<< 前の募集馬   Applause   次の募集馬 >>
Applause
16
ジャスタウェイ x キーポケット (母の父*デヒア)

鹿毛
2017-03-31生まれ(現2歳)
関西/松下武士厩舎予定
募集総額:1300万円 / 募集口数:200
一口金額:6.5万円
村下農場生産・提供

 地方競馬の世代別牝馬重賞シリーズ「グランダム・ジャパン」の古馬部門初代女王の仔が登場だ。
 園田競馬でデビューしたキーポケットは、天性のスピードを武器に、初戦を4秒6差のブッチギリで勝利すると、3歳時にはJRA交流競走を快勝。2010年にはGDJ古馬部門の女王に輝き、重賞7勝を含む38戦17勝の成績を残した。その初仔キーナンバーは、新潟直千競馬のはやぶさ賞と、芝6Fの皆生特別を連勝するなど現役活躍中。その母ターフメビュースの兄弟には、ローマンエンパイア(京成杯-GIII)、ニシオセーラム(福島民友C-OP)、ショーザランニング(JRA5勝)とスピード自慢が名を連ね、今春、未勝利とゆきつばき賞を連勝したカッパツハッチの母もターフメビュースの妹だ。
 アプローズ16は、1歳5月末の牝馬とは思えない雄大な馬格で、ご覧の通り、全体の骨量、筋肉量ともに抜群。特に強靭で厚みのある筋肉を纏った胸前や上腕部の発達振りと腰周りの迫力は群を抜く。上体を支える四肢はまっすぐ地面を踏みしめ、その動きは瞬発力抜群で、ギアを上げてトップスピードに達すると、ダイナミックなフォームでスピードを持続する。母系の快速の遺伝子に、国内外の3つのGIを勝ち、国際クラシフィケーション世界1位にまでなったジャスタウェイの血を加えた“配合の妙”が、単にスピードだけでなく総合力を押し上げ、芝のマイル~2000mで高いレベルの走りを見せてくれそうだ。
 「クラブに縁の深い母系なので、いつか良い仔が誕生したら、とずっと考えていましたが、それが、当場生産馬のモンストールが新潟2歳Sで土をつけたジャスタウエイの産駒だった事に不思議な縁を感じます」と生産者の村下農場代表の村下公典さん。その不思議な縁がもたらすであろう未来に思いを馳せた。
【1歳5月末時点測尺 体高156cm/胸囲185cm/管囲20.0cm】
ジャスタウェイハーツクライ
シビル
キーポケット*デヒア
ターフメビュース
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2019年1月 (2019年1月時)
2019-02-12
 森本スティーブルで調整されています。この中間は、BTCの1周600mのダートトラックコースでキャンター3600mを乗られ、週2回は全長1000mの屋内ウッドチップ坂路で、うち1回は終い1F15秒まで乗られています。育成スタッフは「坂路では、3F17-16-15くらいの時計で乗ることが出来ていますし、中間も変わりなく順調です。この調子でどんどん進めていきます」と話していました。
2019-01-29
 森本スティーブルで調整されています。中間は、BTCの1周600mのダートトラックコースにて、キャンターの距離を3600mに距離を延ばして乗られており、週2回は全長1000mの屋内ウッドチップ坂路をハロン18秒までで乗られています。育成スタッフは「中間、坂路調教の回数を増やした他、600m馬場で行うキャンターの距離も延ばすなど調教の負荷を上げましたが、順調にメニューをこなしています。実際のところ、もっと速いところを乗っても、恐らく楽にこなせると思いますが、今はしっかり基礎体力をつける目的で調教メニューを組んで進めています」と話していました。29日現在の馬体重は514キロ。
2019-01-15
 森本スティーブルで調整されています。この中間は、BTCの1周600mのダートトラックコースでキャンター3000mほど乗られ、週1~2回は全長1000mの屋内ウッドチップ坂路でハロン18秒まで乗られています。育成スタッフは「12月中旬頃から坂路での調教も取り入れていますが、コーナーがきつい600mトラックより、直線の坂路コースの方が動きが良いですね」と話していました。
2018年12月
 森本スティーブルで調整中。12月中旬現在、主にBTCの1周600mのダートトラックコースで、ハロン25秒程度のキャンター2400mほど乗られている。育成スタッフは「10日に松下調教師が来場されて『やはり肉付きがしっかりして馬体に厚みもあって、良い馬ですね』と話していました」とのこと。デュランダル産駒の半兄キーナンバーは、芝の短距離で活躍しているが、本馬は父がジャスタウェイ。伸びのある体型で、いかにも距離の融通が利きそう。芝のマイル以上での活躍を期待したい。馬体は育成を開始して以降、トモなどに筋肉がついた一方、無駄な肉がそぎ落とされて良いスタイルだ。12月11日現在の馬体重は506キロ。
2018年11月
 引き続き、森本スティーブルで調整されている。10月下旬からはBTCでの乗り出しを開始。11月中旬現在、主にBTCの1周600mのダートトラックコースで、ハロン25秒程度のキャンター1800~2000mほどを乗られている。育成スタッフは「ご覧の通り立派な馬格で、11月1日現在の馬体重は496キロと運動開始後も萎むことがなかったように、外身だけでなく、中身もしっかりしている印象です。脚捌きもしっかりしていますし、走りも安定して集中して調教出来ています。今後の予定ですが、年内は無理せず馬任せで調教していき、年が明けてからは、15-15も交えながらピッチを上げていくイメージでいます」とのことだ。
2018年10月
 引き続き、森本スティーブルで調整されている。中間、順調に馬体が大きくなり、特に前駆は胸前も肩もグンとボリュームが出てきた。9月中旬からはブレーキングを開始し、特に手こずることなく、無事に終了。その後は、徐々に人が跨っての調教を進められ、10月中旬現在、育成場内のロンギ場で軽めの乗り運動が行われている。今後は育成場内のダートトラックでの調教を経て、BTCでの調教へと移っていく予定だ。育成スタッフは「肝っ玉が据わっていると言うか、環境の変化にも動じることなく、落ち着いています。普段からあまり手のかからない馬ですよ」とのことだ。10月14日現在の馬体重は493キロ。
2018年9月
 引き続き、村下農場で放牧され、先日の地震によるアクシデントもなく、育成を開始するため9月8日にBTC近隣の森本スティーブルへ移動した。到着後も特に問題はなく、早速ウォーキングマシンでの運動が行われ、今後はブレーキングを始める予定。村下氏は「当牧場提供馬のハートオブスワローと同様、本馬も早期デビューを目指しているので、早めに育成を開始します。父のジャスタウェイは初年度産駒が期待に違わぬ走りを見せていますが、本馬にも父の良いところがしっかり受け継がれているように感じています。芝でこその馬だと思っています」とのことだ。
2018年8月
 8月中旬は、浦河町の村下農場で放牧中。中間もすこぶる順調で、相変わらず雄大な馬格だが、馬体を持て余すことなく、運動神経の高さを感じさせるシャープで機敏な動きを見せている。村下氏も「脚が長くて体を大きく見せますが、とても軽い走りをしますね。そして、兄のキーナンバーが先日のフィリピンTで4勝目を挙げましたし、何よりジャスタウェイ産駒が期待に違わぬ活躍。楽しみです」と目を細める。今夏デビューの父の産駒は早くも7頭が勝利し、函館2歳Sではラブミーファインがハナ差2着。エイシンゾーンも中京2歳Sで2着し、アウィルアウェイはダリア賞圧勝と、大ブレイクの予感。この勢いは本物だ。
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます



<< 前の募集馬   Applause   次の募集馬 >>

△ページTOPへ