<< 前の募集馬   Blaze
Blaze
22
*ヘニーヒューズ x チェリーシェル (母の父サクラバクシンオー)

鹿毛
2018-04-24生まれ(現2歳)
関西/飯田雄三厩舎予定
募集総額:1200万円 / 募集口数:200
一口金額:6万円
荻伏服部牧場生産・提供

 僅か3世代の稼働で今年のダート総合サイアーランキングの2位につけるなど本邦産駒も軽快に勝鞍を積み重ねるヘニーヒューズの産駒が登場だ。
 アジアエクスプレス、モーニンといった外国産馬が大活躍したヘニーヒューズは、本邦産駒においても、これまでにワイドファラオとドンフォルティスの2頭が重賞勝ち。仕上がりが早く、そして特筆すべきは勝ち上がり率の高さだ。JRAに限っても、1年目産駒は出走106頭中43頭、2年目産駒も93頭中43頭が勝ち上がり。しかも単なる早熟馬とは一線を画す成長力を備えており、初年度産駒は21頭、2年目産駒は26頭が2勝目を挙げている。
 一方、ブレイズ22の母系は、クイーンC2着馬クリスタルヴィオレや韋駄天フレイムヘイローなど、早い時期から活躍した馬が並ぶ。半兄エンパイアシュアーも2歳6月デビューで、2戦目で勝ち上がった。本馬も仕上がりの早さとスピードは大いに期待出来そうだ。
 「今年の1歳夏募集に提供予定でしたが、写真撮影前日の放牧中に左後肢を外傷してしまってね。競走能力に影響する怪我ではなかったですが、生々しい傷のある姿で、というわけにいかないですからね。傷が治るのを待って、今回改めての提供です」と話すのは荻伏服部牧場代表の服部英利さん。
 ご覧の通り、傷跡も奇麗になくなり、11月中旬現在、僚馬ブレイズ21と共に門別競馬場の田中正二厩舎で育成を開始した。その馬体はバランスの良さが目立ち、骨量のあるしっかりとした骨格にガッシリとした肩、そして厚みのある筋肉が馬体の充実振りを押し上げる。頭部は小さく、表情は凛として、動かしてみても反応鋭く、如何にもスピードタイプと言った様相だ。
 「年内は道営で進めて、年明け以降は美浦近郊のスピリットファームで仕上げて関西へ送り込むプランです。勿論、早期の使い出しを目指すのは“大前提”です」と服部さん。改めてのVサインで生産馬を送り出した。
[2019年11月測尺]体高155cm/胸囲178cm/管囲19.0cm/馬体重435kg
*ヘニーヒューズ*ヘネシー
Meadow Flyer
チェリーシェルサクラバクシンオー
*キュートネスⅡ
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2020年2月 (2020年2月時)
2020-03-24
 スピリットファームで調整されています。引き続き、700mダート馬場で2歳馬の集団調教にて、ダクとハロン18秒程度のキャンター2800mと、坂路1本を18-18で乗られており、ゲート練習も並行して続けています。明智代表は「ここまで順調にきていますし、手もかからず、優秀ですね。ゲート練習も順調に進められており、現在は扉が閉まったゲートに入り、駐立、扉が開いてからの発馬も反応良く、これならゲート試験もすぐに合格できそうです。坂路で18-18も余裕でこなしていますし、来週あたりからは15-15まで負荷を強めていきたいと考えています」とのことでした。
2020-03-10
 スピリットファームで調整されています。引き続き、700mダート馬場で2歳馬の集団調教にて、ダクとハロン18秒程度のキャンター2800mと、坂路1本を18-18で乗られており、ゲート練習も並行して続けています。明智代表は「こちらへ来た当初はやや華奢にも映りましたが、乗り込む中で身体が出来てきましたね。全体的にだいぶしっかりとしてきて、5日の計測でも445キロありました。現時点で気になるところはなく、ゲートも優秀です。この後も順調にペースを上げていけると思います」とのことでした。
2020-02-25
 スピリットファームで調整されています。この中間はぺースを上げて、700mダート馬場で2歳馬の集団調教にて、ダクとハロン18秒程度のキャンター2800mと、坂路1本をハロン18~20秒程度で乗られており、ゲート練習も始めています。明智代表は「熱発の影響も特に見られませんので、集団調教を再開しています。調教もハロン18秒程度までペースを上げて、順調に進めることができています。また、23日からゲート練習を始めました。扉がないゲートに入れてゲート内で駐立する段階ですが、ゲート内でもおとなしくしていますよ」とのことでした。
2020-02-11
 スピリットファームで調整されています。中間はダート平地馬場で2歳馬6頭の集団調教にてダクとハロン20秒程度のキャンター2800mほどと、坂路1本をハロン18秒程度で乗られていましたが、2月3日に熱発してしまいました。3日ほどで解熱しましたが、11日現在はダート平地馬場で軽めのキャンターを乗られています。明智代表は「順調でしたが、疲れが出たのか、熱発を発症してしまいました。3日ほどで落ち着きましたので、今週からはまた軽めのメニューで乗り始めており、今週後半からは坂路調教も再開したいと思います。熱発前までしっかり乗れていましたので、休んだ分もすぐに取り戻せるでしょうし、あまり無理をさせないように気を付けて進めていきたいと思います」とのことでした。
2020-01-28
 スピリットファームで調整されています。この中間も順調に進められており、ダート平地馬場で2歳馬6頭の集団調教にてダクとハロン20秒程度のキャンター2800mほどを乗られ、坂路1本をハロン18秒程度で乗られています。明智代表は「引き続き順調に進めることができています。2歳では一番進んでいる組で乗っていますが、その中に入っても他の馬と遜色なくしっかり動けています。このまま進められるようにしっかり調整していきたいと思います」とのことでした。
2020-01-14
 11月に門別競馬場・田中正二厩舎へ移動して馴致、育成をスタートさせ、12月21日に茨城県のスピリットファームへと移動しました。到着後、熱発等もなく、環境に慣れるのを待ってから700mダート馬場で2歳馬6頭による集団調教を開始しており、1月14日現在、ダート平地馬場で2歳馬6頭の集団調教にてダクとハロン20~22秒程度のキャンター2800mほどを乗られ、あわせて坂路1本をハロン20秒程度で乗られています。明智代表は「到着時点で馬体重は424キロでしたが、その後、少しフックラしてきて、14日現在で432キロあります。兄のエンパイアシュアーと比べると我慢が利きそうな感じがありますが、前進気勢はしっかりありますし、この血統にしては落ち着きがあります。その兄も2歳の年明け以降、グッと身体に幅が出たので、本馬もまだまだ成長して来ると思います」とのことでした。
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます



<< 前の募集馬   Blaze

△ページTOPへ