<< 前の募集馬   Crest   次の募集馬 >>
Crest
10
ホッコータルマエ x ラヴァーズレーン (母の父メジロライアン)

鹿毛
2019-03-14生まれ(現1歳)
関西/寺島良厩舎予定
募集総額:1700万円 / 募集口数:200
一口金額:8.5万円
村田牧場生産・提供
( )内は割引後の一口金額
■早期割引のご案内
一括払い割引
2020年11月末まで3%割引
(82,450円)
*2020年12月以降割引なし
分割%早見表

 年明け早々にモズベッロが日経新春杯を制すると、5月にはディープボンドが京都新聞杯に優勝し、ダービーでも5着と掲示板の一角を占めた。また南関東競馬では、ブラヴールがクラシック前哨戦の京浜盃を勝ち、1冠目の羽田盃でも2着と、今年前半も生産馬の活躍が際立つ村田牧場からの提供馬クレスト10が順調な成長を重ねている。
 昨秋の募集開始時から大人びた雰囲気と頭ひとつ出た馬格が目立っていたクレスト10。春を迎えて、ゆったりと伸びのある体つきはそのままに、重量感と安定感を備えた素晴らしい馬体へと成長を遂げた。気性はどっしりとして、なまじの事には動じない肝の太いタイプ。普段はのんびりとして、放牧地でも群れの後ろを走る姿を目にするが、何かの拍子に“スイッチ”が入ると雰囲気は一変する。全身にグッと力感が漲ったストライドの大きな走りは推進力に溢れてダイナミック。一気に群れの先頭へ躍り出る際の迫力は特筆ものだ。このオンとオフを切り替えられるクレバーな気性は、将来競走馬として大事な要素となる。
 母はJRAのダート中距離で5勝。そしてこれまでに母の仔が中央で挙げた16勝中14勝までがダート戦とこれまた極端な傾向を示す。初仔トキノフウジンがダートで5勝を挙げてOPまで出世した他、スルターナも交流重賞のブリーダーズGCで4着。プライムコードも中央再転入後にダートの特別戦を勝ち、今年5月の新潟では半姉アヴォンリーがダートの1勝クラスを快勝している。
 「母譲り、そして父譲りでもある骨太のガッシリした本馬の体型を見ても、ダート適性の高さは間違いと思いますし、どっしりした気性は中距離向きだと思います」と村田牧場・村田康彰さん。となれば目指すは、スルターナも挑戦した牝馬交流重賞戦線。ダイナミックなアクションと牝馬離れした馬力ある“本気の走り”を見る度に、そんなイメージが膨らむばかりだ。
【1歳5月末時点測尺】体高158cm/胸囲181cm/管囲21.0cm
ホッコータルマエキングカメハメハ
マダムチェロキー
ラヴァーズレーンメジロライアン
モガミヒメ
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2020年10月 (2020年10月時)
2020年9月
 村田牧場高江分場で9月中旬現在も夜間放牧中。村田康彰氏は「育成先の小国Sの馬房の関係で移動はまだですが、馬はいつでも送り出せる状態です。先月末の新潟、2勝馬クラスの特別戦で半姉アヴォンリーが2着しましたが、牧場時代は体が細くて、新馬勝ち後なかなか身体が増えず、4歳になってようやく本格化しました。本馬も、たぶん本格化は古馬になってからでしょうが、元クラブ所属馬の姉スルターナに似て馬格があり、最初からとてもしっかりしてるタイプなので、早い時期からでも、しっかり走って結果を出せる馬だと思いますよ」とのことだ。9月1日時点の体高160cm、胸囲185cm、管囲21.6cm、馬体重は511キロ。
2020年8月
 村田牧場高江分場で8月中旬現在も夜間放牧が行われている。村田康彰氏は「どちらかと言うと肉の付きやすいタイプなので、余り太らせないように今もえん麦は抜いていますが、7月末時点で馬体重は498キロと、このひと月で、さらに体重が増えました。現時点で尻が上がりきっているので、これ以上はあまり大きくなってこないと思います。このあと500キロをやや超えた位で育成場へ送り出して、育成過程で身体を絞り、競馬では480キロ位でデビューする位になるのかなと予測しています。ここから先は鍛えられながらデビューへ向けてとなりますが、将来的にはもう少しスッキリ見せる体型になるでしょう」とのことだ。
2020年7月
 村田牧場高江分場で7月中旬現在も夜間放牧中。その馬体は既に2歳馬と言っても良い位の堂々とした雰囲気で、6月末時点で体重は487キロ、体高160cm、胸囲184cm、管囲21.6cmと、どの数字をとっても堂々たるものだ。村田康彰氏は「ずっと夜間放牧を行っていますが、放牧地ではやはり1頭目立つ存在です。サイズ的にも勿論そうですが、走りが1つ抜けているんですよね。前駆の動きが力強く、そしてスピードが乗ってくると首を下げてグンッと伸びて来る走りです。多分パワータイプだと思うけど、それだけではないという印象を持っています。気性も大人びているし、無駄なことはしないタイプです」とのことだ。
2020年6月
 村田牧場で6月中旬も夜間放牧中。中間、雨が少なくて地面が硬く疲れが出る馬もいるが、本馬はそんな様子はない。馬房の中で上手に”オフタイム”を過ごせるクレバーさが上手く作用しているのだろう。6月16日時点の体重474キロ、体高158cm、胸囲181cm、管囲21.0cm。ここにきて目覚ましい成長振りだ。村田康彰氏は「5月末に半姉アヴォンリーが2勝目を挙げました。やはりこの血統はダートで持ち味が生きますね。本馬も適性はダート中距離でしょう」とのこと。1歳牝馬とは思えない落ち着きがあり、放牧地で仲間の後ろをゆったり走る姿を目にするが、スイッチが入った時のダイナミックなフォームと推進力は圧巻だ。
