<< 前の募集馬   Draft   次の募集馬 >>
Draft
12
ロードカナロア x *ドリームオブジェニー (母の父Pivotal)

鹿毛
2020-04-02生まれ(現1歳)
関西/吉岡辰弥厩舎予定
募集総額:3500万円 / 募集口数:1000
一口金額:3.5万円
谷川牧場生産・提供
( )内は割引後の一口金額
■早期割引のご案内
一括払い割引
2021年11月末まで3%割引
(33,950円)
*2021年12月以降割引なし
分割%早見表

 「これまでの母の仔に比べて多少身体が小さいということはありますが、正直、この価格は破格の値段だと思います。兄姉が期待に応えられていないので、少しでも安く提供したいという気持ちからです」と申し訳なさそうな表情を浮かべながら話すのは谷川牧場代表の谷川貴英さん。
 確かにロードカナロア産駒の牡馬として破格。自信をもって送り出した生産馬が期待に応えられていない現状に誰よりも歯痒さを感じている谷川さんの気持ちの現れだ。
 ロードカナロアは昨年度のサイアーランキング2位で今年もディープインパクトに次ぐ2位につけている(2021年5月末現在)。最強牝馬アーモンドアイをはじめ、香港スプリントを制して父子制覇を達成したダノンスマッシュ、皐月賞馬サートゥルナーリア、マイルCS勝馬ステルヴィオなど多くの優れた産駒を送り出し、豪州でも産駒タガロアがGIを勝つなど“質量”共にいよいよ頂上が見えてきた格好だ。
 ドラフト12はこれまでの兄姉と比べると、コンパクトにまとまった身体に出たが、それでも1歳6月上旬時点で397キロと、サイズ的には平均以上。より軽快さを感じさせる分、楽しみな馬が出たとも言える。四肢のパーツに狂いは見られず、そして、その馬格にはやや不釣り合いなまでに深く恵まれた胸のつくりが、搭載しているエンジン性能の高さを伝えている。放牧地で見せる身のこなしは機敏で、スピードに乗ってくるとグンと重心が下がり、まるで突き刺すように直進するギャロップの動きはブレがなく、体幹の強さと、そして何よりも“血の確かさ”を感じさせる。
 「よりスピードが強調されるロードカナロアの血が、ジェニーの牝系に流れる底力と成長力と組み合わされて“新しい一面”を見せてくれそうです。この馬で何とか大きいタイトルを、という思いで送り出します」と谷川さんが力を込めて言葉を結んだ。
【1歳6月上旬時点測尺】体高154cm/胸囲170cm/管囲20.4cm
ロードカナロアキングカメハメハ
レディブラッサム
*ドリームオブジェニーPivotal
Glia
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2021年8月 (2021年8月時)
2021年8月
 8月中旬現在、谷川牧場第2分場で夜間放牧が行われている。牧場スタッフは「夏の間も暑さでヘバることなかったですし、身体をフックラ見せて、このふた月で体重は30キロ増えました。これまでの兄姉達と比べるとコンパクトにまとまった体型で、体高も低く、放牧地で走る姿を見ても重心の低いキビキビした走りで、ロードカナロアっぽさが前面に出ているように感じます。やはりタイプが違いますね。ただ、一方でジェニーの血統はやはり成長力があるので、まだまだ身体は大きくなると思いますし、将来的には丁度良いサイズで競馬をしてくれそうだと思います」とのことだ。8月16日現在の馬体重は432キロ。
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます


はYouTube動画が再生されます。

<< 前の募集馬   Draft   次の募集馬 >>

△ページTOPへ