Applause
2
エピファネイア x フォルラーヌ (母の父ジャングルポケット)

鹿毛
2017-04-08生まれ(現2歳)
関東/和田雄二厩舎予定
募集総額:1700万円 / 募集口数:200
一口金額:8.5万円
奥山牧場生産
矢沼ステーブル提供

 今春、東ではキングハートがGIIIオーシャンSを制し、西でも新設重賞の葵Sでラブカンプーが2着と、生産馬の活躍に気勢の上がる奥山牧場。『Momentumなスポーツ』と呼ばれるアメフトを始め、スポーツシーンには“momentum=勢い”は存在し、それが結果を左右することも少なくない。そして、それは競馬も同じ。今、同牧場には間違いなく“勢い”がある。
 アプローズ2は、太いクビ差しと、筋肉の発達した前駆が特徴の中型馬。馬体には十分な幅が備わり、腰から臀部にかけては、良質な筋肉によって丸みを帯びた後駆が形成されている。骨太の四肢が上体をしっかりと支えて肩の出も良く、繋ぎには適度なクッションがあり、歩様に硬さは見られず、リズミカル。そして、初仔を感じさせない馬格で適度な伸びがあり、性格はドッシリと落ちついていて、タフだ。才能が無事開花すれば、安定感のあるレース運びで、芝の中距離を中心に活躍するタイプになるに違いない。
 父は2014年のジャパンカップで国内外のGI馬を完封し、ロンジンワールドベストホースランキングで世界2位にランクされたエピファネイア。最大のストロングポイントは、血統的なスケールと成長力に加えて、2歳戦への高い対応力が期待できる点だ。自身は2歳重賞を勝ち、半弟リオンディーズはGI朝日杯フューチュリティSの勝馬。ダンスパートナーらを擁する日本有数の名門牝系との組み合わせによって、とびきりの化学反応が期待出来そうだ。
 「今年は雪が多くて寒さも厳しかったですが、そんな中でも本馬は期待通りの成長曲線を描いています。頼もしいですね」と奥山牧場の奥山昌志さん。生産馬の活躍に「たまたまです」と謙遜するが、勿論、奥山さんの日々の努力の積み重ねがあってこその結果。意志あるところにこそ“道”は拓ける。本馬の前にもビクトリーロードが拓けているに違いない。
【1歳5月末時点測尺 体高153cm/胸囲174cm/管囲21.0cm】
エピファネイア*シンボリクリスエス
シーザリオ
フォルラーヌジャングルポケット
ダンスオールナイト
※[写真をすべて表示]をクリックすると過去の写真をご覧いただけます
2019年5月 (2019年5月時)
近況情報はまだありません
スクロールすると過去の更新分をご覧いただけます


※[動画をすべて表示]をクリックすると過去の動画をご覧いただけます




△ページTOPへ