*マジェスティックウォリアー
x
*レディマーメイド
(母父 Fusaichi Pegasus)
募集総額 600万円 / 募集口数 100
(一口金額 6万円)
募集中


鹿毛

2021-02-17生
現1歳

田中スタッド生産・提供

地方 米川昇(道営) 厩舎予定

×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:3000円/月(2歳1月以降毎月発生)

※JRA、南関東所属馬以外は保険に加入しないため保険料の発生はございません

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2022年9月時撮影
  • *マジェスティックウォリアーA.P. Indy
    Dream Supreme
    *レディマーメイドFusaichi Pegasus
    Mother of Pearl
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年11月

    2022年11月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

  • 2022年10月

    2022年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2022-11-12公開

    立ち・歩様・放牧風景【田中スタッド】
  • 2022-10-21公開

    2022年10月1歳馬募集開始直前動画<立ち/歩様>※音あり
  • 2022-09-23公開

    放牧風景<2022年当歳馬/10月1歳馬募集先行公開動画>
  • 2022-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2022年11月
     田中スタッドで夜間放牧が行われて、11月16日に門別競馬場・米川昇厩舎へ移動した。田中駿代表は「このひと月程は放牧地の近くで工事の重機が動いていて、その音に反応して結構動き回っていたので身体をスッキリと見せていますが、夏頃より馬はしっかりしてきました。米川厩舎に着いて馬運車から降ろした際も落ち着いていました」とのこと。上背のある馬体は秋の深まりと共に胸筋が発達し、全体に筋肉が増えて幅も出た。普段から落ち着いた気性で、血統面からもダートのマイルから中距離辺りが良さそうなタイプ。今後、坂路で鍛えていけば凹凸の目立つあか抜けた馬体になりそうだ。11月上旬の馬体重は465キロ。
  • CATALOG TEXT
     古くは笠松競馬から中央へ移籍して頂点に立ったオグリキャップ、その妹で桜花賞馬に輝いたオグリローマン。その他、ホッカイドウ競馬からJRAに出走して重賞3つを制し、ついには海外GI馬に上り詰めたコスモバルク、ネイティヴハート、ライデンリーダー。判官びいきかもしれないが、中央のエリート馬に挑んだ地方競馬出身馬たちの名前を聞くと、つい胸が躍る。今回、道営所属1歳10月募集馬として皆様にご紹介するエボルブ23は、そんなストーリーの再現を期待したくなる血統馬だ。
     エボルブ23は現役中央オープン馬ロードレガリスの半妹。「生まれが早い事もありますが、同世代の牝馬の中では1番の馬格に成長しました」と田中スタッド代表の田中駿さんが胸を張る。1歳8月末時点の馬体重は465キロで体高、胸囲、管囲は申し分なく、クビから背中へ流れるようなトップライン、深い胸と十分な幅と厚みに恵まれた後躯。もし1歳市場へ上場されていたら激しい争奪戦が繰り広げられただろう。しかし、同馬は道営競馬からのデビューを選んだ。「ロードレガリスもそうですが、時間をかけて力をつけてくる血統なので、まずは門別競馬場の坂路でじっくりと鍛えて力をつけてから、成績次第で将来は南関東やJRAへ移籍して走らせたいと考えました」と田中さん。
     3歳2月の阪神競馬でデビューしたロードレガリスは、その初戦でコンマ1秒差の2着としたものの、結局未勝利のまま南関東へと移籍。4歳秋に中央再転入を果たすと一気の4連勝で駆け上がった。現在、OP特別のアルデバランS連覇の他、交流重賞の白山大賞典2着など、ダートOP路線の常連として活躍中である。
     「母は、残念ながらウチでは本馬しか仔を残すことが出来ませんでしたが、縁あってウチの牧場に来てくれたこの血統を育てたいと思っています。胸を張って牧場に戻ってこれるような活躍を期待しています」と田中さん。皆さんも一緒に、エボルブ23の『ストーリー』をぜひ楽しんでほしい。

    1歳8月末<2022年1歳馬10月募集パンフレット作成時>時点測尺

    体高 158cm / 胸囲 181cm / 管囲 19.3cm
[Evolve] Line up