2020年5月
 村田牧場で5月中旬現在も夜間放牧を継続している。村田康彰氏は「中間は青草が生え揃ってきたので、”草太り”する分を考慮して飼葉はやや抑え気味に、具体的には、燕麦は少し減らして配合飼料を中心にして、抑えた中でもミネラルなど骨や腱の成長に必要な成分はしっかり摂れるように考えたものを与えています。4月26日時点の体重は419キロ、体高154cm、胸囲176cm、管囲20.7cmと、その段階では前月と体高は変わってなかったですが、5月に入ってから少し上背が伸びた感じがしますし、父、母共にガッシリした仔を出すので、本馬もこの後、夏から秋にかけて、ガッシリと逞しくなると思います」とのことだ。
2020年4月
 村田牧場で4月中旬現在、夜間放牧が行われている。元々、恵まれた馬格の持ち主で、加えて冬の間はジワジワと成長して年明け以降だけでも30キロ以上身体が増えた。バランスの素晴らしさを保ったままひと回り大きくなり、そして骨が太くなって、ひと冬越してググッと、馬体がしっかりしてきた。村田康彰氏は「栄養面をきちんと考えて飼料管理に努めている事も勿論ありますが、高齢の母の仔であることを感じさせない、しっかりとした馬体で、サイズ的にも当場の平均以上です。中間も何か特別なケアが必要になる事もなく順調ですよ」とのことだ。3月末の体重412キロ、体高154cm、胸囲175cm、管囲20.5cm。
2020年3月
 村田牧場高江分場にて3月中旬現在も夜間放牧が行われている。前月はやや成長が落ち着いた印象だったが、このひと月は、成長曲線が再び上にグッと向き、馬体が一段大人びてきた。村田康彰氏は「3月上旬辺りは荒れ気味の天気で、その時は気持ち疲れたのかなという様子も見せましたが、その間も含めて夜間放牧は休まず続けています。このひと月の間でも馬体はしっかり成長して、当場における最も馬格に恵まれている一頭です。放牧地では他馬と一緒に活発に運動し、馬房ではしっかり寝るという感じで、オンとオフがはっきりとしています」とのことだ。2月末時点の体重395キロ、体高152cm、胸囲169cm、管囲20.2cm。
2020年2月
 2月中旬現在、村田牧場高江分場にて夜間放牧中。1歳1~2月期は、元々一旦成長の落ち着く頃合いで、また既にかなり雄大な馬格でもあるため、中間、大きく変わった感じはないが、1月末時点で体重385キロ、体高150cm、胸囲170cm、管囲19.7cmと前月より着実に増えている。村田康彰氏は「放牧地に雪がない影響で右前脚の蹄の前が少しだけ欠けましたが、それ以外で気になる事はありません。馬体の成長は”順調”の一言ですし、最近の放牧中の様子を見ても、精神的に少しずつ大人になってきた感じがあります。雪がなく、運動量が例年より落ちている中ですが、骨太のガッシリした馬体を維持していますよ」とのことだ。
2020年1月
 1月中旬現在、村田牧場高江分場にて夜間放牧中。前月時点で既に馬格は抜けて雄大だったが、中間は整歯の効果で腹構えに存在感が出てきた。筋肉量は充実し、骨太で、かつ全体にバランスのとれた好身体。12月末時点で体重378キロ、体高148cm、胸囲168cm、管囲19.6cmと、数字もその充実振りを示している。村田康彰氏は「幅があってガッシリしたところも含めて成長過程はスルターナに似ています。気性もカリカリした感じはなく、体型的にも、ダートのマイル~中距離の馬かなという感じで見ています。母も、そのカテゴリーで5勝した馬ですしね。あとは父の産駒がどこに適正を示すか、注目しています」とのことだ。
2019年12月
 村田牧場高江分場にて夜間放牧されている。11月末現在、体高147cm、体重350キロと、当歳馬としては明らかに平均よりひと回り以上大きく、かつ中身が詰まって馬体の充実振りが際立つ。村田康彰氏は「うちの当歳の中でも一番大きく、そして管囲が既に19.5cmと骨量がしっかりあるのが良いと思います。胸前から肩にかけての充実振りがまた良く、トモに厚みがあってキンカメ系の良さを感じますね。現状、前後駆と比べてお腹周りが少し物足りないかなという感じを受けますが、奥歯を調べたら尖っていたので、整歯をしました。これで、この後お腹周りにも釣り合った逞しさが備わってくると思います」とのことだ。
2019年11月
 新冠町の村田牧場本場にて夜間放牧が行われ、9月中旬に離乳したのち、10月17日に高江分場へ移動した。11月中旬現在、村田牧場高江分場で夜間放牧されている。牧場スタッフは「ここまで獣医にかかるような怪我や病気はなく、順調に成長していますし、骨量、骨格ともに水準以上です。上背が他の馬より抜けていますが、だからと言って、スラっとした薄い体型という訳ではなく、肉付きもしっかりした迫力ある身体つきです。これまでの母の仔の中で比較すると、スルターナに似ているという印象を持っています。これから冬本番を迎えますが、出来るだけ夜間放牧は継続していく予定です」とのことだ。
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます


はYouTube動画が再生されます。

<< 前の募集馬   Crest   次の募集馬 >>

△ページTOPへ