*パイロ
x
イザベルドスメーン
(母父 スペシャルウィーク)
募集総額 1200万円 / 募集口数 200
(一口金額 6万円)
募集中


黒鹿毛

2021-03-10生
現1歳

米田牧場生産・提供

関東 小西一男 厩舎予定

早期割引一括払い :2022年11月末まで 3%割引
( 58,200円 )
*2022年12月以降割引なし
( )は割引後の一口金額
×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:3000円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:1920円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2022年6月時撮影
  • *パイロPulpit
    Wild Vision
    イザベルドスメーンスペシャルウィーク
    エリザベスローズ
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年9月

    2022年9月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年5月

    2022年5月

  • 2022年4月

    2022年4月

  • 2022年3月

    2022年3月

  • 2022年1月

    2022年1月

  • 2021年11月

    2021年11月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2022-09-16公開

    調馬索風景【パイオニアファーム】
  • 2022-08-06公開

    1歳馬展示会個体展示風景※音声有
  • 2022-07-31公開

    2022夏WEB版特別講演会~Evolve8解説~※音声有
  • 2022-07-21公開

    立ち・歩様【パイオニアファーム】
  • 2022-07-18公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-07-06公開

    放牧風景<TFC2022年1歳馬募集先行動画>
  • 2022-05-12公開

    立ち姿【パイオニアファーム】
  • 2022-04-13公開

    立ち・歩様【米田牧場】
  • 2022-02-10公開

    立ち・放牧風景【米田牧場】
  • 2022-01-12公開

    立ち・歩様【米田牧場】
  • 2021-11-14公開

    立ち・歩様他【米田牧場】
  • 2021-11-06公開

    立ち・歩様【米田牧場】※音有
  • 2021-10-24公開

    2021秋WEB版特別講演会~Evolve8解説~※音声有
  • 2021-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2021-09-28公開

