました。その後は再び分場で夜間放牧の日々です。8月8日の馬体重は463キロで、出来の良さがさらに目立ってきました。遅生まれですから、まだまだ良くなります」とのことで、満田調教主任も「非常に馬が柔らかくバネがあります。過去に跨ったことがあるディープスカイやローレルゲレイロ、ヒルノダムールやドゥーラと比べても遜色ない乗り心地で、掛け値なしに楽しみです」と絶賛する。素材の良さは明らかで、無敗の米三冠馬ジャスティファイと同じ血統構成という点も注目だ。
  • CATALOG TEXT
     昨年の札幌2歳Sを勝ち、今春のオークス3着馬ドゥーラを送ったグランデファームから、究極の二刀流を狙える良血牝馬がラインナップされた。母は伏竜Sでルヴァンスレーヴを完封したドンフォルティスと1歳違いの半姉。しかもパイロ産駒ながら3歳春は桜花賞を目指してエルフィンSに出走した。この時は勝馬からコンマ3秒差の4着だったが、クビ差先着を許した3着馬ミリッサはこの日の1番人気馬で、のちにチューリップ賞で3着リスグラシューにコンマ1秒差まで迫った馬だ。その後、ラーナアズーラは得意のダートで2連勝。非凡な能力を示している。
     「この配合には自信があります」とグランデファーム代表の衣斐浩さん。名種牡馬プルピットの母Preachと、ドレフォンの祖父テイルオブザキャットの母Yarnの4×4全姉妹クロス。これは41年振りに誕生した米国不敗の三冠馬ジャスティファイの血統表にも見られるクロスで、それをサポートするかのようにミスタープロスペクターの継続クロスとゴーストザッパー、ストームキャット、ニジンスキー、ワイルドリスクといった名種牡馬の血が散りばめられているのも同じだ。「大いに意識していた」と話す衣斐代表の言葉にも力が入る。1歳6月時点で馬体重は441キロと、月齢を抜きにしても十分なサイズに成長。皮膚は薄く、歩く姿は力強さの中に柔軟性を感じさせる。そして、5月生まれらしく馬体には成長の余地を多く残しており、容量の大きな後躯と肩周りの筋肉には豊かな将来性が垣間見える。「この馬の最大の長所は大きな推進力の源になりそうな後躯」と衣斐代表が胸を張るのも納得だ。
     父は初年度産駒からジオグリフ、そしてタイセイドレフォンを送り出すなど高い期待にしっかりと応え、2年目産駒からもコンティノアール、クールミラボーを送り出したドレフォン。「世界に通用する馬を創りたい」というグランデファームらしさに満ちた1頭だ。

    1歳5月末時点測尺

    体高 154cm / 胸囲 179cm / 管囲 21.0cm
[Famous] Line up