Blaze
2
*ヘニーヒューズ x *オリジナルスピン (母の父Machiavellian)

栗毛
2018-03-20生まれ(現2歳)
関西/羽月友彦厩舎予定
募集総額:2000万円 / 募集口数:400
一口金額:5万円
谷川牧場生産・提供

 谷川牧場清畠分場の放牧地の真ん中に立ち、ひと際存在感を発揮しているのがブレイズ2だ。牡馬と見間違う程の馬格と、それに相応しい肉付きの良さ。そして独特の存在感に目を奪われる。「ヘニーヒューズ産駒らしく、最近どんどん筋肉量が増えてきて身体つきが良くなり迫力が備わってきました」と谷川牧場代表の谷川貴英さん。
 ヘニーヒューズの本邦産駒は一昨年にデビュー。2017年の新種牡馬ランキングはロードカナロアに次ぐ第2位で、その後もダートを中心に産駒は勝ち上がり、昨年の2歳ダートサイアーランキングで2位につけた。ストームキャット系らしいスピードと仕上がりの早さが最大の特徴で、今年も産駒は得意のダートで勝星を量産。2019年5月末現在、実質まだ2世代の稼働と、絶対的な数が劣る中61勝を挙げて、ダートサイアーランキング総合5位につけていると言うから驚きだ。3歳世代も、先日のニュージーランドTとユニコーンSをワイドファラオが勝利した他、オーヴァルエースが無傷の3連勝でヒヤシンスSを快勝した。そして、もう一つの特徴が、3歳以降も力を落とさず成長して勝鞍を積み重ねる産駒が多いこと。この5月もレピアーウィットとイーグルバローズの2頭が準OP特別を勝った。勿論、これだけ走れば、人気が沸騰するのも道理で、種付けは早々にブックフル。今後のセリで価格が高騰するのは想像に難くない。
 「さすがに高齢なので母は繁殖としては引退し、本馬は正真正銘、最後の仔です。だからこそ期待する気持ちも強くなりますが、これまで多くの活躍馬を産んでくれた母の最期の仔に相応しい出来です」と谷川さん。
 母の仔が中央で挙げた勝鞍数23(含む地方交流競走)の全てがダート戦。そこにダート偏重のヘニーヒューズが加わったとなれば、砂上で躍動する姿が自然と目に浮かぶ。偉大な兄が一歩届かなかった夢の続きを託して送り出した。
【1歳5月末時点測尺 体高157cm/胸囲175cm/管囲20.0cm】
*ヘニーヒューズ*ヘネシー
Meadow Flyer
*オリジナルスピンMachiavellian
Not Before Time
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2020年6月 (2020年6月時)
近況情報はまだありません
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます
はYouTube動画が再生されます。


△ページTOPへ