緊急事態宣言発令方針了承を受けてクラブ東京事務所の対応のお知らせ  
現在、 東京23区ならびに周辺6市について4月12日から5月11日まで、 新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延防止等重点措置」が適用中ですが、23日午後、 政府は基本的対処方針分科会を開き、4月25日から~5月11日までの17日間、 東京都・大阪府・京都府・兵庫県に対し、3度目となる「緊急事態宣言」を発令する方針を示し、 了承されました。なお、 クラブ東京事務所業務につきましては、 現在適用中の新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延防止等重点措置」を受けて5月11日まで原則テレワーク対応と、 事務所の電話対応を休止させていただいておりますが、4月25日からの緊急事態宣言発令中も同様の対応とさせていただきます。期間中は会員様にはご不便、 ご迷惑をお掛け致しますが、 メールでのお問い合わせ(tfc@turfight.com)をご利用くださいますよう、 よろしくお願い致します。
なお、2021年4月23日時点の新型コロナウィルス感染拡大を受けたクラブの対応について、 以下に纏めました。引き続きのご協力の程、 よろしくお願いいたします。

(1)クラブ東京事務所の業務については、 緊急事態宣言期間となる2021年5月11日までの間、 原則テレワーク対応とさせていただき、 電話応対は休止となります。お問合せは、 メールでのお問い合わせ(tfc@turfight.com)をご利用ください。ただし、 回答までに通常以上にお時間を頂戴する可能性がありますので、 予めご了承ください。

(2)JRA開催、 南関東競馬の開催について新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から入場者を制限した上での開催、 または無観客での開催となっています。また、 引き続き、 クラブスタッフについては競馬場及びトレーニングセンターへの入場禁止は継続されております。これを受けて以下の対応となります。
(I)クラブ所属馬の情報更新については通常通り行いますが、 レース結果速報については関係者のコメントが取れない場合や、 更新が遅くなる場合もございます。
(II)JRA開催及び南関東競馬開催につきまして、 会員様の口取り対応はありません。
(III)JRA、 地方競馬のトレセン施設内へのクラブスタッフの出入りが引き続き禁止されているため、2カ月に1度の出資馬の写真送付/画像更新について、 今後お休みとなる場合がございます。また、 育成場在厩馬も2カ月に1度の出資馬の写真送付/画像更新について、 今後お休みとなる場合がございます。
(Ⅳ)プロカメラマン撮影のレース写真につきましても、 主催者によって入場可能日が業者ごとに決められているため、 一部撮影できない場合があります。
(3)牧場見学について、 すべての牧場、 育成場の見学申し込み受付を再度中止とさせていただきます。なお、 再開時期については今後の情勢を踏まえて判断させていただく予定です。
<戻る

△ページTOPへ