Draft

20

ジャスタウェイ
x
スマイルプライズ
(母父 *ホワイトマズル)
募集総額 1000万円 / 募集口数 200
(一口金額 5万円)


栗毛

2020-04-30生
現2歳

千代田牧場生産・提供

関東 大竹正博 厩舎予定

×

出資口数:

支払い方法:

申込時期:

お見積り結果
初回お支払い合計
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
維持費出資金:(ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・維持費出資金は2歳月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳月より年1回発生します
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
・お支払いはお申込み月の2カ月後(原則12日)に自動引き落としとなります。
(2歳6月以降のお申込時には、競走馬出資金はクラブ口座へのお振込みとなります)
月ご入会で発生する出資金合計【A+B】
(内訳)

※新規ご入会の場合、上記発生費用のお支払い方法と時期は以下2段階に分かれます
A.ご入会時お支払い合計
(ご入会時初回お振込金額)
(内訳)
馬代金出資金:(分割払いの初回支払額)
B.ご入会後お支払い合計
(ご入会後に別途お振込、またはお引き落としとなる発生済の各費用)
(内訳)
維持費出資金:円 (ヵ月分)
保険料出資金:円(2歳時加入分)
保険料出資金:円(3歳時加入分)
・ご入会時には入会金1万円が別途発生します
・維持費出資金は2歳月より毎月発生します
(申し込み時点では、発生済の維持費出資金を合わせてお支払いいただきます)
・保険料出資金は2歳月より年1回発生します(道営所属は非加入)
(1歳10月以降のお申込時には初回お支払いとなります)
※正式な金額はクラブからの請求書等でご確認ください
※お見積り結果にかかわらず、すでに募集終了となった馬にはご出資いただけません
CATALOG VISUAL
  • ジャスタウェイハーツクライ
    シビル
    スマイルプライズ*ホワイトマズル
    スマイルコンテスト
RECENTLY PHOTO -近況画像-
  • 2022年6月

    2022年6月

  • 2022年4月

    2022年4月

  • 2022年2月

    2022年2月

  • 2021年12月

    2021年12月

  • 2021年11月

    2021年11月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

  • 2021年10月

    2021年10月

RECENTLY MOVIE -近況動画-
  • 2022-06-17公開

    歩様【千代田牧場本場】
  • 2022-03-19公開

    調教風景【千代田牧場本場※角馬場/坂路13-13】
  • 2022-02-04公開

    歩様【千代田牧場本場】
  • 2021-12-12公開

    立ち・歩様【千代田牧場】
  • 2021-11-06公開

    立ち・歩様【千代田牧場】※音有
  • 2021-10-24公開

    2021秋WEB版特別講演会~Draft20解説~※音声有
  • 2021-10-08公開

    立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景※音声あり
  • 2021-09-28公開

    放牧風景<TFC2021年10月募集先行動画>※音あり
  • RECENTLY NEWS -近況情報-
    当ページは過去の募集情報ページです。現役馬の近況情報は会員ページ内をご覧ください。
  • CATALOG TEXT
     生産馬は2009年から11年連続でJRA重賞を制し、JRAにおいて16週連続で勝利を記録したこともある千代田牧場から実に16世代ぶりのラインナップ。「当歳時からあか抜けた馬体の持ち主で、個人的にも気に入っている1頭です。日頃から千代田牧場生産馬を応援してくださっている方々への恩返しになればうれしいです」と千代田牧場の飯田貴大専務。
     選ばれたのは1966年に創業者である飯田正氏がニューマーケットで買い求めたウエルシュティットビットから数えて8代目となる同牧場のクラシックファミリー。祖母スマイルコンテストはスマイルトゥモローがオークスを勝つ前年に生まれた馬で、実は当クラブへの提供馬だった。芝1600㍍のデビュー戦で34秒台の末脚を繰り出し、3戦目には勝ち馬に0.5秒差まで迫ったが、その1戦を最後に牧場に戻り、2億5000万円以上を稼ぎ出したクリールカイザーの母となっている。「このファミリーはとにかくトップスピードを長く維持できるのが特徴です。心肺機能が高いのです」と飯田専務。その特徴はスマイルトゥモローやクリールカイザーのレースぶりにもよく表現されており、母スマイルプライズも全身を大きく使った躍動感あふれるフォームでデビュー2戦目に初勝利を記録している。
     「本馬は4月30日生まれの分、現時点で同期の馬に比べると少々華奢なところもあるのですが、成長力には定評があるハーツクライ系ですし、半姉のスマイルスター(JRA2勝)は500㌔を超える大型馬。この馬も標準的な馬格には成長してくれると思います」とのこと。写真でご確認いただけるようにバランスの良い中型馬で、ゆったりと深く踏み込まれる後駆は見た目以上のスピード感を与えている。すでに騎乗馴致をスタートさせており「気性も素直で、スタッフの評価も高い1頭です。牧場としても期待の大きな血統馬ですし、この馬で会員の皆様方と喜びを分かち合いたい」と期待に胸を膨らませている。
    【1歳8月末時点測尺】体高155cm/胸囲175cm/管囲19.3cm/馬体重418kg