<< 前の募集馬   Zeal   次の募集馬 >>
Zeal
9
*ダンカーク x *スリーピングインシアトル (母の父Seattle Slew)

芦毛
2016-02-28生まれ(現1歳)
関東/上原博之厩舎予定
募集総額:1300万円 / 募集口数:100
一口金額:13万円
笹地牧場生産・提供
( )内は割引後の一口金額
■早期割引のご案内
一括払い割引
2017年8月末まで6%割引
(122,200円)
2017年11月末まで4%割引
(124,800円)
*2017年12月以降割引なし
分割払い割引
分割%早見表
2017年8月末まで3%割引
(126,100円)
*2017年9月以降割引なし

 2010年の第44回フィリーズレビュー(GⅡ)を後方一気の脚で制したサウンドバリアーの半妹が登場だ。
 母スリーピングインシアトルは、シアトルスルー産駒の北米産馬。その母のレイディズシークレットはGⅠ11勝を挙げ年度代表馬にも選ばれた北米競馬を代表する名牝だ。
 一方の父ダンカークは、1歳時には370万ドル(当時のレートで4億3千万円)で取引された良血馬。現役時代にGⅠタイトルには届かなかったが、種牡馬入り後、初年度産駒が大活躍して北米2歳新種牡馬チャンピオンに輝いた。日本では昨年から供用を開始しているが、その前年にシンジケート結成が発表されると申し込みが殺到。結局、当初予定から株数を増やしたエピソードからも評価の高さが窺える。
 本邦初年度産駒は2018年デビュー予定だが、既に3頭が外国産馬として走り2頭がデビュー勝ちで、残す1頭も初戦2着。現役活躍中のフォンタネットポーは、軽快な先行力を武器に芝とダートの1400m戦で3勝を挙げている。その産駒は総じてスピードに秀でた印象だが、自身9Fと12FのGⅠで2着しており、距離の融通が効く産駒も登場するだろう。
 「シアトルスルーの2×4を狙って種付けした(笹地牧場代表笹地清幸さん談)」というジール10。まだ幼い部分を多く残しているが、馬体の輪郭がシャープで、頭部の造りが軽く、バランスの良さが目立つ。放牧地では柔軟性に富んだバネのある動きを見せており、今後の昼夜放牧を経て、どのように鍛えられていくのか、楽しみな素材だ。
 「動きが素軽くて、格好も好きな形。種馬は違いますが、サウンドバリアーと雰囲気が似ています。母も高齢で、恐らく最後の仔になると思いますので、良い結果を出して牧場へ戻ってきてほしいですね」と笹地さん。愛情と期待とプライドを込めて送り出した。
*ダンカークUnbridled's Song
Secret Status
*スリーピングインシアトルSeattle Slew
Lady's Secret
(2017年2月時写真)
 2月中旬も引き続き笹地牧場で放牧されている。まだ牡馬と牝馬で一緒に放牧されているが、自分よりも身体の大きい牡馬の中で揉まれることで、精神的にも肉体的にも鍛えられてくるだろう。この後は、2月下旬から3月上旬には牡馬と牝馬で分けて放牧する予定だ。牧場スタッフは「上背や馬格という点では、他の馬と比べると小柄で、これからの成長に期待といったところですが、飼葉食いはとても良く、しっかりと食べてくれるおかげで、肉付きはだいぶ良くなってきたと思います。春を迎えて、青草を食べ始めるようになってから、どのくらい上背が出てくるのか、楽しみにしています」とのことだ。(2017年2月)
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています






<< 前の募集馬   Zeal   次の募集馬 >>

△ページTOPへ