Crest
5
ビッグアーサー x マルカジュリエット (母の父*サンデーサイレンス)

鹿毛
2019-04-28生まれ(現2歳)
関東/勢司和浩厩舎予定
募集総額:1000万円 / 募集口数:200
一口金額:5万円
ナカノファーム生産・提供

 「去年の秋頃はコロンとした体形で、父の産駒もムキムキの短距離馬タイプが多いと聞いていたので、本馬もそうなるんだろうなと思っていましたが、春先くらいからガラッと変わって来て、脚もスラっと伸びてきました。成長著しいです。左肩の治療で夜間放牧を控えた時期もありましたが、その休養期間が逆に大きく成長させてくれるきっかけになったのかもしれません」と話すナカノファーム代表・中野将大さんの表情がとても明るい。その話題の主であるビックアーサー産駒のクレスト5は、冬の間は左肩の治療のため2か月程の舎飼時期があったが、春先から一気に馬体が成長。牧場を訪れる毎に驚かされること再三だ。
 サクラユタカオー~サクラバクシンオーと連なる貴重な内国産馬のサイアーラインを繋ぎ、そして“爆進王”とも呼ばれた稀代のスプリンターの衣鉢を継ぐ父譲りの馬体は筋肉質で骨太。推進力を生み出すトモは大きく張り出している。一方で、全身の筋肉量も多いが、その割にしなやかさは失われておらず、上体を支える四肢はやや長めで伸びがある。体質はすこぶる丈夫そうだ。
 「最近は筋肉が浮き出て来ていると言うか、全体に迫力が増してきましたね。でも、ガチガチのマッチョな質の筋肉と言うよりは、瞬発力の利いた柔らかい筋肉という感じです。フットワークは鋭いですが、身体を大きく使ったフォームは伸びがありますし、体型的にもマイルまでなら十分守備範囲としてこなすタイプだと思います」と中野さん。
 父として迎えた最初のシーズン途中から生産者の間で話題になる位に驚異的な受胎率を誇ったビッグアーサー。その若く活気に満ちたDNAに中野さんは白羽の矢を立てた。父からタクトを託された若き牧場主が舵を取る新生ナカノファームが、GI馬ジェニュインやアサクサキングスを生んだ実績ある母系に、その手で新たな歴史を刻み込む。
【1歳5月末時点測尺】体高151cm/胸囲166cm/管囲19.6cm
ビッグアーサーサクラバクシンオー
*シヤボナ
マルカジュリエット*サンデーサイレンス
*クルーピアレディー
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2021年11月 (2021年11月時)
近況情報はまだありません
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます


はYouTube動画が再生されます。


△ページTOPへ