Blaze
1
ディープインパクト x *ドリームオブジェニー (母の父Pivotal)

鹿毛
2018-03-27生まれ(現2歳)
関西/高野友和厩舎予定
募集総額:9000万円 / 募集口数:1000
一口金額:9万円
谷川牧場生産・提供

 競走馬として頂点に立ち、引退後も種牡馬として、昨年まで7年連続でリーディングトップの座をキープするディープインパクト。今年も首位を独走中で、今春の牡牝クラシック4冠のうち桜花賞、オークス、日本ダービーの3レースを産駒が制覇するなど、やはり同産駒がクラシックの最短距離にいるのは間違いない現実でもある。そんな偉大な父の産駒である募集本馬ブレイズ1が理想的な成長曲線を描いている。
 500キロを優に超す兄姉らと比べると馬格はひとまわり小さいが、比べる相手が抜けて大きいだけで、本馬自身、平均以上の堂々たる体躯に成長。父の産駒らしい柔らか味のある筋肉と均整のとれた好馬体で、首から背中、そしてトモへと流れるトップラインと全体のシルエットもまた偉大な父を彷彿とさせる。そして、父も牧場時代は相当ヤンチャな性格で運動量が大変多かったと聞くが、本馬もまた、通称“チャンピオンパドック”と呼んでいる谷川牧場第二分場の放牧地の中にある天然の坂路を、キレのある身のこなしで駆けていく。父譲りのその瞬発力は、やはり軽い馬場でこそ最大限発揮されるだろう。
 「全姉のファンディーナは母系が出ている印象でしたが、本馬は成長する度にディープインパクトに似てきた気がします。馬体も兄姉より少し小さい程度、とは言っても480キロ台位の中型馬にはなりそうです。父の産駒としては、ある意味理想的なサイズですよ」と谷川牧場代表の谷川貴英さん。本馬の話題になると自然と笑みがこぼれてくるように絶大な期待と自信の程が窺える。
 ファンディーナが皐月賞に挑戦したのが2年前。その結果は残念なものに終わったが、谷川牧場のチャレンジは、その歩みを止めることはない。本馬に託す使命は『ターファイトクラブにGI馬を』という悲願の実現だ。
【1歳5月末時点測尺 体高155cm/胸囲172cm/管囲20.4cm】
ディープインパクト*サンデーサイレンス
*ウインドインハーヘア
*ドリームオブジェニーPivotal
Glia
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2020年6月 (2020年6月時)
近況情報はまだありません
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます


はYouTube動画が再生されます。


△ページTOPへ