<< 前の募集馬   Zeal
Zeal
10
*ダンカーク x スマッシュハート (母の父キングカメハメハ)

芦毛
2016-05-06生まれ(現1歳)
関西/西村真幸厩舎予定
募集総額:800万円 / 募集口数:100
一口金額:8万円
酒井牧場生産・提供
( )内は割引後の一口金額
■早期割引のご案内
一括払い割引
2017年8月末まで6%割引
(75,200円)
2017年11月末まで4%割引
(76,800円)
*2017年12月以降割引なし
分割払い割引
分割%早見表
2017年8月末まで3%割引
(77,600円)
*2017年9月以降割引なし

 「ビーナスラインの3番仔である母は、多くの皆さんにご出資いただきましたが、僅か2戦で引退することになってしまいました。ですので、良い仔が産まれたらクラブへ戻さなくてはと思っていました」と話すのは酒井牧場代表の酒井一馬さん。
 父は、2013年の北米2歳新種牡馬チャンピオンのダンカーク。2016年産馬が本邦初年度産駒となる。既に外国産馬として産駒が3頭JRAで出走しており、2頭がデビュー勝ち。現役活躍中のフォンタネットポーは、先行力を武器に3勝を挙げ、北米では産駒がマイルGⅠを快勝。優れたスピードを産駒に伝えている。その父は、北米を中心に100頭以上のステークスウイナーを誕生させた大種牡馬アンブライドルズソング。母もGⅠ2勝の名牝だ。種牡馬としてダンカークも、相応の“奥”が期待出来るに違いない。
 目の前に曳かれて現れた募集本馬ジール10は、聡明そうな光を宿す涼しげな瞳と、あどけない中にも精悍さを漂わせた表情が印象的な芦毛の牡馬。決して大柄ではないが、伸びのあるシャープな身体は力強さを備えて、初仔であることをまったく感じさせず、そこに確かな骨格が加わって独特の雰囲気を醸し出す。クビの使い方はしなやかで、そして、放牧地で見せる俊敏でキレがある動きは、運動能力の高さを強く思わせる。本領を発揮するには、余りに短い時間しか与えられなかった母の無念を晴らすのに、相応しい存在と言えそうだ。
 「普通なら接点がほとんどない生産牧場と会員さんとが、提供馬を通して交流出来るのがクラブ最大の素晴らしさだと思っています。ぜひ、本馬を通して皆さんとワイワイと楽しく、一緒に応援していけたらと思います」と酒井さん。この先の会員さんと共に一喜一憂する時間の“豊かさ”に思いを馳せながら言葉を結んだ。
*ダンカークUnbridled's Song
Secret Status
スマッシュハートキングカメハメハ
ビーナスライン
(2017年2月時写真)
 2月中旬も、引き続き笹島智則牧場分場で放牧中。放牧地を駆けるその姿は、フットワークもしなやかなで、肩の出もスムーズ。笹島氏は「中間は飼葉量を増やしていますが、残さず食べているように、食欲はとても旺盛です。男馬はやはり放牧中の運動量が多くて、雪がたくさん積もった中で走るのは、かなりパワーが要るはずですが、しっかり動けていますよ。遅生まれもあって、外見だけ見ると、まだ幾分頼りなさを感じるかもしれませんが、外見以上に中身はしっかりしています。春になって青草が生えてくれば、さらに大きくなって、しっかりしてくるでしょう。非常に楽しみな馬だと思います」とのことだ。(2017年2月)
1歳12月までは月間情報、2歳1月2週目以降は週間情報を表示しています






<< 前の募集馬   Zeal

△ページTOPへ