牝/引退
サウンドオブハート
アグネスタキオン生年月日2009-02-12
シンメイミネルバ生産牧場タイヘイ牧場
母父Caerleon提供牧場タイヘイ牧場
厩舎関東/松山康久厩舎戦績10戦6勝[6-0-1-3]
毛色栗毛クラスオープン
馬名の由来:心の音。姉ミネルバサウンドからの連想/Sound of Heart

2013-05-15
12日東京、牝馬限定4歳以上オープン・ヴィクトリアマイルに出走しました。パドックではイレ込みがやや目立っていたものの、レースでは鞍上との折り合いもついて抜群の雰囲気で直線へ向くと満を持して追い出しを開始しましたが、半ばからの伸びが見られず、14着でした。なお、レース後、左前脚の歩様に違和感が見られたため2コーナー過ぎで池添謙一騎手が下馬し、馬運車で厩舎地区へ運ばれてそのまま馬房へと戻りましたが左前脚には熱と腫れが見られ、以降は経過を観察していました。15日午後にはエコー検査を行い、その結果、左前脚浅屈腱不全断裂を発症していることが判明し、誠に残念ながら競走能力喪失の診断が下りました。松山康久調教師は「非常に残念な結果となってしまいましたが、最悪の事態を避けられたのは不幸中の幸いでした。調教師生活の晩年に、こんな素晴らしい馬を手掛けることが出来たことに対し、馬と関係者の皆さんには感謝の気持ちで一杯です。繁殖牝馬として今後は素晴らしい仔を送り出してほしいと思います」とのことでした。なお、今後は移動が可能になり次第、青森県八戸のタイヘイ牧場へ向けて出発し、繁殖牝馬として第2の馬生をスタートさせる予定です。これまでのご声援、誠にありがとうございました。精算は7月末の予定です。
2013-05-08
 松山康久厩舎で調整されています。今週の出走に向けて、先週は5日に助手を背にして坂路で軽く時計を出し、今週は8日に助手を背にして、坂路にて追い切りが行われ、52.0-37.6-24.2-11.7を馬なりで計時しました。松山調教師は「落ち着いているし、状態はさらに上向きで、万全の状態で日曜日のレースを迎えることが出来そうです。東京コースは初めてですが、直線が長い分レースはし易いだろうと思いますので、好勝負を期待しています」とのことです。12日東京、牝馬限定4歳以上オープン・ヴィクトリアマイル(GI)・芝1600mに池添謙一騎手で登録を行う予定です。牝馬の一戦級が顔を揃えましたが、目下の充実振りを活かして素晴らしい走りを期待したいと思います。
2013-05-02
 2日に助手を背にして、坂路にて併せ馬で追い切りが行われ、直線で相手が一杯に追われたのに対して馬なりで1馬身ほど先着し、50.4-36.4-23.7-12.0を計時しました。松山康久調教師は「実戦を意識して今朝は併せ馬での追い切りでしたが、満足出来る動きと反応でした。仕上がりはパーフェクトですね。最終追い切りは来週の水曜日に予定しています」とのことで、来週のヴィクトリアマイル出走に向けて万全です。
2013-05-01
 松山康久厩舎で調整されています。次走に向けて、先週は26日に坂路で追い切りが行われ、55.6-39.9-25.8-12.8を馬なりで計時しました。5月1日には南Aコースをキャンターで1周半乗られた後、坂路でハロン15〜16秒程度のキャンターで調整されました。2日に坂路で追い切りが行われる予定です。松山調教師は「適度に気合も乗っているし、この中間は何の問題もなく順調です。競馬を使った後の雰囲気としては洛陽ステークスの後より今回の方が良いですよ」とのことです。12日東京、牝馬限定4歳以上オープン、ヴィクトリアマイル(GI)・芝1600mに池添謙一騎手で登録を行う予定です。
2013-04-25
 25日に助手を背にして、坂路にて追い切りが行われ、68.5-48.7-31.8-15.5を馬なりで計時しました。松山調教師は「毛ヅヤも良くなってきたし、状態は前走時以上に良くなっていると感じています。次走に向けての本格的な追い切りは27日に坂路で行う予定です」とのことでした。

※厩舎およびクラスは、最新(引退馬についてはファンド解散時)の所属先ならびに所属条件を表記しています

△ページTOPへ