源泉徴収について
 クラブ法人(有限会社ターフ・スポート)と愛馬会法人(株式会社ターファイトクラブ)、愛馬会法人(株式会社ターファイトクラブ)と会員様との間に「匿名組合契約」を締結します。従って、会員様が分配金を受け取るまでには下記の源泉徴収が行われます。

①JRA等がクラブ法人に賞金を支払う際の源泉徴収(賞金源泉税)
②クラブ法人が愛馬会法人に分配する際の源泉徴収(クラブ法人源泉税)
③愛馬会法人が会員の方に分配する際の源泉徴収(愛馬会法人源泉税)

・①及び②で控除した源泉税は、ファンドの運用終了時に会員様に支払います。
・③の「愛馬会法人源泉税」は、会員様が確定申告することにより精算となります。
・②及び③の源泉税は、分配金すべてが課税対象となるわけではなく、「出資返戻金」と「利益分配額」に区分し、「利益分配額」に対してのみ20.42%の源泉徴収が行われます。


出資返戻金
出資金の戻しとして処理されるため、源泉徴収の対象となりません。


利益分配額
クラブ法人から愛馬会法人及び愛馬会法人から会員様に分配する際に、それぞれ20.42%の源泉徴収が行われます。

賞金等分配時の「出資返戻金」と「利益分配額」の区分方法
賞金等分配時に「出資返戻金」の限度額を算出し、獲得賞金分配対象額のうち、その「出資返戻金限度額」を超えた金額が「利益分配額」となります。

「出資返戻金」限度額の計算式
※競走馬の出走月の簿価=競走馬出資金×100÷108-出走月までの減価償却累計額
※出走月までの減価償却累計額=競走馬の取得価額÷48×2歳4月から出走月までの月数
※競走馬の減価償却は4年(48ヶ月)です。
※「100÷108」の消費税率は、税率改正とともに変更となります。


確定申告
前述の通り、競走用馬ファンドでは愛馬会法人と会員様の間には匿名組合契約が結ばれており、匿名組合契約に基づく所得は、「雑所得」となります。クラブから会員様に賞金等を支払う際の源泉徴収税率は20.42%ですが、個人の所得税率は1年間の所得金額によって決まりますので、確定申告することで年間に収めるべき税額が確定し、支払った源泉徴収税額が精算されます。

確定申告は1月1日から12月31日までの1年間の計算期間で申告書を作成し、所轄の税務署に提出して行います。前年分の受付は2月16日から3月15日までです。申告書は国税庁のホームページ「確定申告書等作成コーナー」で作成することができますし、申告用紙を国税庁のホームページや税務署で入手して作成することもできます。現在は電子申告の制度もあり、詳細については国税庁のホームページをご覧下さい。なお、確定申告には源泉徴収票(給与所得者の方)と、毎年お送りする会員様の収支一覧表、競走馬の収支明細書が必要になります。



△ページTOPへ