    放牧風景<TFC2021年10月募集先行動画>※音あり
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2022年9月
     9月中旬現在、パイオニアファームに在厩している。中間はまず第一ステップとしてロンジング(調馬索)を開始した。エイドリアン代表は「調馬索を開始してからは夜間放牧は止めて、大体4時間程度、日中放牧で馬の気持ちがリフレッシュ出来るように管理しています。馬がいい精神状態で過ごせる事が大事ですからね。そして、引き続き、ウォーキングマシンでも身体を動かしており、9月の段階で484キロと、馬体はさらに成長して逞しくなってきました。今、馴致を行っている牡馬の組が終わったあと、馴致を始めますが、それ迄の間でも、しっかり身体を動かしていきます」とのことだ。9月12日時点の馬体重は484キロ。
    2022年8月
     8月中旬現在、パイオニアファームで夜間放牧とウォーキングマシン運動が行われている。エイドリアン代表は「中間、馬体重が10キロほど減っていますが、身体が細くなった感じはなく、牝馬らしい丸みを帯びつつ筋肉量の多さは相変わらず圧倒的で、肩から上腕にかけての盛り上がりが目立ちます。馬体は張りがあって引き締まり、放牧地で過ごす姿もエナジーに満ちていますよ。彼女に関しては、多頭数の夜間放牧とウォーキングマシンでしっかりと運動量を確保しています。身体が大きくなり過ぎないようにという事を大事なポイントと考えて、引き続き管理していきます」とのことだ。8月16日時点の馬体重は462キロ。
    2022年7月
     7月中旬現在、パイオニアファームで夜間放牧とウォーキングマシン運動が行われている。太いクビ差しや厚みのある胸前など前躯の発達振り、そして丸みを帯びた大きなお尻に張りのある腰。逞しく、適度に引き締まった馬体はすっかり大人びて、まるで2歳馬のような雰囲気を漂わせており、牝馬ながら実に頼もしい体つきへ成長している。スタッフは「他馬より完全に頭ひとつ大柄ですが、皮膚が薄く全体に引き締まっているので見た目にも重さは感じさせませんし、放牧地では結構、反応のいい動きを見せていて、パイロ産駒らしい運動神経の良さが感じられますね」とのことだ。7月15日時点の馬体重は474キロ。
    2022年6月
     6月中旬現在、パイオニアファームにて夜間放牧で管理され、ウォーキングマシン運動も行われている。元々雄大な馬格を誇っていたが、このひと月で目覚ましい成長を見せた。中間はウォーキングマシンに入れて運動量を確保しながら体重が30キロ以上増え、上背も明らかに大きくなり、そして何より一段と身体の厚みが増した。放牧地の動きを見ても、大きな馬体を持て余している様子はなく、跳びの大きなフットワークで力強く駆けている。佐久間専務も「身体は大きいですが決して重い感じはなく、このひと月でも順調そのものですよ」とのことだ。6月上旬時点の体高157cm、胸囲180cm、管囲19.5cm、馬体重457キロ。
    2022年5月
     5月中旬現在、パイオニアファームで夜間放牧中。広い放牧地に牝馬10頭の多頭数で放牧されて運動量も多く、ウォーキングマシンにも入れている効果で、前月から体重は微増も、馬体が引き締まった。身体の張りは上々で、クビ差しの太さと胸前のガッシリした具合が目立つ。エイドリアン代表は「夕方4時から翌朝6時までの夜間放牧で、昼は馬房で休ませるスケジュールで管理しています。かなり立派な馬体なので、あまり身体が重くなり過ぎないように、何日かに1度、放牧前にウォーキングマシンに入れています。とても素直な馬で、この身体に相応しく、凄くパワフルです」とのことだ。5月9日時点の馬体重は428キロ。
    2022年4月
     中間も米田牧場で日中放牧が行われ、3月18日からは夜間放牧に切り替えた。以降は朝5時に集牧し、朝9時に放牧地に放つスケジュールで管理され、中期育成を行うため、4月12日に苫小牧市のパイオニアファームへ移動した。米田専務は「パイオニアファームさんの放牧地のコンディションが整うのを待っていましたが、ようやく放牧地の雪もなくなったので、4月12日に移動させました。ここに来て身体もまた大きくなってきたので、今後はウォーキングマシンなどにも入れてもらって運動量を確保しながら、鍛えてもらいたいと思います」とのことだ。4月4日時点の体高154cm、胸囲173cm、管囲19.5cm、馬体重は425キロ。
    2022年3月
     3月中旬現在、米田牧場で日中放牧が行われている。力強いクビ差しから容量の大きなトモに至るまで全身に幅があって、上背も備えたその馬格は以前からひと際目立つ存在だが、加えて最近は全体のバランスが良くなって、一気にあか抜けた。米田専務は「1歳春らしくヤンチャな部分がまだ多いですが、馬体はこのひと月の間で前躯と後躯の均整がとれてきました。同じ1歳馬同士で放牧地にいると、1頭、抜けて大人びて見えます。パイロ産駒で将来の活躍の場はダートだと思うので、馬格があるのは絶対的に有利ですし、今のところ理想的な成長を重ねてくれていると思います」とのことだ。3月中旬現在の馬体重は409キロ。
    2022年2月
