<< 前の募集馬   Zeal   次の募集馬 >>
Zeal
2
*ヘニーヒューズ x スパーキングガール (母の父サクラローレル)

栗毛
2016-05-07生まれ(現1歳)
関西/寺島良厩舎予定
募集総額:1200万円 / 募集口数:200
一口金額:6万円
中島牧場生産・提供
( )内は割引後の一口金額
■早期割引のご案内
一括払い割引
2017年11月末まで4%割引
(57,600円)
*2017年12月以降割引なし
分割%早見表

 期待の新種牡馬ヘニーヒューズが、いよいよそのヴェールを脱ぐ。
 外国産馬としてひと足先に日本で走って席巻した産駒のうち、アジアエクスプレスとヘニーハウンドは現役を退いて種牡馬入りしたが、モーニンは引き続きダート交流重賞戦線を賑わせ、大井へ活躍の場を移したケイアイレオーネは、7歳となった今年も南関東重賞を2勝。3月のフジノウェーブ記念では鞍上・的場文男騎手の地方競馬最高齢重賞勝利記録を達成した。
 6月中旬現在、父の産駒は、中央ではムスコローソが東京芝1400mの新馬戦で5馬身差V。南関東・浦和でも新馬戦でシェーンリートが直線だけで4馬身差をつけて完勝と、上々の滑り出しだ。
 一方、母系に目を転じると、母の半弟ニシオボヌールが5月の1000万下を勝って準オープン入り。母の1つ年下で中央5勝馬のニシオドリームに迫る活躍が心強い。
 募集本馬ジール2は、遅生まれらしく、上体はまだ成長途上で、先々は臀部や肩周りを中心にもっとメリハリがついてきそうだが、若干幼さの残る現時点でも骨量の豊かさと四肢の太さが際立つ身体つき。いかにも頑健そうで、脚元の乾燥具合も良好だ。非力な印象は全くなく、父ヘニーヒューズの良さが現れていると言えるだろう。
 「牡馬らしく、気持ちのドシッとした部分と、前向きな部分が同居している気性なので、この先、育成場や厩舎のスタッフの手をむやみに煩わすことなく、人間との関係をスムーズに構築できるタイプだと思います。遅生まれですが、ヘニーヒューズの産駒なので仕上がりが遅くなることは考えにくいですし、夏から秋にかけてグッと身が詰まってきた時の姿を想像すると、とても楽しみです」と中島牧場代表の中島雅春さん。自信に満ちた表情でV宣言だ。
*ヘニーヒューズ*ヘネシー
Meadow Flyer
スパーキングガールサクラローレル
ターフマジョリック
(2017年10月時写真)
 引き続き9月中旬も中島牧場分場で夜間放牧されている。中島氏は「夜間放牧の疲れが多少出ているようにも感じますが、ここにきての成長ぶりが際立っています。上にも横にもだいぶ立派になりましたね。体型とか普段の仕草、気性的なところなど、どことなくローマンエンブレム(母スパーキングガールの半弟)に似ているなと感じています。それ以上の活躍を期待したいですね」とのこと。父の産駒ケイアイレオーネは、先月も大井の帝王こと的場文男騎手を背に重賞制覇。今年既に重賞3勝目を挙げた。なお、9月29日にBTC近隣のチェスナットファームへ移動する予定で、その後、育成が開始される見込みだ。(2017年9月)
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています






<< 前の募集馬   Zeal   次の募集馬 >>

△ページTOPへ