Crest
15
トウケイヘイロー x アニー (母の父*ファンタスティックライト)

黒鹿毛
2019-03-31生まれ(現2歳)
関西/清水久詞厩舎予定
募集総額:800万円 / 募集口数:400
一口金額:2万円
坂本智広牧場生産・提供

「父はGI未勝利なので、血統的に地味に映るかもしれませんが、先入観を抜きに見てもらえると、『おっ』と思ってもらえると思います」と、自信に満ちた表情で坂本智広牧場の坂本一政さんが話すのはクレスト15について。
 父のトウケイヘイローは、2歳夏の新潟競馬でデビュー。4歳春にダービー卿CTを快勝すると、1戦挟んだあと、鳴尾記念、函館記念、札幌記念と重賞を3連勝。同年のサマー2000シリーズ王者にも輝き、暮れの香港カップでは惜しくもゴール手前50mで同年の香港ダービー馬Akeed Mofeedに交わされたが、2着と力を示した。なお、昨夏デビューイヤーを迎えた初年度産駒は6頭で、JRA登録は3頭だけだったが、坂本智広牧場生産馬のトウケイタンホイザが芝1800mの新馬戦で見事に勝利。さすがに久々の2戦目で、しかもいきなりの重賞挑戦となった毎日杯は10着に敗れたが、6月の芝マイルの未勝利戦を勝ったトウケイミラと共に、父の可能性を強く感じさせる存在だ。
 クレスト15は、そんな父の3世代目産駒の1頭。坂本さんが言うところの“先入観なし”に馬体を見れば、骨量豊富で見るからに丈夫そうな骨格と、弾力性に富んだ質の良い筋肉が全身を包みこんでいることに気がつくだろう。標準的な体高ながら、特に腰回りからヨロにかけた後躯全般の肉付きの良さは顕著で、動かすと前脚の出も良く、身体を大きく使ったフットワークで加速する。どこまでも伸びて行きそうな勢いがあり、軽さとキレの良さが目立つその動きは、父と同じく芝の中距離戦がお似合いだ。
 「父は2歳夏の新潟競馬で新馬勝ちをしているように、成長力に仕上がりの早さを兼ね備えていると思います。本馬も、父と同じく使われながら力をつけていくタイプだと思います。トウケイタンホイザは新馬勝ち後、順調さを欠いてしまいましたので、本馬でその分のリベンジ、ぜひダービーに出走させたいです」と坂本さんが滾る気持ちを青空に掲げてV宣言だ。
【1歳5月末時点測尺】体高153cm/胸囲172cm/管囲21.0cm
トウケイヘイローゴールドヘイロー
ダンスクィーン
アニー*ファンタスティックライト
アニーブラウン
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2021年11月 (2021年11月時)
近況情報はまだありません
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます


はYouTube動画が再生されます。


△ページTOPへ