     2月中旬現在、米田牧場で日中放牧が行われている。馬体は上背が伸び、トモも容量たっぷりで、腹構えもどっしりとして存在感十分。雄大な馬格と相まって、相変わらずの馬っぷりの良さだ。米田専務は「この間も順調に成長しており、力がさらに強くなってきたので、男性スタッフが曳かないと、もう無理ですね。この馬格なので放牧地では当然ボスで威張っていますし、パイロ産駒らしく結構気の強い性格ですが、どっしりと構えることも出来るし、クラブの写真撮影の際にも、我慢して姿勢をとってくれるように賢さも持っています」とのことだ。2月中旬現在の体高154cm、胸囲172cm、管囲19.5cm、馬体重は399キロ。
    2022年1月
     米田牧場で、1月中旬現在、日中放牧が行われている。米田専務は「ここに来て力が一段と強くなり、粉雪を蹴散らして走る姿は、身体を大きく使って実にダイナミックで惚れ惚れします。このひと月でも順調に成長していて、1月10日時点で体高150cm、胸囲170cm、管囲19.0cm、馬体重379キロと、もう完全に1歳セリに出てくる馬の馬格ですね。母の仔は1歳になると少し成長が落ち着く傾向がありますが、それでも将来的には510~520キロ位の身体で競馬をしてくれそうだと思います。今年は雪が少なくて運動不足気味で体力が有り余っているので、再来月位にはパイオニアFで中期育成を始めてもらうつもりです」とのことだ。
    2021年12月
     米田牧場で、11月下旬からは日中放牧に切り替えている。米田専務は「この間もすこぶる順調で、身体がまた大きくなり、先月来場した小西調教師にも『とても立派な身体で、楽しみな馬ですね』と褒めていただきました。パイロ産駒は、先月もJBCクラシックを勝ったミューチャリーに、みやこS勝ちのメイショウハリオと本当によく走っています。本馬は、母の兄弟にダート交流重賞8勝のリミットレスビッドがいますし、この馬格なのでダートでもかなり期待できると思います。今後は苫小牧市のパイオニアファームに移動して中期育成を進めることを検討中です」とのことだ。12月中旬現在の体高148cm、馬体重は366キロ。
    2021年11月
     米田牧場で放牧されて、9月上旬に離乳。以降は夜間放牧が行われている。11月上旬の体高147cm、管囲18.0cm、馬体重354キロと当歳馬離れした雄大さと骨量豊かな骨格が特徴的だが、一方で動きは実に機敏。パイロ産駒らしい気持ちの強さと優秀な母系の底力が相まって、生来の運動神経の良さをもたらしているのだろう。元JRA調教師の中村均氏も「手がけてみたい馬」とピックアップしていただいたように、色々な可能性を秘めていそうだ。米田専務は「8月頃と比べて、またひと回り大きくなりました。去年の当歳セレクトセールで取引された姉と同じ位の大きさで、今年のウチの当歳馬の中でも1番の馬格です」とのことだ。
  • CATALOG TEXT
     先日、国内競馬におけるダート路線の改革プランが発表された。主な変更点は「3歳ダート3冠競走の創設」と「2、3歳ダート短距離路線の整備」の2点で、中央、地方問わず網羅的にダートの番組を整備し、ダート馬の活躍の場をさらに広げるものだ。これによってダート種牡馬が注目を集めるのは当然の成り行きであり、その中でも中心にいる1頭がパイロだろう。産駒は短い距離に対応しつつ、優れた産駒は中距離でも瞬発力を発揮。ミューチャリーは、地方所属馬として史上初めてJBCクラシックに勝ち、メイショウハリオは、JRAのGIIIを連勝して、この6月には帝王賞を勝った。交流重賞の佐賀記念を勝ったケイアイパープルは、平安Sでもテーオーケインズの2着と存在感を示している。
     母はフサイチゼノン、アグネスゴールド、リミットレスビッドの半妹で、祖母は、外国産馬全盛の時代にセントウルSを勝ったエリザベスローズだ。
     本馬は、2020年のセレクトセールにおいて、2,090万円(税込)で落札された現2歳馬ゲールサンダー(父ハービンジャー)の半妹。米田牧場専務の米田剛文さんが「これまで怪我や病気もなく、成長曲線もすこぶる優等生」と話すように順調に冬を越し、4月に早来のパイオニアファームへ移動して中期育成を開始した。「1歳4月時点で420キロを超えるなどすくすく成長したのでウォーキングマシンに入れて鍛えてもらっています」と米田さん。
     パイロ産駒らしく肩と繋はやや立ち気味だが、それはダート適性の高さの証でもある。胸が深くて十分な幅があり、馬体のアンダーライン(下腹部の長さ)の長さが目を引く。1歳6月上旬時点で体重は457キロと迫力の馬体。しかし1歳馬離れした雄大な馬格ながら、優れた運動神経による回転の速いフットワークと、祖母譲りのスピードで、鈍重さとは無縁。先々500キロ級間違いなしの恵まれた馬体はパワーとスタミナを兼ね備え、将来はきっと砂塵の舞うコース上で圧倒的な存在感を発揮するに違いない。ダート新時代の先頭を駆け抜けるニューヒロイン誕生の期待をしたくなる、そんな1頭だ。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 157cm / 胸囲 180cm / 管囲 19.5cm
[Evolve] Line up