リオンディーズ
x
*ラビングハート
(母父 Sea the Stars)
募集総額 1100万円 / 募集口数 1000
(一口金額 1.1万円)
募集中


鹿毛

2021-04-21生
現1歳

高昭牧場生産・提供

関東 岩戸孝樹 厩舎予定

×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳1月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳1月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
その他諸費用(一口あたり):①維持費出資金:600円/月(2歳1月以降毎月発生) ② 競走馬保険料:352円/年(2歳1月より加入)※注

CATALOG VISUAL
  • 募集開始時動画:2022年5月時撮影
  • リオンディーズキングカメハメハ
    シーザリオ
    *ラビングハートSea the Stars
    *ピサノティファニー
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年11月

    2022年11月

  • 2022年9月

    2022年9月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

  • 2022年7月

    2022年7月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2022-11-15公開

    立ち・歩様【荻伏共同育成場】
  • 2022-09-16公開

    立ち・歩様【高昭牧場】
  • 2022-08-06公開

    1歳馬展示会個体展示風景※音声有
  • 2022-07-31公開

    2022夏WEB版特別講演会~Evolve16解説~※音声
  • 2022-07-18公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2022-07-06公開

    放牧風景<TFC2022年1歳馬募集先行動画>
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    2022年11月
     高昭牧場で馴致したのち、10月下旬に荻伏共同育成場へ移動した。11月中旬現在、屋内馬場でダクとハッキングキャンター1200mを乗られている。伊藤場長は「こちらに到着後、軽く熱発しましたが、すぐ回復して飼葉もしっかり食べられています。まだ馬体は細いですが、動きはシャープで、これで身が入ってきたら動いてきそうな雰囲気があります。まずは調教を通じてしっかり身体を使って走れるように、馬に教えながら進めていきます」とのこと。なお、本馬の祖母ピサノティファニーの半兄タピットの仔フライトラインが先日のBCクラシックを無敗の6連勝で制してGI4勝目を挙げた。11月12日時点の馬体重は426キロ。
    2022年10月
     10月中旬現在、高昭牧場で馴致が進められている。牧場スタッフは「エボルブ19と一緒の組で9月下旬から馴致をスタートさせました。馴致がトントン拍子に進んだエボルブ19は、その後、先のグループに合流して共同育成で乗って、既にBTCへ移動しましたが、本馬については、リオンディーズ産駒らしく気の強い面があるのを考慮して、馴致はじっくりと丁寧に進めています。馴致もほぼ完了しており、そろそろ荻伏共同育成場へ移動して騎乗調教を開始していけそうです。そして、このひと月の間でも身体がジワジワと大きくなっているのは、いい傾向だと思います」とのことだ。10月12日時点の馬体重は428キロ。
    2022年9月
     引き続き、高昭牧場で夜間放牧が行われている。中間は高昭牧場分場で夜間放牧が行われ、馴致開始に向けて、9月1週目に高昭牧場本場へ移動した。上山貴永専務は「9月中旬現在、まだ馴致を始めていませんが、前のグループが終わってから本馬を含むグループの馴致を順次スタートします。中間、身体つきは、そこまで大きな変化は見られませんが、4月後半生まれの牝馬なので、まだまだ成長はこれからだと思います」とのこと。やや小柄ながら、馬体は父譲りでバランス良くまとまり、放牧地で走る姿を見るとバネの効いたアクションでスイスイと駆け、走りの軽さが目立っている。9月16日時点の馬体重は410キロ。
    2022年8月
     8月中旬現在、高昭牧場分場で夜間放牧中。上山貴永専務は「9頭で放牧していますが、比較的皆仲良くという感じのグループで、その中で他馬と仲良くやっている印象です。ただ父の産駒らしくピリッとしたところは持っていて、結構勝気な性格ですね。均整の取れた体型や流れるようなトップラインは、さすが血統馬といったところで、目鼻立ちの整った顔つきは凛としていますし、手先が軽く、芝が良さそうなタイプで、岩戸調教師も期待してくれています。今後は、秋にまず本場で馴致を行った後、荻伏共同育成場で調教を開始します」とのことだ。8月16日時点の体高154cm、胸囲178cm、管囲 19.0cm、馬体重は406キロ。
  • CATALOG TEXT
     2014~16年の北米チャンピオンサイアーに輝いたタピットの半妹に英国2冠馬にして凱旋門賞優勝馬のシーザスターズを配して誕生した良血馬の母と、早くも頂点を睨む位置につけたエピファネイアの半弟であり、シーザリオの優れた血を受け継ぐリオンディーズとの組み合わせ。そんな、言葉にしただけで夢が膨らむ血統馬エボルブ16が登場だ。
     祖母ピサノティファニーは米国キーンランド・セプテンバーセールの取引馬。ケンタッキーダービー馬フサイチペガサスの産駒で、3年連続北米チャンピオンサイアーに輝いたタピットの半妹という超のつく良血馬だ。そのピサノティファニーに、現在、欧州でデビュー以来無傷の8連勝を継続中のGI4勝馬バーイードの父としても注目をされるシーザスターズを配して誕生したのがラビングハートだ。その繁殖牝馬としての可能性は計り知れない。
     父は朝日杯FS優勝馬のリオンディーズ。デビュー2戦目のGI勝利は史上初であり、現在まで他には成し遂げた馬はいない大記録だ。父としてもリプレーザ(兵庫チャンピオンS)、ジャスティンロック(京都2歳S)、テーオーロイヤル(ダイヤモンドS)など幅広いカテゴリーで重賞勝馬を送り出し、今、最も勢いのある種牡馬の1頭である。さすがはエピファネイアの半弟であり、シーザリオの血の優秀さを兄と共に伝えている。
     エボルブ16は、小さめの頭部に低い首さし、そして短めの背中から容量に恵まれた尻へと流れるトップラインが美しく、歩かせると上手に首を使って柔らかく優雅な歩様を見せる。四肢の配置も正常で、これだけのコンフォメーションを見せてくれる馬は、そう多くはないだろう。1歳6月上旬時点の体重は400キロ。欧米の良血を揃え、そこに、エピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアを産んだシーザリオの血を注入した配合には、ただひと言、夢がある。その夢の行方をぜひ一緒に追いかけてほしい。

    1歳6月上旬時点測尺

    体高 154cm / 胸囲 179cm / 管囲 19.0cm
[Evolve] Line up